ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)はオワコン?もう稼げない?を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

ただ、そんなSTEPN(ステップン)は一部ではすでにオワコンだ、もう稼げないから始める価値がないとも言われています。

しかし、それは本当のことなのでしょうか。

たとえば、新規参入者を減らすための風説ということはないのでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)は本当にオワコンなのか、もう稼げないのかを分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)はオワコン?もう稼げない?を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)はオワコン?もう稼げない?

STEPN(ステップン)はオワコンかといえば決してそのようなことはありません。

一方で、もう稼げないのは事実です。

ただ、それも「今STEPN(ステップン)では」という留保付きです。

このままずっと稼げないかどうかは分かりません。

とはいえ、そう言える理由がなければただの希望的観測でしかありません。

そこで今回はいくつかの観点からSTEPN(ステップン)がオワコンなのか、もう稼げないのかを見ていきましょう。

なお、オワコンとは「終わったコンテンツ」を意味するネットスラングです。

なにをもって終わったのとみなすのかどうかまでの決まりはありません。

しかし、普通に考えれば過疎化つまりユーザー数の減少がオワコンの必須要素ではないでしょうか。

対して、稼げないかどうかはシンプルに収益性を見れば間違いないはずです。

そこでまずはこの2つに注目してSTEPN(ステップン)がオワコンなのか、もう稼げないのかを解説していきます。

STEPN(ステップン)はオワコン?もう稼げない?【ユーザー数】

STEPN(ステップン)がオワコンではないのはユーザー数を見れば明らかです。

STEPN(ステップン)は正確なユーザー数までは公表していませんが、公式TwitterやDiscordの登録者数を見ればある程度の数は推測できます。

それを見ると60万人ほどのユーザーはいるようです。

さすがに全盛期にくらべれば勢いはないものの、少なくとも減少していることはありません。

いまもなおユーザー数を増やしているコンテンツをオワコンと呼ぶのは少々厳しい見方にすぎるでしょう。

しかし、次に解説するように現在のSTEPN(ステップン)はもう稼げないのは事実です。

それにもかかわらず、なおユーザー数が増えているのはなぜなのでしょうか。

これは推測と個人的な所感ですが、普通にゲーム性のあるフィットネスアプリとして非常に完成度が高いからではないでしょうか。

そもそもSTEPN(ステップン)本来のコンセプトは主にユーザーの健康増進です。

そう考えると、オワコンどころかフィットネス関連コンテンツとしてはむしろ順調とさえいるかもしれません。

STEPN(ステップン)はオワコン?もう稼げない?【収益性】

STEPN(ステップン)をオワコンと呼ぶのは違うとしても、もう稼げないのは事実です。

これは環境次第で変わりますが、今のSTEPN(ステップン)で1日あたりに稼げる金額は数十円~1,000円程度です。

かつてのSTEPN(ステップン)は1日数千円~数万円が当たり前でした。

それに比較するともう稼げないと言われるのも無理はないでしょう。

また、高収益を目当てにSTEPN(ステップン)を考えていた人にしてみれば、オワコンと呼びたくなるのも分からないでもありません。

しかし、冷静になれば1日30分程度歩くだけで数千円の利益が出るほうが異常です。

今のSTEPN(ステップン)の収益性はさすがに低すぎると思いますが、それでも以前よりはまともな水準です。

もう稼げないと嘆く前に、むしろかつてのSTEPN(ステップン)が単なるバブルだったと考えるべきかと思います。

STEPN(ステップン)はオワコン?もう稼げない?【運営の動向】

オワコンのもうひとつの特徴といえば、運営の沈黙も挙げられるはずです。

これについてはSTEPN(ステップン)はまったく心配ありません。

以前にくらべれば多少控えめになってきてはいますが、STEPN(ステップン)の運営はユーザーとの密なコミュニケーションを継続しています。

また、アプリのアップデートも矢継ぎ早。

付いていくのもやっとなくらいのスピード感です。

この状態のSTEPN(ステップン)をオワコンと呼んだら、ほとんどのコンテンツはすでに終わったどころか記憶の彼方に消え失せているはずです。

残念ながら、アップデートされても稼げない状況は一向に改善していませんが、少なくとも今もなお変化を止めていないのは間違いありません。

今後の運営の施策に期待しましょう。

ちなみに、STEPN(ステップン)は一部ではWeb3.0の試金石とも言われています。

もし仮にSTEPN(ステップン)がこのままオワコン化していくのであれば、他のサービスの末路も同じようになる可能性が大です。

そうした意味でも今後のSTEPN(ステップン)の動向には要注目かと思います。

STEPN(ステップン)はオワコン・もう稼げないと見限るのは早計

STEPN(ステップン)はオワコン・もう稼げないと決めつけるのは早すぎます。

オワコンの定義を簡単に言い換えると、ブームが過ぎ去ったコンテンツとも言えるかと思います。

しかし、STEPN(ステップン)が分類されるWeb3.0はまだ始まったばかりです。

また、冒頭でも触れたように、もう稼げないといってもそれは「バブルの様相を呈していた昔にくらべれば」です。

今後、そこまでではないにしろ再び収益性が上向く可能性も低くありません。

GMTアーニングの開始、LINEグループとの提携、マラソンモードの実装などなど。 きっかけになりそうなアップデート予定も目白押しです。

さらにいえば、STEPN(ステップン)そのものの問題だけではなく、今は仮想通貨のマーケット全体が落ち込んでいます。

そうした諸々を考えると、単純に今のSTEPN(ステップン)を見てオワコン・もう稼げないと見限るのは早すぎると思われるのです。

繰り返しになりますが、そもそもSTEPN(ステップン)は健康増進がメインコンセプトです。

稼げないかどうかはいったん横に置き、少しでも興味のある人はとりあえずフィットネスアプリとして楽しんでみることをおすすめします。

STEPN(ステップン)はオワコン?もう稼げない?を分かりやすく解説 まとめ

最近のSTEPN(ステップン)はオワコン・もう稼げないと言われがちです。

しかし、ユーザー数の推移や運営の動向を見るにオワコンと呼ぶには早すぎます。

対して、もう稼げないという指摘はたしかに事実です。

ただ、これも「今のSTEPN(ステップン)は」という限定付きの話しです。

仮想通貨マーケットの変化は早いですから今後どうなるかは誰にも分かりません。

稼ぐこと以外に興味がないという人以外は、そこはいったん目をつむってとりあえずゲームとして楽しんでみましょう。