ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)である程度稼げたら、いずれは出金することになるはずです。

そして、出金先に国内最大手のBitFlyer(ビットフライヤー)を想定している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法の概要

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への直接の出金方法はありません。

原則的に、STEPN(ステップン)からまずは別の業者へ出金して、そこからあらためてBitFlyer(ビットフライヤー)へ出金するほかありません。

これはSTEPN(ステップン)の扱うトークンをBitFlyer(ビットフライヤー)が取り扱っていないからです。

そのため、いったん別の業者へ出金してそこでBitFlyer(ビットフライヤー)の対応するトークンを用意する必要があるのです。

この出金方法はなにもBitFlyer(ビットフライヤー)宛てだからというわけではありません。

STEPN(ステップン)のGSTやGMT、SOL、BNBなどは大半の国内業者で取り扱っていません。

基本的にSTEPN(ステップン)の出金方法では、それらの取り扱いのある海外業者があいだに必要と考えておきましょう。

ちなみに、STEPN(ステップン)の出金方法でよく使われる海外業者はBybit(バイビット)かBinance(バイナンス)のいずれかです。

特にBinance(バイナンス)はSTEPN(ステップン)の大口出資者でもあるため安定して今後も使えると思われます。

ではここからはSTEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法をもう少し詳しくステップに分けて見ていきましょう。

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法【Transfer】

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法には海外業者の経由がほぼ必須です。

そしてそれに加えて、STEPN(ステップン)内部でもいくらかの操作が必要です。

というのも、STEPN(ステップン)で稼げるGSTは海外業者であってもほとんどはBitFlyer(ビットフライヤー)同様に取り扱いがないからです。

そのため、まずはGSTを他のトークンへ変えなければなりません。

しかし、さらにその前にも一手間必要です。

STEPN(ステップン)で歩いて稼いだGSTはまずSpendingアカウントに保管されますが、ここはSTEPN(ステップン)内部でトークンを使うための場所。

そこには外部への出金方法はありません。

外部との入出金はWalletアカウントの役割です。 まずは「Transfer」でSpendingアカウントのGSTをWalletへ移しましょう。

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法【Trade】

まだBitFlyer(ビットフライヤー)への出金は見えてきません。

次はSTEPN(ステップン)のWalletで「Trade」を用いてGSTを他のトークンへ変えましょう。

実は、ここでいう「Trade」はBitFlyer(ビットフライヤー)などの取引所での取り引きとほぼ同じです。

外見上はSTEPN(ステップン)内部の処理のように見えますが、実際はSTEPN(ステップン)の運営するDOOARと呼ばれる取引所を利用した取り引きです。

背景はともかくとして、多少の手数料を代償にここでGSTをSOLやBNB、USDCなどに変えられます。

これから出金する業者の対応するトークンに変えてしまいましょう。

かなり遠回りな出金方法に見えるかもしれませんが、今のところこれがSTEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への基本的な出金方法です。

早めに慣れてしまいましょう。

ちなみに、DOOARでビットコインやリップルなどの扱いがあれば話しも早いのですが、残念ながらSTEPN(ステップン)がそれらを扱う兆しはありません。

やはり海外業者を噛ませた出金方法が基本と考えておきましょう。

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法【海外業者で取り引き】

STEPN(ステップン)から海外業者へSOLなどを出金したら、次はそれをBitFlyer(ビットフライヤー)の対応するビットコインやリップルなどに変えます。

業者によっていくつかの手段があろうかと思いますが、基本的には販売所ではなく取引所の利用がおすすめです。

そこまで終わればあとは簡単です。

BitFlyer(ビットフライヤー)のウォレットへ向けて出金するだけです。

海外業者といえども仮想通貨の出金方法はBitFlyer(ビットフライヤー)などの国内業者とほぼ同じです。

BitFlyer(ビットフライヤー)の入金アドレスを指定して出金を依頼しましょう。

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法の時間

STEPN(ステップン)から最終的にBitFlyer(ビットフライヤー)へ出金するまでにかかる時間はトランザクションの状況次第です。

これはSTEPN(ステップン)にかぎらず仮想通貨の出金方法について回る問題です。

問題なければ、STEPN(ステップン)→海外業者、海外業者→BitFlyer(ビットフライヤー)の各ステップともに数分程度で出金可能です。

しかし、トランザクションが混雑しているとそれぞれ数時間や1日程度かかることも珍しくありません。

また、STEPN(ステップン)内部のTransferやTradeも同様です。

状況次第ですが、ひどい場合には最終的にBitFlyer(ビットフライヤー)へ出金できるまでに数日かかるなんてこともありえるかと思います。

仮想通貨全般にいえることですが、仮想通貨の出金方法にかかる時間は読めない部分があることは承知しておきましょう。

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への出金方法には別の業者を噛ませる必要があります。

BitFlyer(ビットフライヤー)にSTEPN(ステップン)関連のトークンの取り扱いがないからです。

ただ、これはBitFlyer(ビットフライヤー)だからというわけではなく、大半の国内業者でほぼ同じ事情です。

お世辞にもシンプルなやり方とはいえませんが、STEPN(ステップン)の出金方法としては現状、海外業者を噛ませるのが最も確実です。

ここは覚悟を決めて早めに慣れてしまいましょう。