ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)は歩くだけではなくミントループ(Mintループ)と呼ばれる方法で稼ぐこともできます。

ただ、あくまでも不可能ではないだけであって実際にはそこまで簡単ではありません。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)とは

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)とはMINT(ミント)を繰り返して利益を得る手法です。

MINT(ミント)とは2足のスニーカーを掛け合わせて新たなスニーカーを生み出すシステム。

元になった2足のスニーカーはとくに失われず、単純に+1足のスニーカーが増えます。

そこでMINT(ミント)を繰り返しつつ、余分なスニーカーを売却して継続的に利益を狙う手法がミントループ(Mintループ)です。

通称、無限MINT(ミント)とも呼ばれています。

ただ、先に断っておくと現在のSTEPN(ステップン)でミントループ(Mintループ)は難しいと言わざるを得ません。

理屈のうえでは、ミントループ(Mintループ)はかなり低リスクに安定した利益を出せる手法でした。

しかし、当然ながらそのような手法がいつまでもまかり通るわけもありません。

現在のSTEPN(ステップン)ではアップデートによってMINT(ミント)のコストも上がり、ミントループ(Mintループ)で安定した利益を出すのは難しくなりました。

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)の条件

STEPN(ステップン)でミントループ(Mintループ)をするためにはまずレベル5以上の2足のスニーカーが必須です。

そもそもMINT(ミント)はレベル5以上のスニーカーでなければできないからです。

また、MINT(ミント)をするためにはスニーカーのレアリティに応じてGSTとGMTがコストとして必要です。

たとえば、Common(コモン)同士のMINT(ミント)の場合は「360GST+40GMT」がかかります。

さらに、現在のSTEPN(ステップン)では触媒としてミントスクロールと呼ばれるアイテムが必要になりました。

そのミントスクロールはマーケットプレイスでGMTを使って購入するか、ミステリーボックスから入手しなければなりません。

総じて、現在のSTEPN(ステップン)でミントループ(Mintループ)をするにはコストがかかりすぎます。

繰り返しになりますが、今のSTEPN(ステップン)でミントループ(Mintループ)をするのはそう簡単ではないと考えておきましょう。

ただ、STEPN(ステップン)はスニーカーのステータスのみならず保有数も重要な要素のひとつです。

単純に数を増やすためであれば、ある程度のミントループ(Mintループ)は決して悪くない選択です。

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)のメリット

STEPN(ステップン)で安定した利益のためにミントループ(Mintループ)をするのはおすすめではありません。

ただ、メリットもなくはありません。

それは高レアリティのスニーカーを入手できる可能性があることです。

STEPN(ステップン)のMINT(ミント)は2足のスニーカーを掛け合わせて新たなスニーカーを生み出すシステムです。

そしてその際に低確率で親よりも高レアリティのスニーカーが生まれることがあります。

もし幸運にも高レアリティのスニーカーが生まれると、これは完全にメリットしかありません。

それを狙ってミントループ(Mintループ)をするのは得策ではありませんが、一応は嬉しい要素のひとつといってよいでしょう。

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)のデメリット

すでに触れてしまいましたが、STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)のデメリットはコストが高いことです。

また、せっかくミントループ(Mintループ)でスニーカーを作成しても、そもそもマーケットプレイスで買い手が付かなければ利益も出ません。

また、マーケットプレイスの相場次第ではろくに利幅が出ないケースも珍しくありません。

かつてのようにSTEPN(ステップン)が急激に盛り上がっていた時期であればまだしも、今はそこまでの利益も見込めません。

不可能ではありませんが、基本的にはやはりミントループ(Mintループ)メインで利益を狙っていくのはおすすめではありません。

さらにいえば、現在のSTEPN(ステップン)の暴落はミントループ(Mintループ)が遠因とも言えます。

中国ユーザーが過度なミントループ(Mintループ)でスニーカーの供給をダブつかせたために運営が中国ユーザーを締め出し、その結果として暴落につながっています。

そう考えると、ミントループ(Mintループ)はSTEPN(ステップン)運営としてはあまり好ましくない戦略と考えられます。

となれば、いつまたミントループ(Mintループ)に不利なアップデートがあるともしれません。

個人的にはやはりミントループ(Mintループ)をメインに利益を狙うのはおすすめしづらいところです。

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)が復活する可能性

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)は今でこそあまり簡単ではないものの、無意味ではありません。

やり方に気をつければ利益も出せます。

また、今後かつてのようにミントループ(Mintループ)で利益が出しやすい状況になる可能性もなくはありません。

問題はやはり流動性とMint益です。

その点、今のSTEPN(ステップン)はGSTを稼ぐ時期からGMTを稼ぐ時期(GMTアーニング)に移り変わりつつあります。

その影響でGSTを稼ぎやすいスニーカーの供給が減ればスニーカーの単価が上がるかもしれません。

そうなれば再びミントループ(Mintループ)である程度安定した利益が狙える状況になることもあるのではと思います。

多分に不確定要素を含みますが、どうしてもミントループ(Mintループ)を狙いたい人は状況の変化を見つつ準備しておくとよいかもしれません。

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のミントループ(Mintループ)とは、MINT(ミント)を繰り返して生み出したスニーカーの売却益を狙う手法です。

ただ、さまざまなアップデートによって現在のSTEPN(ステップン)はミントループ(Mintループ)に不向きです。

また、ミントループ(Mintループ)自体が運営にとってはあまり好ましくない手法と思われます。

今後ふたたびミントループ(Mintループ)で稼げる状況が来ないともかぎりませんが、基本はあまりおすすめしません。

これからSTEPN(ステップン)を始めようという人は、あくまでもひとつの手法くらいに考えておくことをおすすめします。