ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)を使うためには特定の仮想通貨を送金する必要があります。

それによく利用される業者のひとつがBinance(バイナンス)です。

そこで今回はSTEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法の概要

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法の概要は以下のとおりです。

1.国内業者からBinance(バイナンス)へビットコインなどを送金

2.Binance(バイナンス)でSOLを購入

3.Binance(バイナンス)からSTEPN(ステップン)へ送金

国内業者が絡んでくるのはBinance(バイナンス)へは日本円を直接入金できないからです。

そのため、日本円を国内業者へ入金してビットコインを購入し、Binance(バイナンス)へ送金する方法が一般的です。

そして、同じようにSTEPN(ステップン)もまた日本円を直接送れる送金方法はありません。

したがって、Binance(バイナンス)でSTEPN(ステップン)の対応しているSOLを購入してから送る方法が一般的に使われます。

なお、Binance(バイナンス)はクレジットカード入金にも対応していますが若干の手数料がかかります。

送金方法だけを考える場合はそれでも良いですが、最終的にSTEPN(ステップン)から出金することを考えるといずれ国内業者は必要になってきます。

どうせ遅かれ早かれ必要になるのですから、はじめから国内業者を絡ませた送金方法を覚えておくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法【国内業者→Binance(バイナンス)】

国内業者からBinance(バイナンス)への送金方法はそこまで難しくありません。

どの業者を使おうと、Binance(バイナンス)の入金アドレスを指定して送金するだけです。

この送金方法の基本はSTEPN(ステップン)へ向けた送金のときも同じです。

STEPN(ステップン)にもまた固有の入金アドレスがあるので、そちらを指定することになります。

入金アドレスというと難しいイメージがしますが、要するに銀行振込でいうところの振込先口座番号のようなものにすぎません。

振込先口座番号もそうですが、仮想通貨の入金アドレスも「送金元」ではなく「送金先」で調べることになります。

Binance(バイナンス)でも自分のウォレットでアドレスを確認できるので、そちらへ向けて国内業者から送金しましょう。

ちなみに、仮想通貨の送金方法にかかる時間は通貨のトランザクションと業者の仕様によってさまざまです。

一般的には数分から即日で終わりますが、状況次第ではよく数時間から数日かかることもあります。

STEPN(ステップン)への送金を目的にする場合も多少の余裕は見ておきましょう。

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法【SOLを購入】

Binance(バイナンス)のウォレットに資金が用意できたら次はSOLを購入します。

SOLではない通貨を使う送金方法も可能ですが、SOLはSTEPN(ステップン)の基本となる通貨。

やはりこの段階でSOLを入手してしまうのが、もっとも分かりやすくおすすめです。

Binance(バイナンス)の取引所ではSOL/BTCの現物取引を扱っています。

こちらでなるべく有利な価格で取り引きしましょう。

なお、取引所を使わずにクレジットカード決済でSOLを購入する手もありますが、やはり若干高くつきます。

少々分かりにくい部分があるのは否めませんが、できれば取引所を利用しましょう。

補足ですが、今回はSOLの送金方法を前提に解説していますが、STEPN(ステップン)はレルムによって基本となる通貨も異なります。

その場合は自分の所属するレルムごとにSOLの部分を読み替えてお考えください。

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法【STEPN(ステップン)へ送金】

Binance(バイナンス)でSOLを調達できたら、あとはSTEPN(ステップン)へ送金するだけです。

具体的な送金方法は国内業者からBinance(バイナンス)へ送金するときと同じです。 STEPN(ステップン)のウォレットで入金アドレスを確認できるので、そちらへ向けて送金を依頼しましょう。

送金されたSOLはSTEPN(ステップン)のウォレットに保管されます。

ただ、実際にSTEPN(ステップン)のマーケットで使うためにはウォレットからSpendingアカウントへ移動する必要があります。

送金したつもりが、なぜか買い物できないという人はWalletではなくSpendingを確認してみましょう。

なお、先ほどBinance(バイナンス)内部でSOLを使わない送金方法について言及しましたが、その場合はSTEPN(ステップン)のウォレットで変換できます。

たとえば、USDCからSOLへの変換もよく使われます。

実際にSTEPN(ステップン)へ送金するときはそうした最終地点から逆算して考えると若干分かりやすいかもしれません。

STEPN(ステップン)のBinance(バイナンス)を使わない送金方法

STEPN(ステップン)への送金方法に利用できるのはなにもBinance(バイナンス)だけではありません。

対応する通貨を扱えればBinance(バイナンス)以外の業者でも問題ありません。

たとえば、Bybit(バイビット)はBinance(バイナンス)に次いでSTEPN(ステップン)によく使われる業者です。

あるいは最近はFTXやLiquidなども人気です。

残念ながら、仮想通貨の送金方法は利用できる業者も安定しません。

できればSTEPN(ステップン)への送金に使う業者はいくつか確保しておくとよいかと思います。

参考までに、個人的にはSTEPN(ステップン)の送金に関してはBinance(バイナンス)とBybit(バイビット)を併用しています。

一方で、Liquidはなぜかうまく使えませんでした。

実際に利用するときはそうしたことも鑑みて、いくつかの業者を同時に口座開設しておくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)からの送金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)へのBinance(バイナンス)を使った送金方法は意外と難しくありません。

ただ、一般的な仮想通貨の送金方法にくらべるとやはり少々手順が多いのは否定できません。

とはいえ、今のところSTEPN(ステップン)を使うためにこれらの手続きは必須です。

今後、直接日本円を送れる送金方法が実装されるようにも思えません。

多少の手間は仕方がないと諦めて早めに慣れてしまいましょう。