ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)の自転車・バイク・自動車を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、同じ移動ならば自転車やバイク、あるいは自動車でも稼げるのではとお考えの人もいるかもしれません。

あるいは通勤・通学の都合上、歩ける距離が少ないという人も少なくないでしょう。

そこで今回はSTEPN(ステップン)の自転車・バイク・自動車での利用について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)の自転車・バイク・自動車を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は自転車・バイク・自動車の利用を想定していない

STEPN(ステップン)は自転車やバイク・自動車での利用は想定していません。

GSTを稼げる場合もなくはありませんが、基本的には極めて効率の悪いやり方です。

名前が表すとおり、STEPN(ステップン)は歩くか走るかを想定したゲームです。

利用するNFTもスニーカーであって乗り物ではありません。

自転車やバイクなどの乗り物を使ったやり方はやめておきましょう。

ちなみに、STEPN(ステップン)の仕様を考えると、坂道であればおそらく自転車でも歩くのと変わらぬ効率でGSTを獲得できると思われます。

ただ、それならば歩いたほうが確実に楽です。 結局のところ、あくまでもSTEPN(ステップン)は歩いて(走って)稼ぐゲームだと考えておくべきです。

STEPN(ステップン)は自転車・バイク・自動車でも稼げる?

STEPN(ステップン)は自転車やバイク・乗り物でもGSTを稼げることがあります。

STEPN(ステップン)のスニーカーにはそれぞれ適正速度があり、最も早い適正速度であるRunnerの場合は時速8Km~20Kmです。

したがって、その速度内であれば一応はGSTを稼げることもあります。

バイクや自動車だと多少無理がありますが、自転車ならば十分実用の範囲内です。

ただ、当たり前ですがSTEPN(ステップン)がなにも対策していないはずもありません。 実際にはモーションセンサーによって自転車の利用は検知されます。

自転車に乗りつつ速度を加減して、かつスマホを振れば回避もできるでしょうが、そこまでする意味があるとも思えませんし、なにより危険です。

やはりSTEPN(ステップン)は自転車やバイクでは使えないものと考えておきましょう。

STEPN(ステップン)の自転車・バイク・自動車利用がバレるとどうなる?

STEPN(ステップン)で自転車やバイク・自動車などの利用がバレるとそのセッションは無効となります。

STEPN(ステップン)を1日に使える時間はエナジーによって決められていますが、エナジーはしっかりと消費するにもかかわらずGSTを獲得できません。

つまりエナジーの消費損です。

ただ、自転車やバイクなどの乗り物を使ったからといってSTEPN(ステップン)のアカウント凍結までには至りません。

今のところ、セッションが無効になる以上のペナルティはありません。

100%自転車やバイク・自動車を使っているとの検知が不可能な以上、今後もそこまで厳しいペナルティが設けられる可能性は低いでしょう。

なお、そうした利用とみなされるとSTEPN(ステップン)はそのセッションを「Moon Walk」とみなします。

GPSの感度によっては歩いていてもMoon Walkになる場合もあるようです。 なぜかMoon Walkと判定された人は歩き方やコースを見直してみましょう。

STEPN(ステップン)の自転車・バイク・自動車はどうやって判定している?

STEPN(ステップン)は自転車やバイク・自動車かどうかを主にモーションセンサーによって判定しているようです。

それ以外の技術的な部分はいまひとつ分かりません。

ただ、ペナルティの判定基準はホワイトペーパーで明らかにしています。

それによると、STEPN(ステップン)はチート対策としてチューリングスコアと呼ばれるスコア付けをしています。

チューリングスコアは100点から始まり、不正の疑いがある場合は減点されていきます。

たとえば、以下のような行為が減点対象として例示されています。

もちろん、自転車やバイクを使った移動も減点対象です。

「動物に携帯電話を持たせる」という項目があるあたり「犬の散歩にあわせてGSTを稼ごう」と考えた人も多いのでしょう。

自転車もそうですが、いろいろなアイデアがあるものだとある意味で感心します。

なお、チューリングスコアの減点中は送金不可などの制限を受けますが、幸いにして普通にSTEPN(ステップン)を使っていれば徐々に回復します。

うっかり自転車などでSTEPN(ステップン)を使ってしまった人は、その後は普通に歩いてスコアの回復をはかりましょう。

STEPN(ステップン)の自転車・バイク・自動車を考えるくらいならば

STEPN(ステップン)で自転車やバイクを使おうと考えるくらいならば別のアプリの併用もおすすめします。

具体名までは挙げませんが、自転車に関していえばまさにそれ専用のSTEPN(ステップン)類似のゲームも存在します。

さすがにバイクや自動車向けのものは見当たりませんが、そうしたゲームが登場するのも時間の問題ではないでしょうか。

あるいは、仮想通貨ではないものの、手段にこだわらず移動距離のみでマイレージを稼げるゲームは存在します。

どうしても自転車やバイクなどの移動でなんらかの利益を得たい人はそれらの利用を検討してみましょう。

ちなみに、個人的には眠ることでトークンを稼げるアプリに興味があります。

そちらも併用して、日中はSTEPN(ステップン)で歩いて稼ぐ、夜は眠って稼ぐという二刀流にするのも面白いかもしれません。

STEPN(ステップン)が自転車やバイク・自動車に対応する可能性

今後、STEPN(ステップン)が自転車やバイク・自動車に対応する可能性はほぼないでしょう。

一方で、ランニングマシーンでの利用は今後ある程度対応します。

残念ながら実装はまだですが、今後STEPN(ステップン)にはバックグラウンドモードなる機能が実装されます。

そして、バックグラウンドモードはヘルスケアアプリと連携して歩数のみを参照してGSTを稼げます。

現状、STEPN(ステップン)はお住まいの地域の天候やライフスタイル次第で有利不利があります。

しかし、バックグラウンドモードが実装すれば多少はその差も縮まります。

自転車やバイクでの利用は無理ですが、屋内中心でSTEPN(ステップン)を使いたいという人は早期のバックグラウンドモード実装を期待しましょう。

STEPN(ステップン)の自転車・バイク・自動車を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)は自転車やバイク・自動車などの乗り物での利用を想定していません。

それらでGSTを稼げることもないではありませんが、極めて効率が落ちます。

また、そこまで厳しいペナルティはないものの、バレればエナジーが無駄になるだけです。

STEPN(ステップン)は名前のとおり歩く・走るを想定したゲームです。

自転車やバイクなどの乗り物を利用した使い方はやめておきましょう。