ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のFTXの送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)を使うためにはまず原資となるトークンをウォレットへ送金する必要があります。

その送金元として最近人気の業者がFTXです。

そこで今回はSTEPN(ステップン)へのFTXを使った送金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のFTXの送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)はFTXを使った送金方法がシンプル

STEPN(ステップン)はFTXを使った送金方法も人気のようです。

通常、STEPN(ステップン)の送金方法には海外業者を噛ませる必要があります。

国内業者にはSTEPN(ステップン)が扱っているSOLやGSTなどのトークンの取り扱いがないからです。

しかし一方で、FTXはSOLを扱っているため海外業者をあいだに挟む必要なく直接の送金方法が利用できます。

そのため、STEPN(ステップン)を使うのであればFTXがおすすめといった声も少なくありません。

ただ、残念ながら個人的には検証できていないため、自信をもっておすすめはできません。

というのも、STEPN(ステップン)を始めた当初、FTXの前進であるLiquidの送金方法を使おうと考えていたのですが、うまくいかなかったからです。

すでにLiquidの口座は開設していたものの、送金にはあらためて本人確認が必要と指示されて、そのうえ要求される書類とシステム上で選択できる書類が一致せず、事実上利用不可に陥ってしまいました。

今回は分かるかぎりでFTXの送金方法を解説していきますが、実践はできていません。

これからFTXを使おうという人は自分のようにうまく使えない場合もあることはご承知おきください。

STEPN(ステップン)のFTXの送金方法の概要

FTXからSTEPN(ステップン)への送金方法は「FTXでSOLを購入して送金する」だけです。

FTXは日本円で取り引きできるので、別のトークンに変換する必要もありません。

ただし、FTXには販売所と取引所の2種類がありますが、販売所の手数料は割高です。

できるだけ取引所を利用するようにしましょう。

あとはSTEPN(ステップン)のウォレットで入金アドレスを確認して、そちらへ向けて送金すればOKです。

すべての流れにおいて一般的な仮想通貨の送金方法とまったく同じです。

非常に簡単といってよいでしょう。

対して、FTXを使わないSTEPN(ステップン)への送金方法では以下のようなステップを踏むことになります。

1.海外業者へBTCやXRPなどを送金

2.海外業者でSOLを購入

3.STEPN(ステップン)へ送金

異なるトークンへの変換、STEPN(ステップン)以外の業者の経由などかなり煩雑です。

これにくらべるとFTXを使った送金方法は極めてシンプルで便利といってよいでしょう。

ただ、先にも触れたようになぜか個人的にはFTXが使えませんでした。

また、SNSなどを見るとFTXのインターフェイスは使いにくいといった声も少なくありません。

さらにいえば、FTXジャパンというサービス名ではあるものの、中身は海外業者のそれとほとんど違いが見られません。

金融庁の認可は取っているものの、いずれ規制されるのではないかといった印象がします。

たしかにFTXを使ったSTEPN(ステップン)への送金方法は便利です。

しかし、多分に不確実性を含むことは承知しておいたほうがよいかもしれません。

STEPN(ステップン)のFTXの送金方法の手数料

STEPN(ステップン)へのFTXを使った送金方法の最大のメリットはシンプルなことです。

しかし、手数料はどうなのでしょうか。

これについては名目上はFTXは手数料がかからないように見えますが、実はそうでもありません。

実際には隠れた手数料(スプレッド)として交換価格に含まれているからです。

実際に使ってはいないのですが、それなりの手数料が含まれているようで、たいていは海外業者を噛ませたほうが安く済むようです。

一概に手数料が高いから使う価値がないとはいえないものの、これは明らかなデメリットと言わざるを得ません。

ここはSTEPN(ステップン)への送金方法のシンプルさと手数料を天秤にかけて判断しましょう。

STEPNのFTXの送金方法の時間

STEPN(ステップン)へのFTXを使った送金方法の時間は他社とほとんど変わりません。

普通は数分で完了します。

ただ、トランザクションの状況次第で思わぬ時間がかかることも同じです。

場合によっては数時間や1日くらい送金が反映されないことも珍しくありません。

口コミを見るといまひとつ安定していないという声も聞かれます。

STEPN(ステップン)へ送金するときは多少の時間の余裕は見ておいたほうがよいかもしれません。

STEPN(ステップン)へのFTXの送金方法以外の使いやすさ

すでに若干触れていますが、FTXは少々使いにくいとの声も少なくありません。

送金方法については実践できていないのでなんともいえませんが、少し触った印象ではたしかに分かりにくい部分はなくもありません。

一方で、海外業者準拠だからこそか非常に機能が豊富な印象があります。

スクリーンショットの範囲にはおさまっていませんが、板情報が充実しているのも高評価です。

総じて、使いにくいというよりは使い方が難しいといったほうが正確かもしれません。

ただ、それとは別に動作が非常に重く感じました。

たんにSTEPN(ステップン)への送金方法に利用するだけであれば問題ないでしょう。

しかし、本格的に仮想通貨の取り引きで売買差益を狙う人には若干お粗末なクォリティといえるかもしれません。

STEPN(ステップン)はFTX以外の送金方法の併用も

全体的に見て、やはりFTXを使ったSTEPN(ステップン)への送金方法は少々安定感に欠けている印象が拭えません。

事実、前進であったLiquidもFTXへの統合にあわせて環境が変わり、今はSTEPN(ステップン)への送金に使えなくなっています。

そう考えると、STEPN(ステップン)への送金方法はFTXだけに頼るのではなく、別の経路も確保しておくべきと思います。

個人的にも、そして一般的にもBybit(バイビット)・Binanceを使った送金方法が安定していておすすめです。

FTX以上に使い方は難しいですが、余裕があればそちらの送金方法も利用できるようにしておくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)のFTXの送金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)へのFTXの送金方法は非常にシンプルです。

SOLを購入してSTEPN(ステップン)のウォレットへ送金するだけです。

一般的な、海外業者を経由した送金方法に比較するとかなり便利です。

ただ、全体的にFTX自体の使い勝手がいまひとつなうえ、今後STEPN(ステップン)への送金方法に利用できなくなる可能性もあるように思えます。

個人的には、できればFTX以外の送金方法も覚えておくことをおすすめしたいところです。