ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のMetamask(メタマスク)の出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)を使うにあたってMetamask(メタマスク)を使っているという人も多いようです。

しかし、そもそもMetamask(メタマスク)がどういったものなのかよく分からないという人も少なくないはずです。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のMetamask(メタマスク)について、出金方法に焦点をあてつつ解説していきます。

STEPN(ステップン)のMetamask(メタマスク)の出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)はMetamask(メタマスク)の出金方法を覚えずとも不便はない

先に断っておくと、STEPN(ステップン)はMetamask(メタマスク)の出金方法を覚えなくとも特段不便はありません。

それどころか、個人的にはあえてSTEPN(ステップン)のためだけにMetamask(メタマスク)の出金方法を使う必要はないと考えています。

Metamask(メタマスク)を簡単にいえば、汎用性の高いウォレットサービスです。

条件さえ満たせばさまざまなサービスのウォレットをMetamask(メタマスク)で一元管理できるというメリットがあります。

しかし、その一方でセキュリティが若干甘い部分があるような印象です。

また、その「条件さえ満たせば」の部分がひとつのハードルです。

たとえば、現在のSTEPN(ステップン)にはSOL、BNB、APEの3つのレルムがありますが、SOLではMetamask(メタマスク)は使えません。

今後STEPN(ステップン)の以外のNFTサービスを使うつもりがなければ、あえてMetamask(メタマスク)の出金方法を覚える必要はないかと思います。

ちなみに、SOLではMetamask(メタマスク)に代わるサービスとしてPhantomウォレットが一般に使われています。

ただ、先日、一部のPhantomウォレットユーザーがハッキングの被害にあったところです。

これはなにもPhantomウォレットのセキュリティが脆弱だったからではないものの、あまりよく分からず使っているとこうしたリスクがあるのはMetamask(メタマスク)でも同様です。

もし、いまひとつ分からない場合は無理にSTEPN(ステップン)で使うのもおすすめしません。

STEPN(ステップン)のMetamask(メタマスク)への出金方法

STEPN(ステップン)からMetamask(メタマスク)へトークンを送る出金方法はありません。

というのも、Metamask(メタマスク)はSTEPN(ステップン)のウォレットを接続して使うものだからです。

STEPN(ステップン)のウォレットへ入金したトークンはそのままMetamask(メタマスク)へ反映されます。

一応、Metamask(メタマスク)へ登録した別のウォレットへSTEPN(ステップン)からトークンを送る出金方法というものは考えられますが、あまり意味のないことかと思います。

なお、国内業者からMetamask(メタマスク)への出金方法については、一般的な取引所の出金方法とまったく同じです。

Metamask(メタマスク)で入金アドレスを確認できるので、国内業者からそちらへ向けて出金すればよいだけです。

それがSTEPN(ステップン)と連携したアカウントであれば、そのままSTEPN(ステップン)のウォレットにも反映するはずです。

STEPN(ステップン)のMetamask(メタマスク)からの出金方法

STEPN(ステップン)のMetamask(メタマスク)からの出金方法は、一般的な取引所の出金方法とほぼ同じです。

送り先の入金アドレスを指定してMetamask(メタマスク)から出金すればよいだけです。

すると結果として、STEPN(ステップン)のウォレット内の残高も減少します。

個人的にはSOLレルムでSTEPN(ステップン)を使っているため実践にもとづいた解説ができないのですが、やり方自体にとくに難しいところはないはずです。

普通の取引所の出金方法が分かってれば普通にできるかと思います。

なお、STEPN(ステップン)には直接日本円に換金する出金方法はありません。

普通は海外取引所を経由して国内業者のウォレットへトークンを送り、そこから銀行口座へ出金することになります。

そして、Metamask(メタマスク)を使っている場合は、この海外業者への出金の過程を省略可能です。 ただ、海外取引所の口座は持っておいて損はありません。

個人的にはMetamask(メタマスク)に頼らない出金方法のやり方も覚えておくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)でMetamask(メタマスク)の出金方法を使うメリット

STEPN(ステップン)でわざわざMetamask(メタマスク)経由の出金方法を使うメリットは大きくありません。

基本的にはMetamask(メタマスク)とSTEPN(ステップン)自体のウォレットの出金方法に大きな違いはありません。

しいて言えば、STEPN(ステップン)のシステムがダウンしたときでもMetamask(メタマスク)を使った出金方法が利用できることくらいでしょうか。

ただ、もしSTEPN(ステップン)以外のNFTサービスの利用も検討しているのであればMetamask(メタマスク)の出金方法に慣れておくのはおすすめです。

単なるウォレット機能だけであればMetamask(メタマスク)以外にも選択肢は多数あります。

むしろセキュリティ面を考えれば、取引所のウォレットのほうがおすすめできます。

ただ、NFTも管理できるウォレットとなればやはりETHチェーンではMetamask(メタマスク)が今は最有力候補です。

今後、OpenSeaなども活用してNFTに深く関わるつもりであれば、今のうちにMetamask(メタマスク)の出金方法を覚えてしまうのもよいのではと思います。

ただし、STEPN(ステップン)のPhantomウォレットユーザーがハッキング被害にあったのは先に触れたとおり。

慣れていないとMetamask(メタマスク)でもそうした被害にあう可能性は否定できません。

はじめのうちは万が一に備えて少額の管理にとどめておいたほうがよいかもしれません。

STEPN(ステップン)のMetamask(メタマスク)の出金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のMetamask(メタマスク)の出金方法は一般的な取引所のそれとほぼ同じです。

送り先の入金アドレスを指定して出金すればよいだけです。

ただ、そもそもSTEPN(ステップン)をするだけであれば、わざわざMetamask(メタマスク)の出金方法を利用するメリットはそこまでありません。

むしろ慣れていないとセキュリティの部分で若干の不安が残ります。

もし、ただSTEPN(ステップン)をしたいだけであれば無理にMetamask(メタマスク)を使うのはおすすめしません。