ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、体力が尽きるまで歩き続ければ際限なくトークンを稼ぎ続けられるというわけではありません。

実際にはDaily energy(エナジー)と呼ばれる事実上の制限があります。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)とは

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)とは、1日あたりに歩ける時間制限です。

ソーシャルゲームでいうところのスタミナに該当します。

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるゲームですが、いくらでも稼げるというわけではありません。

Daily energy(エナジー)があることで1日あたりに稼げる量には事実上の上限があることになります。

もっとも、上限は増やせますし、Dailyとはいうものの、実際にはスタミナ同様に時間経過で少しずつ回復します。

したがって、energy(エナジー)の上限をいかに増やすか、効率よく使うかもまたSTEPN(ステップン)でトークンを稼ぐ重要なコツのひとつになります。

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)の消費量

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)の初期値は2です。

そして、1分歩くことで0.2ずつ消費していきます。

言い換えると、5分あたり1の消費です。

したがって、初期状態ではわずか10分しか歩けません。

仮に時速4Kmで歩いたとしても1Kmにも満たしません。

正直、健康増進のためにSTEPN(ステップン)を使うとしても初期値のDaily energy(エナジー)では不十分と言わざるをえないでしょう。

なお、STEPN(ステップン)は使用するスニーカー次第で適正速度が変わりますが、これはトークンの獲得効率にだけ影響します。

適正速度から離れたペースで歩いたとしてもDaily energy(エナジー)の消費量が増えることはありません。

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)の回復量

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)は時間とともに自然回復します。

回復量は6時間ごとに25%ずつ。

24時間で全回復します。

ただ、ソーシャルゲームのスタミナのように経過時間に応じて細かく回復するのではなく、日本時間の「4時、10時、16時、22時」のタイミングで一気に25%回復します。

割合回復なので、いったんDaily energy(エナジー)をすべて消化すれば少なくとも24時間は溢れさせる心配はありません。

ちなみに、ゲームの場合はいわゆる「石」を割ることでスタミナを回復できますが、STEPN(ステップン)にそうしたシステムはありません。

今のところは時間経過以外でDaily energy(エナジー)を回復する手段は実装されていません。

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)の増やし方

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)はスニーカーのレベルを上げても増えません。

Daily energy(エナジー)は保有スニーカーの数量と種類に応じて増えます。

ただし、保有数量=Daily energy(エナジー)ではありません。

2足保有してもenergy(エナジー)は2のまま。

3足保有でやっと4にまで増えます。

その後は9足で9、15足で12、30足で20と節目節目で増加します。

また、STEPN(ステップン)のスニーカーにはレアリティがありますが、高レアリティのスニーカーはそれだけでDaily energy(エナジー)に「+1~+4」のボーナスが付きます。

ただし、Daily energy(エナジー)の上限は20です。 仮に高レアリティのスニーカーを十数足持っていても20以上には増えません。

つまり、現在のSTEPN(ステップン)では基本的には1日あたり100分が歩ける上限になります。

もちろん、energy(エナジー)の自然回復のタイミングで歩けば1日あたりの時間は少し増えますが、基本的には100分です。

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)の節約法

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)は単純に時間経過で消費されていきます。

しかし、町中を歩く場合は信号機などで歩けないタイミングが生じ、距離が稼げないにもかかわらず時間だけが経ってしまいます。

そこで役立つ機能が「一時停止」です。

無駄にDaily energy(エナジー)を減らしたくない人は、なるべくこまめに一時停止を利用しましょう。

ちなみに、STEPN(ステップン)の効率的な使い方として、energy(エナジー)の回復タイミングである「4時、10時、16時、22時」を跨ぐように歩く方法が紹介されることも少なくありません。

このようにすれば、一回のウォーキングあたりで使えるDaily energy(エナジー)が増えるからです。

これはSTEPN(ステップン)界隈では通称「界王拳」と呼ばれています。

しかし、実際にはとくに獲得GSTが倍になるわけでもありませんし、総量で増えてもいません。

これはenergy(エナジー)が回復した先から消費しているだけであって、実質的に増えているわけではないからです。

本家の界王拳のように他人から分け与えてもらっているわけでもありません。

時間を効率的に使えるというメリットこそあるものの、そこまで積極的に真似する必要はないでしょう。

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)以外にも上限あり

STEPN(ステップン)で1日あたりに歩ける上限はDaily energy(エナジー)以外の要素でも決まっています。

とくに難しい要素はなく、これはそのまま1日あたりに稼げるGSTの上限として常に表示されます。

ただ、これはあまり気にする必要はないでしょう。

というのも、たいていの場合は上限に達する前にDaily energy(エナジー)のほうが先に尽きるからです。

上限も普通にSTEPN(ステップン)を使っていれば十分に余裕のある範囲で増えていきます。

基本的にはDaily energy(エナジー)だけを注意しておけばOKです。

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のDaily energy(エナジー)とは1日あたりに歩ける時間の上限です。

1分ごとに0.2ずつ消費されていきます。

Daily energy(エナジー)は保有スニーカーの数量とレアリティによって増やせますが、今のところ上限は20です。

ただ、初期値の2ではたったの10分しかSTEPN(ステップン)を使えません。

使い方次第ですが、個人的には20分に増やせる3足まではスニーカーを増やすことをおすすめします。