ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のFTXの出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そしてSTEPN(ステップン)である程度稼げたら、次はやはり出金です。

そんな出金方法として最近人気になってきた業者がFTXです。

そこで今回はSTEPN(ステップン)からFTXへの出金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のFTXの出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)はFTXの出金方法が人気

一般的にSTEPN(ステップン)からの出金方法はそれなりに面倒です。

しかし、それがかなり簡略化できるということで最近はFTXへの出金方法が人気です。

一般的なSTEPN(ステップン)からの出金方法は以下のとおりです。

・STEPN(ステップン)から海外業者へ出金

・海外業者でBTCやXRPを購入

・国内業者へBTCやXRPを出金

・国内業者から日本円として出金

国内業者の多くがSTEPN(ステップン)のトークン(SOL、BNBなど)に対応していないため、どうしてもあいだに海外業者を挟む必要があります。

対して、FTXはSOLやBNBを扱っているため、海外業者のステップを省略して出金可能です。

なるべく簡単な出金方法を利用したいという人はFTXの利用も検討してみましょう。

STEPN(ステップン)からFTXへの出金方法

STEPN(ステップン)からFTXへの出金方法は一般的な仮想通貨のそれとほぼ同じです。

FTX側で入金アドレスを確認しておき、STEPN(ステップン)からそちらを宛先にして出金すればよいだけです。

最近になってFTXはUSDCチェーンにも対応したので、SOLやBNB以外にUSDCのかたちでも出金できるはずです。

「はず」というのは、実は個人的にはFTXを利用できていないからです。

実はFTXの前進はLiquidです。

しかし、Liquidの段階で利用を試みてはいてみたものの、要求される本人確認書類とシステム上の選択肢が一致せず、事実上利用不可になってしまいました。

たしかに、FTXの出金方法はSTEPN(ステップン)にかなり向いています。

ただ、ごくまれに自分のような場合もあるので、利用を検討している人はその可能性には一応注意しておきましょう。

STEPN(ステップン)からFTXへの出金方法の手数料

STEPN(ステップン)からFTXへの出金方法には若干の出金手数料がかかります。

これは状況次第、出金するトークン次第で変わりますが、微々たるものです。

また、出金の前準備でそれとは別にわずかな手数料もかかります。

STEPN(ステップン)で歩いて稼いだGSTはまず内部的にはSpendingアカウントに保管されます。

しかし、Spendingは名前のとおりSTEPN(ステップン)で消費するためのアカウント。

外部へ出金するためにはあらためて「Transfer」の操作でWallet(ウォレット)アカウントへ移動させなければなりません。

そして、その際には一律で2GSTの手数料がかかります。

ごくわずかならが手数料負担があることは承知しておきましょう。

なお、これらの手数料は宛先がFTXだろうとそれ以外だろうと変わりません。

手数料部分についてはとくに宛先がFTXであることに目立ったメリットはありません。

STEPN(ステップン)からFTXへの出金方法の時間

STEPN(ステップン)からFTXへの出金方法にかかる時間は通常数分程度です。

Spending→WalletのTransferも、STEPN(ステップン)→FTXの出金も問題なければ数分で完了します。

ただ、あくまでも問題なければです。

仮想通貨の出金方法はどうしてもそのトークンのトランザクションの影響を免れません。

状況次第では半日や1日程度出金が反映されないことも珍しくありません。

また、FTXについてはいまひとつ安定しないとの声も若干聞かれますし、STEPN(ステップン)のTransferも同じくです。

それぞれのステップでなぜか反映されないというときはしばらく待ってみましょう。

STEPN(ステップン)のFTXの出金方法の注意点

利用さえできれば、STEPN(ステップン)からFTXへの出金方法は非常に便利です。

自分自身、謎の不具合さえなければ使っていたと思います。

一方で、FTX内部で仮想通貨の売買をするときの手数料は若干不利な場合があります。

名目上の手数料こそ安いものの、実際にはスプレッド(売値と買値の差額)がやや広いケースが見られます。

たしかにFTXはSTEPN(ステップン)からの出金方法として使いやすいのは事実です。

しかし、仮想通貨の売買メインとしてはやや力不足と言わざるを得ません。

いずれそちらにも注力するつもりの人は他社の利用も視野に入れておきましょう。

STEPN(ステップン)はFTX以外の出金方法の併用もおすすめ

冒頭で解説したように、STEPN(ステップン)の一般的な出金方法は若干面倒です。

ただ、それでもそちらの出金方法も使えるようにしておくことをおすすめします。

FTXの出金方法はたしかに一部の過程を省けるため非常に便利です。

しかし、個人的には原因もわからず利用できていませんし、少なからず同様の人もいるようです。

もちろん普通に使えている人のほうが大多数ですが、それでもやはり安定したSTEPN(ステップン)への出金方法とは言い難いところです。

また、FTXは金融庁認可のれっきとした国内業者ではあるものの、作りを見ると海外業者とほぼ同じです。

それもそのはずFTXは海外業者がLiquidを足がかりに日本へ進出してきたようなものだからです。

とすると、なんらかの理由で日本進出につまづく可能性も否定できません。

現状は仮想通貨交換業者の黒船などとも言われていますが、はたして定着するかはまだ分かりません。

安定性を求めるのであれば、やはりSTEPN(ステップン)の出金方法には他の業者の利用も選択肢に入れておきましょう。

ちなみに、STEPN(ステップン)からの出金方法に人気の海外業者はBybit(バイビット)とBinance(バイナンス)です。

Binance(バイナンス)に至っては実はSTEPN(ステップン)の大口出資先のひとつです。

だからといって特別優遇があるわけではないものの、少なくとも今後Binance(バイナンス)がSTEPN(ステップン)の出金方法に利用できなくなることはまずないでしょう。

STEPN(ステップン)のFTXの出金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)からFTXへの出金方法は非常に簡単です。

SOLやBNBをそのままFTXの入金アドレス宛てに出金するだけです。

これは一般的な仮想通貨の出金方法をほぼ同じです。

ただ一方で、現状のFTXは安定して利用できるとは言い切れません。

安定したSTEPN(ステップン)からの出金方法を確保したい人は海外業者を経由する手段も使えるようにしておくことをおすすめします。