ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のCoincheck(コインチェック)の送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)との送金にCoincheck(コインチェック)を利用したいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはSTEPN(ステップン)とCoincheck(コインチェック)間の送金方法は少々面倒と言わざるを得ません。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のCoincheck(コインチェック)を使った送金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のCoincheck(コインチェック)の送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)はCoincheck(コインチェック)の送金方法との相性は良くない

そもそもCoincheck(コインチェック)の送金方法の多くはSTEPN(ステップン)に対応していません。

STEPN(ステップン)へ送金できるトークンは以下のとおり。

・SOL、BNB、ETH ・GST ・GMT ・USDC

この中でCoincheck(コインチェック)で取り扱っているものはETHのみです。

ただ、SOL・BNB・ETHに関してはどれを使うかによってSTEPN(ステップン)を使うゲームサーバー(レルム)が変わってきます。

そしてETHに対応するレルム(realm)は正直あまりおすすめではありません。

それよりは若干遠回りな送金方法を使ってでも他のレルム(realm)も選択肢に入れるべきです。

そこでここからはSOLを前提にしてSTEPN(ステップン)とCoincheck(コインチェック)間での送金方法について解説していきます。

なお、BNBでもほぼ同様の送金方法になります。

STEPN(ステップン)へのCoincheck(コインチェック)からの送金方法

ETHをのぞけば、Coincheck(コインチェック)からSTEPN(ステップン)のウォレットへ直接トークンを送る送金方法はありません。

そのため、実際にはCoincheck(コインチェック)とSTEPN(ステップン)のあいだに別の、一般的には海外の仮想通貨交換業者を挟むことになります。

よく使われる業者はBinance(バイナンス)かBybit(バイビット)です。

これはそれらがSOLやBNBを扱っているからです。

送金方法の具体的な手順は以下のようになります。

1.Coincheck(コインチェック)でBTCやXRPを用意する

2.海外業者へそれらを送金する

3.海外業者でBTCやXRPを使ってSOLを購入する

4.SOLをSTEPN(ステップン)のウォレットへ送金する

あるいは、海外業者が対応していればGMTやUSDCのかたちでの送金方法も可能です。

ただ、STEPN(ステップン)のマーケットプレイスの取り引きはSOL(BNB or ETH)を介しておこなわれます。

普通は他のトークンでの送金方法は限定された目的の場合のみ使うことになるでしょう。

なお、一応、本当に仮想通貨のやり取りがはじめてという人向けに、仮想通貨の送金方法の基礎も紹介しておきます。

仮想通貨の送金方法では「入金アドレス」が銀行振込でいうところの振込先口座番号にあたります。

たとえば、STEPN(ステップン)の入金アドレスはSTEPN(ステップン)のウォレットメニューで確認できます。

海外業者→STEPN(ステップン)への送金ならば、送金元になる海外業者でこちらを指定して送金。

Coincheck(コインチェック)→海外業者への送金ならば、海外業者の入金アドレスを指定することになります。

仮想通貨の送金方法に慣れていない人は「受取側の入金=送金側の出金」ということに留意しておきましょう。

なお、仮想通貨の送金方法は誤送金すると基本的に取り戻せません。

慣れるまでは一度少額の送金をしてから、問題なければ次に本命となる金額を送金しましょう。

STEPN(ステップン)からCoincheck(コインチェック)への送金方法

STEPN(ステップン)からCoincheck(コインチェック)への送金方法は、入金の逆をやればよいだけです。

1.STEPN(ステップン)でSOLを用意する

2.STEPN(ステップン)から海外業者へSOLを送金する

3.海外業者でCoincheck(コインチェック)の対応するトークンを購入する

4.海外業者からCoincheck(コインチェック)へ送金する

より詳しくいえば、1の段階ではSTEPN(ステップン)で歩いて稼いだGSTをSOLへ変換するステップも含まれます。

入出金いずれにせよSTEPN(ステップン)とCoincheck(コインチェック)間の送金方法は一筋縄ではいきません。

それなりの手間と時間がかかるものと考えておきましょう。

また、仮想通貨の送金方法はトランザクションの状況次第で思わぬ時間がかかることも珍しくありません。

場合よっては半日から1日程度送金が反映されないこともある点は承知しておきましょう。

STEPN(ステップン)にCoincheck(コインチェック)の送金方法は非推奨

実はSTEPN(ステップン)を使っている以上、Coincheck(コインチェック)でなくともたいていの業者の送金方法はこれまで解説してきた手順を踏むことになります。

ただ、そうだとしてもSTEPN(ステップン)への送金にCoincheck(コインチェック)を利用するはおすすめではありません。

なぜならば各種手数料が高いからです。 なかでもXRPの調達費用が高いのは大きなデメリットです。

XRPは仮想通貨の中では送金手数料の安さが特徴的です。

しかし、Coincheck(コインチェック)でXRPを購入できるのは販売所のみ。

そして販売所は取引所に比較して手数料が高いというデメリットがあります。

より手数料をおさえた送金方法を考えるならば、やはり取引所での取り引きを心がけるべきです。

Coincheck(コインチェック)以外でも、どこを使おうとSTEPN(ステップン)への送金方法に手間と時間がかかるのはそう変わりません。

であるならば、なるべく手数料の安い業者を使うようにしましょう。

ちなみに、具体名を挙げるのは若干はばかられますが、起点となる国内業者としてはやはり最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が無難です。

STEPN(ステップン)のCoincheck(コインチェック)の送金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)とCoincheck(コインチェック)間の送金方法は少々面倒です。

基本的には海外業者を途中で噛ませる必要があります。

実はこうした送金方法はCoincheck(コインチェック)にかぎらず、STEPN(ステップン)への送金方法では一般的です。

ただ、それでもCoincheck(コインチェック)は各種条件が若干悪いと言わざるを得ません。

個人的にはSTEPN(ステップン)間の送金には他の業者をおすすめしたいところです。