ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)である程度トークンを貯められたら、いずれは出金することになるはずです。

そして出金先として国内大手のBitbank(ビットバンク)を想定している人もいることでしょう。

しかし、STEPN(ステップン)は海外のサービスゆえ出金方法が難しいのではと思われる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法の概要

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への直接の出金方法はありません。

STEPN(ステップン)で用意できるトークンはBitbank(ビットバンク)で扱いがないからです。

そのため、あいだに別の業者を挟んで、そこでBitbank(ビットバンク)の受け取れるトークンへ変える必要があります。

全体の流れをざっくり挙げると以下のようになります。

1.STEPN(ステップン)でGSTを別のトークンに変える

2.STEPN(ステップン)から海外業者へ出金する

3.海外業者でBitbank(ビットバンク)の対応するトークンを購入する

4.海外業者からBitbank(ビットバンク)へ出金する

STEPN(ステップン)の出金方法でよく使われる業者はBybit(バイビット)かBinance(バイナンス)です。

特にBinance(バイナンス)は日本ではいまひとつの知名度ですが、世界的には超大手です。

また、実はSTEPN(ステップン)の大口出資者でもあります。

特にこだわりがなければSTEPN(ステップン)の出金方法にはBinance(バイナンス)の利用がおすすめです。

なお、Bitbank(ビットバンク)ではなく、とある国内業者を使えば海外業者を介さない出金方法もできなくはありません。

ただ、個人的にはなぜか利用できませんでしたし、同じような声もチラホラ聞かれます。

やはり安定した出金方法としては海外業者を噛ませる方法をおすすめします。

ではここからは各ステップに分けてもう少し詳しく見ていきましょう。

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法【Transfer】

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法の初手はGSTの移動です。

STEPN(ステップン)で稼いだGSTはまずSpendingアカウントと呼ばれる消費専用のアカウントに保管されます。

そのままでは外部へ出金できないので「Transfer」機能を用いてそこからWalletへ移す必要があります。

Transferには一律で2GSTの手数料がかかります。

たいした金額ではありませんが、なるべくならまとまった数量をTransferしましょう。

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法【Trade】

次の手順ではWalletへ移したGSTを「Trade」機能を用いて海外業者の対応するトークンへ変えます。

この段階でBitbank(ビットバンク)対応のトークンに変換できれば話しは早いのですが、今のところは不可能です。

ここでは海外業者を意識しておきましょう。

選択肢はいくつかありますが、SOLやBNBなど自分の利用するレルムに応じたトークンにしておけば無難です。

今回もそれらを用いた出金方法を前提とします。

なお、ここでいうTradeは、一般的な仮想通貨交換業者での取り引きに準じます。

一見するとSTEPN(ステップン)内部の処理のようですが、実際はSTEPN(ステップン)の運営するDOOARと呼ばれる取引所を介した取り引きをしています。

そのため若干の手数料がかかるのでそこは注意しておきましょう。

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法【海外業者へ出金】

海外業者の対応するトークンを用意できたら次はいよいよ出金です。

これはWalletの「Transfer(To External)」を使います。

具体的な出金方法は一般的な仮想通貨交換業者のそれと同じです。

海外業者の入金アドレスを指定して出金を依頼しましょう。

繰り返しになりますが、ここで指定するアドレスはBitbank(ビットバンク)ではなく中継する海外業者です。

誤ってBitbank(ビットバンク)のアドレスを指定するとトークンを失ってしまうので要注意です。

なお、この手順でもやはり若干の手数料がかかります。

STEPN(ステップン)は出金方法にかぎらず、他のアクションでも少しずつ手数料がかかります。

全額出金するのではなく、少し残額には余裕を持たせておくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法【Bitbankへ出金】

STEPN(ステップン)から海外業者へSOLやBNBを出金できたら、次はそれでBitbank(ビットバンク)の対応するトークンを購入します。

一般的にはビットコインやリップルが使われます。

それらが用意できたら、ようやくBitbank(ビットバンク)への出金です。

海外業者といえども、出金方法は一般的な仮想通貨交換業者と同じです。

Bitbank(ビットバンク)の入金アドレスを指定して出金を依頼しましょう。

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法の時間

なにごともなければSTEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法にはたいした時間はかかりません。

全体を通して1時間とかからずBitbank(ビットバンク)のウォレットへ着金するはずです。

ただ、仮想通貨の出金方法にはどうしてもトランザクションの状況が絡んできます。

状況次第では各ステップ数時間~1日程度かかることも珍しくありません。

また、STEPN(ステップン)内部でのTransferやTradeも同様です。

その場合は一時的に、あたかも出金対象のトークンが失われたように見えることもあります。

これは時間が経てば正常に反映されるので落ち着いて待ちましょう。

ちなみに、これはSTEPN(ステップン)やBitbank(ビットバンク)特有の問題ではなく、仮想通貨の出金方法全般で起こりうる状況です。

個人的にはトランザクションの混雑時は出金そのものを控えることをおすすめします。

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への直接の出金方法はありません。

基本的にはあいだに海外業者を挟む必要があります。

また、出金の場合にはSTEPN(ステップン)内部でTransferとTradeの操作も必要です。

総じて、STEPN(ステップン)からBitbank(ビットバンク)への出金方法は少々面倒と言わざるを得ません。

ただ、それでもこの出金方法が今のSTEPN(ステップン)ではごく一般的なやり方です。

早めに慣れてしまいましょう。