ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のBitFlyer(ビットフライヤー)の送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)を使うためには仮想通貨の入出金が必須です。

そのために国内最大手のBitFlyer(ビットフライヤー)を使いたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)とBitFlyer(ビットフライヤー)間の送金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のBitFlyer(ビットフライヤー)の送金方法

STEPN(ステップン)とBitFlyer(ビットフライヤー)の送金方法には別業者が必須

STEPN(ステップン)とBitFlyer(ビットフライヤー)間には直接の送金方法はありません。

STEPN(ステップン)へ入金する場合も、その逆にSTEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)へ出金するにも途中で別の業者を噛ませる必要があります。

それも一般的には海外の仮想通貨交換業者を使います。

これはBitFlyer(ビットフライヤー)にはSTEPN(ステップン)関連のトークンであるSOLやBNBの扱いがないからです。

そこでそれらを扱っている海外業者へ送金して、そこからあらためてSTEPN(ステップン)へ送金する必要があるのです。

ではBitFlyer(ビットフライヤー)を省いて、いきなり海外業者を使った送金方法を使えばよいのではと思われる人も多いかもしれません。

しかし、海外業者の大半は日本円を入金できません。

したがって、結局は「BitFlyer(ビットフライヤー)へ日本円を入金してビットコインなどを購入→海外業者へ送金」といったステップが必要になってきます。

どのような送金方法をとろうとも、基本的にはSTEPN(ステップン)への入金には海外業者とBitFlyer(ビットフライヤー)のような国内業者の口座が必須と考えておきましょう。

もっとも、ごく一部の国内業者はSOLやBNBを扱っているため、それらの過程を省略可能との情報も散見されます。

ただ、もちろんSTEPN(ステップン)のいちユーザーとしてそちらも試していますが、なぜかその業者は利用できず、結局は海外業者をあいだに通しています。

より確実な送金方法としてはやはり海外業者を噛ませる方法をおすすめします。

STEPN(ステップン)へのBitFlyer(ビットフライヤー)からの送金方法【海外業者への送金】

STEPN(ステップン)のウォレットへBitFlyer(ビットフライヤー)から資金を送る送金方法をもう少し詳しく見てみましょう。

先ほど触れたとおり、STEPN(ステップン)へ資金を送るためには海外業者を噛ませる必要があります。

そのために、まずはBitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインやリップルなどを調達しましょう。

その際は「販売所」ではなく「取引所」を使いましょう。

販売所は大量の取り引きが迅速にできる一方で手数料が極めて高いからです。

そのうえで、海外業者へ送金しましょう。

STEPN(ステップン)への送金方法でよく使われる業者は「Binance(バイナンス)」か「Bybit(バイビット)」です。

とくにBinance(バイナンス)はSTEPN(ステップン)の大口出資者でもあるため特におすすめです。

STEPN(ステップン)へのBitFlyer(ビットフライヤー)からの送金方法【海外業者から送金】

次は海外業者からSTEPN(ステップン)のウォレットへ送金することになります。

BitFlyer(ビットフライヤー)から送金したビットコインやリップルなどを使って、SOLやBNBを購入しましょう。

ここでもやはり取引所を使いましょう。

その後、STEPN(ステップン)のウォレットアドレスを指定して送金すればOKです。

海外業者とはいえ、BitFlyer(ビットフライヤー)などの国内業者と送金方法自体は同じです。

BitFlyer(ビットフライヤー)から送金できたのであれば、海外業者からSTEPN(ステップン)への送金方法で戸惑うこともないかと思います。

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への送金方法【Transfer】

続いて、逆にSTEPN(ステップン)のウォレットからBitFlyer(ビットフライヤー)への送金方法を見てみましょう。

これは入金の逆をやればよいだけです。

ただ、実はそこに一手間加わります。

STEPN(ステップン)のアカウントにはSpendingとWalletの2種類があり、歩いて稼いだGSTはまずSpendingに保管されます。

しかし、Spendingに外部のウォレットへの送金方法はありません。

そこでまずはSTEPN(ステップン)内部で「Transfer」の操作をおこなってSpendingの資金をWalletへ移動させる必要があります。

その際には若干の手数料がかかりますが、わずか2GSTです。 ここは仕方のないことと諦めましょう。

STEPN(ステップン)からBitFlyer(ビットフライヤー)への送金方法【Trade】

GSTをウォレットへ移したら、次はそれを海外業者の対応するトークンへ変換します。

これもSTEPN(ステップン)内部で完結できます。

WalletにはTradeの機能があるので、そこでGSTをSOLやBNBへ変換できるからです。

その後、海外業者へ送金して、そこからさらにビットコインやリップルを購入。

そしてBitFlyer(ビットフライヤー)宛てに送金すれば完了です。

TransferとTradeを済ませれば、あとはSTEPN(ステップン)への送金方法の逆をするだけです。

少し分かりにくいので最後にまとめておきます。

1.TransferでSTEPN(ステップン)のSpending→Walletへ資金を移す

2.TradeでGSTを他のトークンへ変換する

3.Transfer(To External)で海外業者へ送金する

4.海外業者でビットコインやリップルなどを購入する

5.海外業者からBitFlyer(ビットフライヤー)へ送金する

簡潔にまとめても煩雑な送金方法と言わざるを得ません。

ただ、今のところSTEPN(ステップン)の送金方法の基本は上記のとおりです。

早めに慣れてしまいましょう。

STEPN(ステップン)のBitFlyer(ビットフライヤー)の送金方法 まとめ

STEPN(ステップン)とBitFlyer(ビットフライヤー)間に直接の送金方法はありません。 基本的にはあいだに海外業者を噛ませる必要があります。

一応、直接の送金方法が利用できる国内業者もあるにはあるとされていますが、個人的には利用できませんでした。

STEPN(ステップン)の送金方法ではBybit(バイビット)やBinance(バイナンス)が人気です。

BitFlyer(ビットフライヤー)の口座をこれから作る人は、あわせていずれかの口座も申し込むことをおすすめします。