ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のイーサリアムチェーンを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)には複数のブロックチェーンに対応しています。

イーサリアムチェーンもまたそのひとつです。

しかし、どのチェーンを使うかで同じSTEPN(ステップン)でも若干の違いがあります。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のイーサリアムチェーンについて分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のイーサリアムチェーンを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のイーサリアムチェーンとは

STEPN(ステップン)にはSOL、BNB、APEという3種類のレルムがあり、APEがイーサリアムチェーンです。

レルムとはMMOゲームでいうところのサーバー分けのようなものです。

それぞれベースになるブロックチェーンが異なり、ユーティリティトークンはレルム間で共有されません。

ユーティリティトークンとはSTEPN(ステップン)で歩いて稼げるトークン(GST)で、いわばゲーム内通貨のようなものです。

たとえば、複数のレルムでSTEPN(ステップン)を使っていたとしても、イーサリアムチェーンで稼いだGSTはSOLやBNBでは使えません。

また、STEPN(ステップン)を使うにはエナジーを消費しますが、エナジーもまた原則的にレルム間で共有されません。

一応、STEPN(ステップン)は単一アカウントで複数レルムを切り替えつつ使えます。

ただ、ウォレットは分かれており所持スニーカーの共有もできません。

総じて、基本的には別のアカウントと考えておくくらいでちょうどよいかと思います。

ちなみに、イーサリアムチェーンのSTEPN(ステップン)は通称E国やA国と呼ばれます。 SOLはS国、BNBはB国です。

なぜイーサリアムチェーンなのに他のレルムとは違ってETHではなくAPEという名称なのかというと、「Bored Ape Yachat Club(BAYC)」と呼ばれる著名アートとコラボしているからです。

厳密にはコラボレートはしていないようですが、STEPN(ステップン)としてはそこを推したいことから、あえてETHではなくAPEとしたようです。

正直、初心者には分かりにくいですし、BAYCが国内でそこまで知名度が高いとは思えません。

個人的には素直にイーサリアムチェーンと一目で分かるETHで良かったのではと思います。

STEPN(ステップン)のイーサリアムチェーンのGST

STEPN(ステップン)のイーサリアムチェーンで稼げるGSTはゲーム内では単にGSTと表示されます。

ただ、実際にはイーサリアムチェーンで稼げるGSTは厳密にはeGSTです。

同様に他のレルムのGSTも正確にはsGSTやbGSTとして区別されます。

仮想通貨交換業者でGSTのレートを見るときもチェーンによって区別があります。

たとえば、イーサリアムチェーンの場合はGreen Satoshi Token=GSTのあとに(ETH)が付きます。

これがSOLやBNBの場合は同じGSTであっても(SOL)(BNB)になります。

そして、当然ながら値動きも独立しています。

同じSTEPN(ステップン)関連のトークンである以上、全体の傾向はやはり似た動きをしがちですが、現状はかなりの時差があります。

基本的にはそれぞれ別のトークンと考えておきましょう。

STEPN(ステップン)でイーサリアムチェーンを使うメリット

STEPN(ステップン)でイーサリアムチェーンを使う主なメリットはエナジーブロックとMetamask(メタマスク)が使えることでしょうか。

イーサリアムチェーンと他のレルムにエナジー共有はありません。

しかし、STEPN(ステップン)は旧レルムユーザーが新しいレルムを使った場合に、時限的にわずかなエナジーボーナスが付きます。

時間がたてば失われる恩恵ですが、他のレルムユーザーがイーサリアムチェーンを始めるぶんにはメリットでしかありません。

Metamask(メタマスク)は、イーサリアムチェーンのアプリ内ウォレットを一元管理できるサービスです。

STEPN(ステップン)と直接の関係があるわけではなく、あくまでも汎用性の高い独立したアプリのひとつです。

そしてNFT関連のサービスは多くがイーサリアムチェーンで運営されています。

今後、STEPN(ステップン)以外のNFTサービスも利用するつもりであれば、イーサリアムチェーンでSTEPN(ステップン)を始めるのもよいのではと思います。

STEPN(ステップン)をイーサリアムチェーンで始めるデメリット

STEPN(ステップン)をイーサリアムチェーンで始めるデメリットは初期投資がやや高くつくことと思われます。

STEPN(ステップン)は新レルムがスタートすると一時的にバブルのような様相を呈します。

イーサリアムチェーンもまた同様です。

すでに暴落して他のレルムと同じ水準に近づきつつあるものの、やはりまだ割高です。

最終的には差もなくなるかと思いますが、いまイーサリアムチェーンでSTEPN(ステップン)を始めるのは得策とは思えません。

イーサリアムチェーンに興味があるとしてもマーケットが落ち着くまで少し待ったほうがよいかもしれません。

STEPN(ステップン)はイーサリアムチェーンの次を待つ手も

STEPN(ステップン)はイーサリアムチェーンの次のレルムを待つという手もなくはありません。

イーサリアムチェーンに続いて、第4のレルムがスタートすること自体はまず間違いないからです。

第4レルムの実態はまだ不明ですが、LINEグループと提携したL国がスタートするのではとの憶測も出ています。

実際、STEPN(ステップン)とLINEグループが提携を模索しているのは事実です。

まだ、不透明で実現性も分かりませんが、イーサリアムチェーンにこだわらないのであればそちらを待つのもよいかもしれません。

ちなみに、LINEグループの発行する暗号資産はLINK、そして関連サービスはBITMAXです。

今後、本格的にSTEPN(ステップン)と連携すると見る人はそちらも準備しておくとよいかと思います。

ただ、繰り返しになりますがこの話しはまだまだ憶測の域を出ていませんし、実現したとしてもスタート時期はおそらくかなり先になるはずです。

すぐにでもSTEPN(ステップン)を始めたいという人はやはりイーサリアムチェーンか別のレルムでの開始をおすすめします。

STEPN(ステップン)のイーサリアムチェーンを分かりやすく解説 まとめ

イーサリアムチェーンでSTEPN(ステップン)を使えるレルムはAPEです。

SOLやBNBのようにチェーンがそのまま名前にはなっていません。

また、イーサリアムチェーンはまだスタートして間もないためマーケットが安定していません。

安定した環境でSTEPN(ステップン)を始めたいのであれば他のレルムがおすすめです。

とはいえ、Metamask(メタマスク)が使えるなどのメリットはあります。

先々を見据えればあえてイーサリアムチェーンで始めるのもよいかとは思います。