ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)への送金方法に利用されがちなサービスのひとつがBybit(バイビット)。

必須とまでは言えませんが、Bybit(バイビット)はSTEPN(ステップン)向きの数少ない業者のひとつです。

そこで今回はSTEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)経由の送金方法の概要

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)経由の送金方法の概要は以下のとおりです。

1.国内仮想通貨交換業者へ日本円を入金

2.国内仮想通貨交換業者でビットコインを購入

3.国内仮想通貨交換業者からBybit(バイビット)へビットコインを送金

4.Bybit(バイビット)でSOLを購入

5.Bybit(バイビット)からSTEPN(ステップン)へSOLを送金

登場する業者・サービスは「国内仮想通貨交換業者」「Bybit(バイビット)」「STEPN(ステップン)」の3種類。

そして、日本円、ビットコイン、SOLの3種類の通貨が登場します。

それぞれの業者で対応する通貨を入金したり購入したりして、最終的にはSOLのかたちでSTEPN(ステップン)へ送金します。

残念ながら、STEPN(ステップン)へ日本円を直接入金できるような送金方法は存在しません。

また、国内業者のほとんどはSOLを購入できないため、Bybit(バイビット)などの海外業者を噛ませますが、海外業者の多くも日本円を入金できません。

そのため、このような回りくどい送金方法をすることになります。

状況次第ではいくつかのステップを省略した送金方法が利用できることもありますが、安定しません。

STEPN(ステップン)への送金方法の基本は上記のとおりと考えておきましょう。

ではここからはそれぞれのステップに分けてもう少し詳しく解説していきます。

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)経由の送金方法【国内業者】

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法の初手は国内業者への日本円の入金です。

これはとくに難しいこともなく、普通に銀行振込などで入金できます。

そして次は国内業者でビットコインを購入することになりますが、このステップでは「販売所」と「取引所」のいずれかが利用できます。

ここは取引所を使いましょう。

詳しい解説は省きますが、圧倒的に取引所のほうが手数料が安いからです。

なお、今回はビットコインを使ったSTEPN(ステップン)への送金方法を解説していますが、実際には最終的にSOLを買えれば別の通貨でも問題ありません。

たとえば、リップルなども汎用性の高い通貨として人気です。

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)経由の送金方法【Bybit(バイビット)への送金】

国内業者でビットコインを購入できたら、次はそれをBybit(バイビット)へ送金します。

これはBybit(バイビット)の「入金アドレス」を指定して、国内業者へ出金を依頼することになります。

「入金アドレス」とは銀行振込でいうところの振込先口座番号です。

Bybit(バイビット)のアカウントで確認できるので、そちらで取得して国内業者へ登録しておきましょう。

こうした入金アドレスを利用した送金方法はどの業者を使おうと共通です。

そして、もちろんSTEPN(ステップン)にも入金アドレスが存在します。

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法【SOLの購入】

Bybit(バイビット)のウォレットに資金(ビットコイン)が用意できたら、それでSOLを購入します。

現物取引で「SOL/BTC」を購入すれば、実際のSOLを購入できます。

なお、ここでもSOLを使ったSTEPN(ステップン)への送金を前提としていますが、レルムが違えば送金する通貨や送金方法も若干異なってきます。

レルムとはSTEPN(ステップン)の設定する経済圏のことで、ゲームでいうところのサーバーのようなものです。

ご自分の選んだレルムに対応してSOLの部分は読み替えていきましょう。

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法【STEPN(ステップン)へ送金】

Bybit(バイビット)でSOLが用意できたらようやくSTEPN(ステップン)のウォレットへ送金できます。

Bybit(バイビット)からの送金=STEPN(ステップン)側で見れば入金です。

STEPN(ステップン)で入金アドレスを取得して、そちらへ向けてBybit(バイビット)から送金しましょう。

 

なお、STEPN(ステップン)のウォレットでは他に「GST」「GMT」「USDC」も管理できます。

そしてこれらはSTEPN(ステップン)内部で比較的かんたんに変換可能です。

したがって、Bybit(バイビット)で扱っていればこれらを購入してSTEPN(ステップン)へ送るような送金方法も利用可能です。

なかでもUSDCはいろいろな通貨の送金方法のあいだに入ることのできる汎用性の高い通貨です。

もし今後Bybit(バイビット)でSOLの扱いがなくなったらUSDCを使いましょう。

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法の注意点

今回はSTEPN(ステップン)への送金方法としてBybit(バイビット)を使っていますが、やり方が変わる可能性も低くありません。

Bybit(バイビット)自体の使い方も以前使ったときに比べるとかなり変わっていますし、SOLの扱いを停止する可能性もなくはありません。

STEPN(ステップン)への送金方法はひとつだけではありません。

最終的にウォレットへUSDCやSOLを送金できればよいのです。

もしBybit(バイビット)が使えない場合は他の業者で同じような送金方法が利用できないか考えてみましょう。

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)へのBybit(バイビット)からの送金方法は少々回りくどいと言わざるを得ません。

複数の業者・サービスを利用して、都度、対応する通貨を購入・送金していく必要があります。

単体で見ればそこまで面倒な送金方法ではないものの、最終的にSTEPN(ステップン)のウォレットへ入金するまでにはいくつかのステップを踏む必要があります。

ただ、これはなにもBybit(バイビット)だからというわけでもなく、どこを使おうと大差ありません。

STEPN(ステップン)は海外のサービスのため、こうした不都合はある程度仕方がありません。

そう頻繁に送金するものでもないので、これは覚悟を決めて早めに済ませてしまいましょう。