ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)の画面の見方・使い方を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、海外製のサービスであることから日本語での詳しい解説書はありません。

そのため、いまひとつ画面の見方や使い方が分からないという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)の画面の見方や使い方について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)の画面の見方・使い方を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)の画面の見方・使い方【メイン】

便宜上、STEPN(ステップン)を起動するとまず表示される画面をメインとします。

メイン画面の基本的な見方・使い方は以下のとおりです。

1・・・使用するスニーカー

2・・・そのスニーカーで取得済みのミステリーボックス

3.その日のSTEPN(ステップン)で獲得済みのGST

4.エナジー残量

5.スタートボタン

1をタップすると利用するスニーカーを切り替えられます。

2のミステリーボックスは宝箱のようなものです。

STEPN(ステップン)を使っているとまれにドロップし、GSTを支払って開封するとGSTやジェムなどを取得できます。

3はその日のSTEPN(ステップン)で獲得済みのGSTです。

一応の上限はあるものの、そこまで上限を気にすることにはなりません。

4のエナジーはその日にSTEPN(ステップン)を使える時間です。

そのままの見方だと時間が分かりにくいですが、1エナジーで5分を意味します。

5をタップするとその時間を消費しつつトークンを稼いで歩くモードに移行します。

以上がSTEPN(ステップン)のメイン画面の基本的な使い方です。

そこそこ直感的に使える作りになっているのではないでしょうか。

STEPN(ステップン)の画面の見方・使い方【インベントリ】

STEPN(ステップン)の画面は下方のアイコンから表示や機能を切り替えられます。

靴のアイコンをタップすると、所有しているスニーカーやジェムなどのアイテムを確認できます。

これを一般的にインベントリと呼びますが、情報量も少ないためとくに見方や使い方の難しいところもないかと思います。

ただ、この画面のポイントはむしろそこからの派生です。

STEPN(ステップン)の画面の見方・使い方【詳細画面】

STEPN(ステップン)のアイテムをタップすると詳細を確認できます。

そしてこの画面はさまざまな見方と使い方ができます。

1はスニーカーに装備するオプションアイテムの「ジェム」とそれを装備する枠である「ソケット」を確認できます。

2はスニーカーのレアリティやタイプなどの基礎情報。

3は耐久値です。タップすれば耐久値の回復画面に移ります。

4はスニーカーのレベルやミント(合成)済み回数。

5でステータス全般を確認できます。

そして、レベルが上がったスニーカーは6をタップすることでステータスを伸ばせます。

どの情報もSTEPN(ステップン)では極めて重要なものばかりです。

この画面の見方はしっかりと覚えておきましょう。

また、この画面は下方のメニューから別の操作へも移れます。

具体的には以下の画面に移ります。

・Level Up ・・・スニーカーのレベルアップ

・Repair・・・スニーカーの修理

・Mint・・・スニーカーの合成

・Sell・・・マーケットへの出品

・Lease・・・スニーカーの貸し出し(未実装)

・Transfer・・・スニーカーの外部への送付

LeaseとTransferはあまり利用する機会がない人も多いかもしれません。

しかし、その他の機能は現状のSTEPN(ステップン)ではほぼ必須のものばかりです。

基本的な使い方は覚えておきましょう。

STEPN(ステップン)の画面の見方・使い方【マーケット】

STEPN(ステップン)はメイン画面の地球のアイコンからマーケットの画面へ移れます。

当初はマーケットもSTEPN(ステップン)のアプリで完結していましたが、昨日外部サイトへ移行してしまいました。

そのため、初回のみ外部のURLを指定する必要があります。

ただ、次回以降はシームレスになるのでそこまで不便ではありません。

マーケットの画面についてはとくに見方の難しいところはないかと思います。

使い方にしてもソートとフィルターさえ覚えておけば十分なはずです。

あとはそれらを活用してお好みのアイテムを探しましょう。

STEPN(ステップン)の画面の見方・使い方【トークン管理】

STEPN(ステップン)は、ほとんどの画面上に保有トークンの情報が出ており、そこをタップするとトークンの管理ができます。

ただ、トークン管理画面の見方と使い方は少し詳しく解説する必要があるかと思います。

まず、トークンの管理画面には「Spending」と「Wallet」の2種類があります。

そしていずれかによって想定される使い方がまったく違います。

SpendingはSTEPN(ステップン)のマーケットでの買い物用のアカウント。

そして、Walletは外部との送受信用のアカウントです。

イメージ的にはWalletが買い物用に思われがちですが、そうではありません。

また、これらの画面では「Transfer」と「Trade」の操作ができますが、これらの使い方は似て非なるものです。

SpendingのTransferはSpendingとWalletのあいだでトークンを移動させる操作。

いわばSTEPN(ステップン)内部での処理です。 対して、TradeはUSDCなどの他の通貨との交換をする操作です。

そして、WalletにおけるTransferはSTEPN(ステップン)以外の業者のウォレットへの送金なども担います。

STEPN(ステップン)で稼いだトークンを現金化するときなどはこれらの複数の機能を使い分けていくことになります。

具体的には、TransferでSpendingからWalletへGSTを移動させて、さらにTradeで他の通貨へ変換、そのうえで「To external」で外部の業者へ送ることになります。

正直かなり面倒です。 将来的に現金化するまでのあいだに、この画面の見方と使い方には慣れておくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)の画面の見方と使い方【HP回復】

最近のアップデートでSTEPN(ステップン)には新たにHP(ヘルスポイント)のシステムが実装されました。

このHPの回復画面の見方と使い方が非常に分かりにくいと感じたので補足しておきます。

まずHPの回復にはComfortのジェムが必須ですが、そもそもこれを保有していないと選択画面すら表示されません。

そして肝心の修理についてはボタンもありません。

HPの回復は表示されるレバーをタップするかたちでおこないます。

STEPN(ステップン)の画面の見方・使い方を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)の画面はそれほど見方も難しくなく、おそらく直感的な使い方ができるかと思います。

ただ、ウォレットの画面だけは例外です。

STEPN(ステップン)のトークンはSpendingとWalletに分かれて管理されており、それぞれ想定される使い方が全く異なります。

これらの違いとTransfer、Tradeなどの基本操作については事前にしっかりと把握しておくようにしましょう。