ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、STEPN(ステップン)はただ歩くだけではなく、さまざまなシステムを活用することもまた重要です。

Enhance(エンハンス)もまたそのようなシステムのひとつです。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)とは

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)とは、5足のスニーカーを用いて新しいスニーカーを生み出すシステムです。

似たシステムとしては2足のスニーカーから新たなスニーカーを生み出すMINT(ミント)がありますが、これらは似て非なるものです。

MINT(ミント)の場合、ベースになった2足のスニーカーは存続します。

保有スニーカーが単純に1足増えるため、結果は+1です。

一方で、Enhance(エンハンス)ではベースのスニーカー5足は失われて、1足の新スニーカーが生まれます。

プラスマイナスでは-4です。 STEPN(ステップン)は保有するスニーカーの数も重要なポイントですから、これは大きなデメリットといえます。

ではどこが良いのかというと、新スニーカーのレアリティが上がることです。

Enhance(エンハンス)をすると必ず一段回うえ以上のレアリティのスニーカーが生み出されます。 非常に小さな確率ですが、2段階上がることもあります。

また、副次的なメリットとしてはステータスの上昇効果も見込めます。

STEPN(ステップン)のスニーカーにはレアリティごとに初期ステータスの下限/上限が決まっていますが、Enhance(エンハンス)で生まれたスニーカーはこの下限/上限がデフォルトよりも20%向上します。

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)の条件

まず、STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)は同レアリティのスニーカーが5足必要です。

そしてそれらのスニーカーはMINT(ミント)を2回以上こなしている必要があります。

さらに、STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)にはGSTとGMTを消費します。

要求されるコストはレアリティによって異なります。 これは状況次第で異なりますが、たとえばCommonのEnhance(エンハンス)では360GST+40GMTのコストがかかります。

レアリティが上がればコストは跳ね上がります。

現状のSTEPN(ステップン)で稼げるトークンを考えると、あまり積極的に利用できるものではないように思えます。

なお、同レアリティのスニーカーをマーケットプレイスで調達してEnhance(エンハンス)した場合、結局はそのレアリティのスニーカーをマーケットで購入したほうが安上がりです。

STEPN(ステップン)のマーケットを使うのは、あと1足だけEnhance(エンハンス)に足りないというときだけにしたほうがよいでしょう。

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)のルール

ここまでの解説と多少被りますが、STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)のルールは以下のとおりです。

・新スニーカーのステータスの下限/上限が20%向上する

・新スニーカーのレアリティが1~2段階上がる

・タイプ(Walker,Runnerなど)はベーススニーカーからランダムで引き継がれる

・ジェム/ソケットのタイプはベーススニーカーからランダムで引き継がれる

・わずかな可能性で新スニーカーはレインボースニーカーに変わる ここで注目すべきはレインボースニーカーの存在です。

現状のSTEPN(ステップン)のスニーカーで稼げるトークンは原則的にGSTです。

しかし、レインボースニーカーでは歩くことでGMTが稼げます。

今後、GMTはSTEPN(ステップン)で存在感を増していくと思われます。

狙ったスニーカーをEnhance(エンハンス)できないのは少々困りますが、レインボーを引き当てたら幸運と考えておきましょう。

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)とFusionの違い

最近になってSTEPN(ステップン)は新たにFusionのシステムも実装しました。

これはスニーカーを消費して別のスニーカーのステータスを向上させるシステムです。

レアリティを上げるEnhance(エンハンス)とは似て非なるものです。

Enhance(エンハンス)ではベーススニーカーのレアリティは揃える必要がありましたが、Fusionにこのルールはありません。

したがって、ステータスの高い低レアリティのスニーカーを高レアリティのスニーカーに「食わせて」ステータスの向上を図れます。

これまでのSTEPN(ステップン)では低レアリティのスニーカーの用途は限られていましたが、Fusionで大きく幅が広がります。

まだスタートしたばかりのシステムで活用法も模索中ですが、スニーカーを持て余している人はFusionの活用も視野に入れてみましょう。

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)の比較

ここまでも触れてきましたが、STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)には似たシステムが少なくありません。

そこでざっくりと違いをまとめてみましょう。

【必要スニーカーと消失の有無】

・Enhance(エンハンス)・・・同レアリティ5足が消失

・MINT(ミント)・・・自由なレアリティ2足を使うが消失しない

・Fusion・・・自由なレアリティ1足が消失

【効果】

・Enhance(エンハンス)・・・レアリティが1~2上昇したスニーカーの生産

・MINT(ミント)・・・新スニーカーの生産

・Fusion・・・既存スニーカーのステータス向上

MINT(ミント)に関してはGSTなどのコストだけを消費します。

基本的には、MINT(ミント)でスニーカーを増やして、FusionやEnhance(エンハンス)に利用するような使い方になるのではないでしょうか。

ただし、STEPN(ステップン)は保有するスニーカーの数量でエナジー上限が決まります。

まだスニーカーの数に余裕がない人は、うっかりEnhance(エンハンス)やFusionでエナジー上限が減らないように注意しておきましょう。

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のEnhance(エンハンス)とは、5足のスニーカーを使って高レアリティのスニーカーを生み出すシステムです。

また、初期ステータスにボーナスが付くという副次的なメリットもあります。

STEPN(ステップン)には他にMINT(ミント)やFusionのような似たシステムがありますが、これらは似て非なるものです。

どれもSTEPN(ステップン)を始めた初期にはあまり使わないシステムと思われますが、いずれはお世話になるはずです。

いまは関係ないとしても最低限の違いはおさえておくことをおすすめします。