ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のクールダウンを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)にはクールダウンと呼ばれるシステムがあります。

しかし、実はひとくちにクールダウンといっても複数の形態があり、それぞれ内容も異なります。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のクールダウンについて分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のクールダウンを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のクールダウンとは

STEPN(ステップン)のクールダウンとは時間経過でのみ解除できる一時的な制限です。

現在はスニーカーの転送とMINT(ミント)でクールダウンタイムが発生します。 その制限は共通ではなくそれぞれ異なります。

転送の場合は24時間経過するまでそのスニーカーの利用自体ができません。

はじめてSTEPN(ステップン)をする人などはこの転送のクールダウンで出鼻をくじかれることも珍しくありません。

対して、MINT(ミント)のクールダウンはまったく異なります。

そちらは48時間経つまではそのスニーカーを使った次のMINT(ミント)ができなくなくなるだけです。

MINT(ミント)の場合は、クールダウン中であってもそのスニーカーを使ってトークン(GST)を稼ぐことはできます。

このように、STEPN(ステップン)には2種類のクールダウンがあり、同じクールダウンであっても制限も解除時間も異なります。

混同して時間を無駄にしないように注意しておきましょう。

ではここからはそれぞれのクールダウンについてもう少し詳しく見ていきましょう。

STEPN(ステップン)のクールダウン【転送】

STEPN(ステップン)のスニーカーは転送後24時間はクールダウン中となり利用自体ができません。

転送とは主にウォレット間の移動を伴う所有権の移転です。

中でも誰かにスニーカーを譲渡するときなどが一般的です。

たとえば、すでにSTEPN(ステップン)をしている人からスニーカーを貰って自分もSTEPN(ステップン)を始めるときなどはこのクールダウンが発生します。

一方で、マーケットプレイスからスニーカーを購入した場合はクールダウンは発生しません。

購入した直後からそのスニーカーを使ってGSTを稼げます。

なお、STEPN(ステップン)には今のところ目立った課金要素はありません。

クールダウンにしても追加課金で時間を短縮するようなシステムはなく、時間が経つのを待つほかありません。

ただ、贈る人のほうで少し工夫をすれば貰う人がすぐにSTEPN(ステップン)を始めることは可能です。

これについてはのちほど詳しく解説していきます。

STEPN(ステップン)のクールダウン【ミント】

STEPN(ステップン)のMINT(ミント)とは2足のスニーカーを掛け合わせて新たなスニーカーを生み出すシステムです。

ベースになったスニーカーは失われず、そのまま次のMINT(ミント)にも使えます。

ただし、ベースになったスニーカー2足は48時間のクールダウンが発生し、そのあいだは次のMINT(ミント)ができません。

一方でMINT(ミント)で生まれた新スニーカーについては別にクールダウンは生じません。 普通にすぐに使い始められます。

もっとも、転送で別のクールダウンが発生するのは先に触れたとおり。

したがって、MINT(ミント)して生み出したスニーカーを人に譲った場合、受け取った人は24時間待たなければそのスニーカーを利用できません。

ちなみに、STEPN(ステップン)は頻繁にアップデートを重ねており、たびたびMINT(ミント)のクールダウンタイムも変更されています。

具体的には48時間→72時間→48時間と変更されています。

STEPN(ステップン)の経済は市場に出回っているスニーカーの供給量がかなり重要です。 おそらくですが、スニーカーの供給量をMINT(ミント)のクールダウンタイムの変更で調整したのでしょう。

STEPN(ステップン)のクールダウン【公式配布】

全員対象ではありませんが、STEPN(ステップン)の運営はまれにスニーカーの配布をおこないます。

その配布によって獲得したスニーカーは90日間のクールダウンがあります。 90時間ではなく90日と非常に長期間です。

とはいえ、売買や転送ができなくなるだけの緩めのクールダウンです。

自分で使うぶんにはなにも不都合は生じません。

STEPN(ステップン)のクールダウンを回避する方法

誰かからスニーカーを貰ってSTEPN(ステップン)を始める場合、クールダウンで出鼻をくじかれることも珍しくありません。

しかし、これはシューボックスで転送すれば回避可能です。

STEPN(ステップン)のシューボックスはスペックの分からないスニーカーが収められている箱です。

要するに宝箱のようなものです。

その状態であれば、転送してもクールダウンは発生しません。

これからSTEPN(ステップン)を始めようという人に対してはスニーカーではなくシューボックスを譲りましょう。

また厳密にいえば、実はSTEPN(ステップン)のMINT(ミント)で生み出されるのはスニーカーではなくシューボックスです。

MINT(ミント)で誰かにスニーカーを譲ろうという人は開封せずにそのままの状態で贈りましょう。

ただし、開封して得られたスニーカーのスペックがいまいちといった事態は十分にありえます。

時間がかかっても良いから納得のいくステータスのスニーカーを使いたいという人に関しては、スニーカーのかたちで譲渡するのももちろんありです。

STEPN(ステップン)のクールダウン中のエナジー

STEPN(ステップン)のスニーカーはクールダウン中であってもエナジーには影響しません。

エナジーとは、1日あたりにSTEPN(ステップン)を使える時間の上限で、基本的にはスニーカーの保有数で決まります。

しかし、マーケットプレイスへ出品しているときは、そのスニーカーの所有権がまだ自分にあるにもかかわらずエナジー算定から除外されてしまいます。

対して、クールダウンにそうした扱いはありません。

クールダウン中であっても問題なくエナジー計算に加算されます。 MINT(ミント)をすると一時的にエナジー上限が減るような心配は不要です。

STEPN(ステップン)のクールダウンを分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のクールダウンとは、時間経過でのみ解除できる制限です。

スニーカーの転送で生じるクールダウンは、転送後24時間そのスニーカーが利用できません。

MINT(ミント)で生じるクールダウンは48時間経過するまではそのスニーカーを対象にした次のMINT(ミント)ができなくなります。

なお、前者のクールダウンはスニーカーの転送が対象であって、シューボックスならば発生しません。

これからSTEPN(ステップン)を始める人にプレゼントするときはスニーカーではなくシューボックスのかたちで贈るようにしましょう。