ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)の靴の選び方を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)を始めるためには少なくとも1足以上のNFTスニーカーが必須です。

しかしいざ始めると意気込んだものの、どういった靴の選び方をすれば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)の靴の選び方を分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)の靴の選び方を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)の靴の選び方【タイプ】

STEPN(ステップン)の靴の選び方でまず迷うのはおそらくタイプではないでしょうか。

STEPN(ステップン)の靴には適正速度の異なるいくつかのタイプがあるからです。

それぞれの適正速度は以下の通りです。

・Walker・・・時速1~6Km

・Jogger・・・時速4~10Km

・Runner・・・時速8~20Km

・Trainer・・・時速1~20Km

もちろん、出費に糸目を付けないならばTrainerがベストの選択です。

ただ、普通はかぎられた予算内で選ぶはずです。

そうした人は自分の目的と歩くペースに応じた選び方をしましょう。

「それならば自分はゆっくりウォーキングを楽しみたいからWalkerの靴が良さそうだ」という人も少なくないはずです。

しかし、ウォーキング目的の人でも意外とかんたんに時速4Kmは超えるため、基本的にはJoggerの靴がおすすめです。

また、STEPN(ステップン)で運動習慣が付けば歩く速度も自然と速くなるはずです。

多少大雑把にいってしまえば、仮にウォーキング目的以外だとしても自分の想定する速度よりも少し速いかなと感じる靴を選ぶほうがおすすめです。

STEPN(ステップン)の靴の選び方【レアリティ】

STEPN(ステップン)はレアリティを重視した靴の選び方もできます。

現在、STEPN(ステップン)で入手できる靴のレアリティは以下の通りです。

・Common(凡庸)

・Uncommon(非凡)

・Rare(希少)

・Epic(最高級)

・Legendary(伝説級)

もちろんレアリティが高いほど基礎ステータスも高く、かつ成長率も高めです。

ただし、レアリティが高いほど非常に高価になっていきます。

とはいえ、自分向きの靴の選び方を模索している段階でいきなり高価なものを買うのはおすすめできません。

これからSTEPN(ステップン)を始めるという人はCommon、少し値を張ってもUncommonくらいで良いかと思います。

STEPN(ステップン)の靴の選び方【レベル】

STEPN(ステップン)のマーケットではさまざまなレベルの靴が取り引きされています。

これについては予算次第で選び方も変わりますが、低予算で考えるのであればレベル5がおすすめです。

レベル5はSTEPN(ステップン)の靴の基礎的な機能が開放される最低限のレベルだからです。

レベル0から自分の手で靴を育てていくのもよいですが、レベルアップにはコストのほか普通に時間経過も要求されます。

とりあえずSTEPN(ステップン)の全機能を開放して楽しむためにも、やはり最初の靴はレベル5以上をおすすめしたいところです。

STEPN(ステップン)の靴の選び方【パラメータ】

STEPN(ステップン)の靴の選び方でタイプに次いで迷うのはおそらくパラメータです。

STEPN(ステップン)の靴のパラメータは以下のとおり。

EfficiencyはGSTの獲得効率を決めるパラメータ。

Luckはミステリーボックスのドロップにかかわる数値。

ComfortはGSTの獲得効率に影響する予定の数値。

Regilienceは靴の耐久値や修理コストにかかわるパラメータです。

目的やそのときどきのSTEPN(ステップン)のアップデートによって最適な選び方も変わりますが、初心者の人はとりあえずEfficiency優先の選び方が無難です。

そのうえでRegilienceもある程度確保されている靴を選べばなお良しです。

ちなみに、直近のSTEPN(ステップン)のリリースでは、あらたに靴に「世代」の概念が追加されるとのことでした。

そして新世代の靴はシステムが簡素化される代わりにGMTを獲得できるようになるそうです。

となると、今のうちにComfort特化の靴を意識した選び方をするのも面白いかもしれません。

STEPN(ステップン)の靴の選び方【ソケット】

STEPN(ステップン)の靴にはソケットと呼ばれる枠があります。 厳選するのであればソケットを重視した選び方も可能です。

ソケットにはジェムと呼ばれるアイテムを装備して靴のパラメータを上げられます。

しかし、それぞれのパラメータに対応する「Efficiency」「Luck」「Comfort」「Regilience」のソケットにしか該当ジェムを装備することはできません。

しかも靴のソケットは固有で、あとから変更できません。

STEPN(ステップン)を始めたばかりのときはそこまでソケットに注意した選び方をする必要はありませんが、先々を見据えるのであれば一応は気にしておきましょう。

STEPN(ステップン)の靴の選び方【2足目以降】

最近のSTEPN(ステップン)は靴の複数保有が前提の設計になりつつあるような印象です。

最初は1足で始めるとしても、おそらく大多数の人は3足以上になっていくはずです。

そして2足目以降の選び方については人それぞれです。

たとえば、それぞれのパラメータ特化を重視した靴の選び方もあるでしょうし、あるいはタイプの違う靴を使い分けていくのもありかと思います。

個人的には、最近のSTEPN(ステップン)のアップデートの方向性を考えると、パラメータの違う靴を揃えていくような選び方がおすすめです。

STEPN(ステップン)の靴の選び方【3足目以降】

STEPN(ステップン)はレベル5以上の靴が2足以上あれば合成して新たな靴を生み出せます。

ベースとなった靴が失われることもなく、シンプルに靴を1足追加できます。

これをSTEPN(ステップン)ではMINT(ミント)と呼びます。

ただ、MINT(ミント)にはそれなりのランダム性がともなうため、マーケットで調達するような選び方はできません。

自分で各種条件にこだわった選び方をしたい人は、初回同様に別途マーケットで探すことをおすすめします。

なお、STEPN(ステップン)は靴の1足保有だと1日10分しか使えません。

そして3足の靴を保有することでようやく20分利用できるようになります。

さすがに10分では1Kmも歩けるかどうかです。 個人的には最低でも3足保有をおすすめしたいところです。

STEPN(ステップン)の靴の選び方を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)の靴の選び方にはさまざまな視点があります。

たとえば、靴のタイプやレアリティ、あるいはソケットの種類やパラメータなどなど。

ただ、これからSTEPN(ステップン)を始めるという人にはCommonのJoggerあたりの靴がおすすめです。

パラメータも基本的にはEfficiencyを重視した選び方をすれば問題ないはずです。

そのうえでしばらくSTEPN(ステップン)を使ってみて、さらに自分なりの靴の選び方を模索していきましょう。