ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、体力さえあれば際限なく歩いてトークンを稼げるわけではありません。

実際にはエネルギー(エナジー)と呼ばれる数値によって、日々稼げるトークンに事実上の天井が設けられています。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)とは

エネルギー(エナジー)とは、STEPN(ステップン)を使ってトークンを稼げる時間です。

スマホゲームでいうところのスタミナに近いものと考えて問題ありません。

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)の初期値は2。

そして、1エネルギー(エナジー)あたりの時間は5分です。

したがって、初期値ではたったの10分しかSTEPN(ステップン)を使えません。

10分では普通に歩いても1Kmにもなりませんから、健康増進目的としても微妙です。

せめて1Km以上は歩けるように、初期値での利用はやめておくことをおすすめします。

なお、厳密にいえばエネルギー(エナジー)のない状態でもSTEPN(ステップン)を使うことはできます。

ただし、その状態でいくら歩いてもトークンは獲得できません。

どうせならばトークンを稼げるに越したことはありません。

STEPN(ステップン)を使うときはエネルギー(エナジー)の残量には注意しておきましょう。

STEPN(ステップン)はエネルギー(エナジー)以外にも天井あり

1日にSTEPN(ステップン)を使って稼げるトークンはエネルギー(エナジー)以外にも制限があります。

これは単純にGSTの獲得上限です。

メイン画面に表示される上限以上にはGSTを獲得できません。

GST獲得上限はスニーカーのレベルを上げると増やせます。

ただ、普通にSTEPN(ステップン)を使っているとGST獲得上限に達するまえにエネルギー(エナジー)が枯渇します。

GST獲得上限についてはそこまで気にする必要はないかと思います。

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)の増やし方

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)は原則的にスニーカーの保有数で決まります。

スニーカー1足の初期値ではエネルギー(エナジー)は2。 そこからスニーカー3足で4、9足で9と段階的に増えていきます。

 

また、STEPN(ステップン)のスニーカーにはレアリティがありますが、高レアリティのスニーカーにはエネルギー(エナジー)ボーナスが付きます。

Uncommonで+1、Rareは+2、Epicが+3、Legendaryで+4のボーナスが付きます。

入手難度で考えると、多くの人はUncommonかRareで増やすことになるかと思います。

ただし、STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)は20が上限です。

どれほど高レアリティのスニーカーを多数持っていても20以上には増えません。

もっとも、エネルギー(エナジー)20は時間にして100分ですから不足を感じることはないでしょう。

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)の回復方法

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)は6時間ごとに25%ずつ回復します。

つまり1日で全回復です。

したがって、基本的にはエネルギー(エナジー)上限=1日にSTEPN(ステップン)を使える時間と考えて問題ありません。

一応、6時間経過するたびに歩くことも可能ですが、結局総量は変わりません。

ただ、STEPN(ステップン)は一回で消費するエネルギー(エナジー)量によってドロップするアイテムの効率が変わってきます。

そこでエネルギー(エナジー)回復タイミングを跨いで歩くという小技もあります。

とはいえ、そこまでするのはかなりSTEPN(ステップン)に慣れてきてからでも遅くありません。

まずはあまり難しいことは考えず、できるだけ毎日欠かさずエネルギー(エナジー)を消費することを考えておくことをおすすめします。

なお、今のところSTEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)回復方法は時間経過のみです。

ゲームのように課金してエネルギー(エナジー)を回復する手段はありません。

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)の共有・分離

STEPN(ステップン)にはレルムと呼ばれる考え方があります。

レルムとはベースとなるブロックチェーンの違いで、現状はSOL、BNB、APEの3種類があります。

そして、それぞれのレルムでは異なる経済圏が確立されています。

いわばゲームでいうところのサーバーのようなものです。

このレルム間でのエネルギー(エナジー)について、以前は共有されていましたが、現状は分離方式に変わりました。

たとえば、かつてはSOLでスニーカー8足、BNBで1足保有していた場合、合計9足でエネルギー(エナジー)9が共有されていました。

しかし、現在はSOLとBNBでそれぞれエネルギー(エナジー)が判定されます。

このケースでいえば、同じ9足でもSOLで2、BNBで2のエネルギー(エナジー)しか使えません。 基本的には単一のレルムに集めたほうが有利です。

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)のブリッジ

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)は原則的にレルムごとに独立します。

しかし、複数のレルムでスニーカーを保有することには若干のメリットもなくはありません。

具体的には、古いレルムでスニーカーを保有している場合、別のレルムではエネルギー(エナジー)が+1されます。

これはSTEPN(ステップン)に新しいレルムが増えるごとに追加されていきます。

たとえば、SOLでスニーカーを保有し、さらにBNBで保有、加えてAPEにも保有している場合は「1+1=2」のエネルギー(エナジー)が追加されます。

これをSTEPN(ステップン)ではエネルギー(エナジー)の「ブリッジ」と呼びます。 ただし、エネルギー(エナジー)のブリッジは3が上限です。

また、ブリッジは新しいレルムのスタートから30日経過するたびに1ずつ減少していきます。

結局のところ、最終的にはゼロになります。

おそらく、これは単に新しいレルムへ人を誘導させるための時限措置でしかないのでしょう。

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のエネルギー(エナジー)とは1日あたりにSTEPN(ステップン)を使える時間を決める数値です。

エネルギー(エナジー)1あたり時間にして5分で初期値は2(10分)、上限20(100分)です。

エネルギー(エナジー)はスニーカーの保有数で増やせますが、高レアリティのスニーカーを保有することでもボーナスが付きます。

STEPN(ステップン)でトークンを稼ぐ効率にエネルギー(エナジー)は極めて重要です。

基本的に初期値での利用はやめて、最低でも3足、できれば9足保有を目指しましょう。