ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)の億り人を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そのため、STEPN(ステップン)で億り人になった人も多いと聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際のところ今のSTEPN(ステップン)で億り人になることはできるのでしょうか。

あるいは、本当にSTEPN(ステップン)で億り人になった人は存在するのでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)の億り人について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)の億り人を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)の億り人はいるのか?

STEPN(ステップン)で億り人になったという人はほとんどいないと思われます。

絶対にいないとは言い切れませんが、ごく少数でしょう。

これはSTEPN(ステップン)で稼げる仕組みを見れば分かります。

STEPN(ステップン)の利益は主にGSTの換金によって生まれます。

そしてGSTは日々歩いて稼ぐか、スニーカーやジェムを売買して稼ぐことになります。

しかし、STEPN(ステップン)のGSTには1日あたりの獲得上限があります。 その獲得上限は300GSTです。

仮にSTEPN(ステップン)の最盛期であった時期の1GST=10,000円程度のタイミングであっても1日あたりの利益は300GST×10,000円=300万円。

この仮定でいえば、億り人になるまでは1ヶ月かかる計算です。

そしてそのあいだにもGSTは変動していますし、実際にはスニーカーの修理コストもかかります。

一応、別のスニーカーを利用すればGST獲得上限はクリアできますが、それとは別にエナジー上限の問題もあります。

仮定に仮定を重ねて、しかもそれなりの投資と歩く労力をかけてこれです。

現実的にSTEPN(ステップン)で億り人になった人がいたとしても、ごくごく少数ということが分かるのではないでしょうか。

STEPN(ステップン)で億り人になるのは難しい

先ほど見たシミュレーションはSTEPN(ステップン)最盛期の状況を前提にしています。

一方、いまのSTEPN(ステップン)で考えれば億り人になるのはほぼ不可能といえます。

現在のGSTのレートは日本円にして約5円。

1日のGST獲得上限まで稼いでも1日あたりの利益は5円×300=1,500円にしかなりません。

これで億り人を目指すとなれば20年近くかかります。

もちろん、今後GSTが急騰すれば事情も変わります。

しかし、あまりにも不確実と言わざるを得ないでしょう。

もっとも、今後、STEPN(ステップン)はGSTに次いでGMTも稼げるようになります。

もしかしたら、やりよう次第ではそちらで億り人が生まれる可能性もなくはないかもしれません。

とはいえ、もはやSTEPN(ステップン)は稼げないというイメージが定着しつつあります。 それもかなり低い可能性と言わざるを得ないでしょう。

STEPN(ステップン)で億り人を謳う人には注意

さすがに今はなりを潜めていますが、STEPN(ステップン)で億り人を謳う人には要注意です。

たいていそういった人は欲に目が眩んだ人からなんらかの手法でお金を巻き上げることを目論んでいるからです。

そうしたやり口はFXや仮想通貨、先物などでよく見られます。

仮にその人が実際に億り人になっていたとしても、おそらくそれは被害者から巻き上げたお金です。

冒頭で解説したように、現実的に考えてSTEPN(ステップン)で億り人になるのは並大抵のことではありません。

それにもかかわらず簡単に稼げるかのような印象で語る人には注意しておきましょう。

STEPN(ステップン)は億り人にはなれないとしても

今のSTEPN(ステップン)で億り人になるのはまず無理です。

しかし、だからといって利用価値がないとは思えません。

まず、STEPN(ステップン)を使って歩くことで間違いなく健康になります。

健康はなにごとにも優先すべき値千金の価値を持ちます。

億り人になれずとも、それだけでSTEPN(ステップン)をする理由としては十分でしょう。

また、STEPN(ステップン)を続けているだけでわずかなりともGSTが稼げるのもまた事実です。

現在はお小遣い程度の稼ぎにしかなりませんが、今後GSTが上がればそれなりの金額になる可能性もあります。

初期投資にしても今のSTEPN(ステップン)は数千円もあれば始められます。

そもそも、億り人というのは仮想通貨黎明期にビットコインで儲けたごく一部の例外的な存在です。

今もなおFXや仮想通貨の代名詞のように使われがちですが、そのようなうまい話しはまずありません。

STEPN(ステップン)にしても歩いてコツコツと地道に稼ぐものと考えておきましょう。

STEPN(ステップン)は億り人になるどころか危険?

STEPN(ステップン)は億り人を狙えるどころか、むしろ一瞬にして資産を失うリスクがあるとお考えの人もいるようです。

しかし、それもまた間違いです。

実際、STEPN(ステップン)で大きな損失を出した人がいるのは事実です。

ただ、それはSTEPN(ステップン)最盛期の、非常に高額な初期投資が必要な時期に参戦した人たちです。

そうした人はGSTの暴落によって投資額の回収がほぼ不可能になってしまいました。

一方で、先ほど触れたように現在のSTEPN(ステップン)で必要な初期投資は数千円程度。

億り人になる可能性がなくなった代わりに参入ハードルは大きく下がりました。

仮に原資回収ができなくとも損失はその程度。

まったくもってリスクの低い投資です。

仮に回収できなくとも健康になるメリットを考えれば安い代償です。

億り人になれずとも、それだけでSTEPN(ステップン)を始める価値はあると言ってよいのではないでしょうか。

STEPN(ステップン)関連で億り人はありえる

補足までに、STEPN(ステップン)ではなく関連トークンで億り人を目指すのはある程度現実的です。

具体的にはGSTやGMT、SOL、BNBなどのトークンの売買で稼ぐ方法です。

STEPN(ステップン)をする必要はなく、その動向を見つつ取引所でトークンを売買するだけです。

それもFXでレバレッジを掛けて、かつショート(空売り)も活用してです。

この方法でいえば、おそらく本当に億り人になった人は決して少なくないでしょう。

ただ、これは非常に難度が高く、基本的にはほとんどの人が負けます。

億り人になった人の影には必ず養分になった人がいます。 くれぐれも自分だけがうまくやれるとは考えないようにしましょう。

STEPN(ステップン)の億り人を分かりやすく解説 まとめ

今のSTEPN(ステップン)で億り人を目指すのはほとんど不可能です。

また、かつてのSTEPN(ステップン)にしても仕組み上、億り人になった人は極々少数と思われます。

ただ、億り人になれないとしてもSTEPN(ステップン)をしていれば歩くことで健康になります。

大きく稼げないとしてもコツコツと利益が積み上がるのもまた事実です。

夢は見れませんが、少しでもSTEPN(ステップン)に興味のある人はとりあえず始めてみてはいかがでしょうか。