ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークン(GST)を稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、稼げるといっても、実際に稼いだGSTはいったいどういった換金方法で日本円にできるのでしょうか。

仮に日本円へ換金できないとしたら、そんなGSTは絵に描いた餅にすぎません。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法を分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法の基本

STEPN(ステップン)のGSTはそのまま日本円へ換金できません。

実際には以下のような換金方法をとることになります。

1.GSTを他の仮想通貨へ交換

2.GSTから交換した通貨を外部の仮想通貨交換業者へ送金

3.日本円へ換金できる仮想通貨へ交換

4.日本円として出金できる業者へ送金

5.日本円として換金 通貨の動きとしては「GST→他の仮想通貨→他の仮想通貨→日本円」です。

そして、利用するサービスは「STEPN(ステップン)→仮想通貨交換業者→他の仮想通貨交換業者」の3つです。

どの通貨を経由するか、どの業者を使うかで日本円への換金方法も若干違ってきますが、今回はUSDCとビットコインを想定して解説していきます。

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法.1【USDCへ交換】

STEPN(ステップン)で稼いだGSTはそのままでは換金できません。

まずはSTEPN(ステップン)内部でUSDCへ交換しましょう。

STEPN(ステップン)の口座には「Spending」と「Wallet」の2種類があります。

Spendingはマーケットでスニーカーを購入するときなどに使う、消費用の口座です。

そちらから「Transfer」でGSTをWalletへ移動させましょう。

そのうえで、Wallet内でさらにGSTを他の通貨へ「Trade」できます。

ここでGSTをUSDCに変えておきましょう。

もちろん、送金先の業者が対応しており、最終的に日本円への換金方法に利用できれば他のトークンでも問題ありません。

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法.2【外部へ送金】

STEPN(ステップン)内でGSTをUSDCに交換したら、次はそれを外部の仮想通貨交換業者へ送金します。

送金はWalletの「Transfer」の内部メニューの「To External」から可能です。

仮想通貨交換業者の入金アドレスへ向けて任意の金額を送金しましょう。

入金アドレスは日本円の銀行振込でいうところの振込先口座番号です。

送金先の業者で確認できるのでそれをSTEPN(ステップン)の送金メニューにコピー・アンド・ペーストしましょう。

なお、基本的に仮想通貨の送金は失敗すると取り戻せません。

STEPN(ステップン)内部での処理であるGST→USDCは問題ありませんが、外部への送金ミスは致命的です。

仮想通貨の送金に慣れていない人はいきなり全額ではなく、まずは少額でテストしてみることをおすすめします。

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法.3【ビットコインへ交換】

STEPN(ステップン)からUSDCを仮想通貨交換業者へ送金したら、次はそれをビットコインに交換します。

交換方法は利用する業者次第で複数あるかと思いますが、可能であれば取引所形式を利用するとコストもおさえられます。

また、STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法としてはビットコインではなくリップル経由も人気です。

このあたりはお好みで選びましょう。

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法.4【ビットコインを国内業者へ送金】

ここまででGSTはUSDCへ、そしてビットコインへと姿を変えました。

ビットコインとして使うのであれば、これで終わりとしても問題ありません。

ただ、日本円として換金する場合はもうひと工夫が必要です。

STEPN(ステップン)から最初に送金する業者は基本的に海外の業者になるはずですが、たいていの海外の業者からは日本円として出金できないからです。

そこで次はその業者から国内の業者へとビットコインを送金します。

基本的なやり方は「STEPN(ステップン)→海外の業者」のときとほとんど同じです。

金額と送金先の入金アドレスを指定して依頼すればよいだけです。

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法.5【日本円として換金】

国内の業者へと送金できたら、あとは普通に日本円として換金すればよいだけです。

ここまでで、STEPN(ステップン)→海外の業者→国内の業者と長旅でした。

また、GSTもUSDC、そしてビットコインへと幾度も姿を変えています。

総じて、STEPN(ステップン)で稼いだGSTの日本円への換金方法はやや複雑と言わざるを得ないでしょう。

もっとも、利用する業者次第では、途中のステップは省略可能です。

たとえば、国内業者のLiquidはSOLの送金ができるため、途中で海外業者のステップを省けます。 あるいは最近ではFTXもGSTの換金に利用できるようです。

ただ、仮想通貨交換業者の取り引きルールは変化も激しいため、安定して利用できる日本円への換金方法とはいえません。

まずはいくつかの業者、通貨を介在させる換金方法を基本として覚えておきましょう。

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法にかかる手数料・時間

STEPN(ステップン)のGSTを日本円へするためには、換金方法にかかわらずいくらかの手数料や時間がかかります。

まず、STEPN(ステップン)内部のSpending→Walletへの移管の際には0.1GSTの手数料がかかります。

もっとも、これは微々たるものです。

一方でその後、仮想通貨交換業者内での交換にはいくばくかの手数料がかかるはずです。

これは業者次第、通貨次第ですがGSTを日本円にするためには多少のコストは覚悟しておきましょう。

また、それぞれのステップは即座に完了するともかぎりません。

これもまた業者次第ですが、トランザクションが混雑しているときなどは1~2日かかることも珍しくありません。

状況次第、環境次第であまりはっきりしたことが言えないのですが、基本的にSTEPN(ステップン)からのGSTの日本円への換金方法には若干の不確定要素があると考えておきましょう。

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のGSTの日本円への換金方法はやや複雑です。

通貨としては「GST→他の通貨→他の通貨→日本円」へと3段階の交換が必要です。

また、業者にしても「STEPN(ステップン)→他の仮想通貨交換業者→他業者→日本円」と2つの業者を噛ませる必要があります。

やり方次第では若干短縮することもできますが、少なくともSTEPN(ステップン)からGSTを直接日本円にする換金方法は存在しません。

いまのところは多少の手間はかかるものと承知しておきましょう。