ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめかを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークン稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そして、ただトークンを稼ぐだけであれば一足のNFTスニーカーを用意すれば十分です。

しかし、実際には何足の靴を運用しているかによってその効率は大きく変わってきます。

そこで今回はSTEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめかを分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめかを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめか【初期】

STEPN(ステップン)を始めたばかりの人でも靴は最低3足以上の運用がおすすめです。

実際には何足あっても多すぎることはまずないのですが、資金力の問題もあろうかと思います。 そこでまずは3足を目指しましょう。

というのも、STEPN(ステップン)には1日あたりに歩ける時間を決めるエナジーという数値があり、これが靴を何足持っているかによって決まるからです。

エナジーの初期値は2。STEPN(ステップン)を使える時間にしてわずか10分です。

さすがに10分程度では1Kmも歩けません。

健康のためにSTEPN(ステップン)を使うとしても不十分と言わざるを得ません。

エナジーは靴の保有数3足で4、9足で9と節目節目で増えていきます。

最低限、20分は歩けるエナジー4を目指して3足以上の靴は確保しておくことをおすすめします。

なお、かつてのSTEPN(ステップン)の靴は1足調達するのに15万円ほどかかる高級品でした。

たしかにその状況では何足も購入するのはかなりの負担でした。

しかし、いまのSTEPN(ステップン)の靴は数千円もあれば問題なく購入できます。

おそらく3足購入しても2万円前後で済みます。

その程度の出費であれば、現実でちょっといい靴を何足か買うのとそう変わりありません。

長くSTEPN(ステップン)を使うつもりの人は、できれば多少の出費はおしてでも3足は調達しておくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめか【慣れてきたら】

STEPN(ステップン)に慣れてきたら次は9足運用がおすすめです。

靴保有数による最大エナジーは3足運用で4でしたが、9足で一気に9まで増えるからです。

逆にいえば、3足以上9足未満の場合は何足であっても変わりません。

しかし、一度エナジーが9を超えれば倍の40分以上歩けるようになりますから、運用方法の幅も大きく広がります。

たとえば、朝晩で20分ずつ歩くような運用も可能です。

STEPN(ステップン)に慣れてきたら、ぜひとも次は9足運用を目指してみましょう。

とはいえ、何足も靴を買うのは資金力的に難しいという人もいるはずです。

ただ、序盤で3足以上の靴を用意した人に関しては資金の心配も不要です。

STEPN(ステップン)には2足の靴から新たな靴を生み出せるMINT(ミント)と呼ばれるシステムがあるからです。

それでベースになった靴が失われることもありません。

したがって、複数の靴を保有していれば、理屈としては将来的に何足でも靴を生み出せることになります。

ただし、さすがに無制限にとはいきません。

STEPN(ステップン)のMINT(ミント)にはGSTやGMTといったコストがかかります。

基本的にはコツコツ歩いてGSTを稼ぎ、余裕が出てきたタイミングでMINT(ミント)していくような運用がおすすめです。

STEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめか【今後の予想】

今後のSTEPN(ステップン)では今以上に靴の保有数が重要になってきそうです。

それこそ何足あっても足りないくらいになるかもしれません。

たとえば、直近では靴の世代概念の導入計画が公表されました。

詳細に関しては省略しますが、新世代の靴(レインボーシリーズ)に関しては歩くことでGMTが獲得できるようになるそうです。

そしてSTEPN(ステップン)は今後GMTの用途を拡充していく予定です。

しかし、新世代の靴を生み出すには実に5足の靴が必要になるとのこと。

しかもこの場合、ベースになった靴は消失します。

何足も新世代の靴を用意するにはそれこそ何十足といった数が必要になることでしょう。

そう考えると、今後のSTEPN(ステップン)では消失前提で、事前に何足もの靴を用意していく必要が生じると思われるのです。

先般のHPシステムでもそうですが、STEPN(ステップン)の運営は今後、靴の使い捨てをおすすめしているような印象がします。

始めたばかりの頃はそこまで考えずとも、慣れてきたらやはり何足かは確保しておくような運用は意識しておくべきかもしれません。

STEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめかはレアリティにもよる

STEPN(ステップン)は何足運用がおすすめかは、保有している靴のレアリティによっても若干変わってきます。

たとえば、先に解説したエナジーにしても、実は高レアリティの靴には+1~+4のボーナスが付きます。

また、高ステータスの靴ならばそもそも長く歩かずとも多くのGSTを獲得できます。

はじめから無理をして高レアリティの靴を何足も購入するのはおすすめしませんが、レアリティは高いに越したことはありません。

ゆくゆくはレアリティにもこだわるようにしましょう。

とくにメインで使う靴に関してはある程度ステータスにはこだわりたいものです。

STEPN(ステップン)には靴のレアリティを上げるシステムも存在します。

焦る必要はありませんが、それらを活用していずれは何足かは高レアリティの靴を用意していくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめか【レベルによる違い】

今のSTEPN(ステップン)は高レベルの靴を何足も用意しておくメリットはそこまでありません。

合計レベルでエナジー上限が増えるようなこともなければ、レアリティのようなボーナスも付きません。

現状はメイン靴のレベルが高ければそれで十分です。

したがって、今のところは、稼ぎ頭になる高レベル・高レアリティの靴が何足かと、あとはエナジー確保用の頭数を揃えるような運用がおすすめです。

ただし、STEPN(ステップン)はかなり変化の速いサービスです。

今後も同じような運用で良いままとも思えません。

実際に何足の靴を運用するかはアップデートの内容を見て柔軟に変えていくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)の靴は何足がおすすめかを分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)の靴は最低でも3足保有をおすすめします。

正直なところ何足あっても多すぎることはありませんが、エナジー上限を考えると少なくとも3足は用意しておくようにしましょう。

また、今後のSTEPN(ステップン)はアップデートによってさらに靴の保有数が意味を持ってくるようになりそうです。

高ステータス高レアリティのメイン靴は少数精鋭で十分ですが、それとは別に触媒や材料としてある程度の絶対数は必要になってくるはずです。

余裕が出てきたら、MINT(ミント)を活用してできるだけ靴の数は増やしておくことをおすすめします。