ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)は怪しい?危険性とリスクを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、歩くだけで稼げるということから怪しい詐欺まがいのサービスなのではと思われる人も多いようです。

また、STEPN(ステップン)は莫大な損失を出してしまう危険性のあるものだというイメージを持っている人もいるようです。

そこで今回はSTEPN(ステップン)は怪しいのか、危険性やリスクなどについて分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)は怪しい?危険性とリスクを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は怪しい?どんな危険性とリスクがある?

一部にはSTEPN(ステップン)はポンジスキームと変わらない怪しいサービスだという声もあります。

また、莫大な損失を出してしまう危険性があるとの声も聞かれます。

しかし、これはやや誇張された意見です。

STEPN(ステップン)にポンジスキームのような側面があるのは事実ですが、運営はそうならないように常にシステムを改善し続けています。

また、莫大な損失が出るリスクについては、現在のSTEPN(ステップン)ではまずありえません。

総じて、そうした主張ほど怪しいサービスでもなければ、経済的な損失を出す危険性もほとんどありません。

とはいえ、ひとくちに危険性・リスクといってもそれだけではありません。

そこでここからは、以下のような危険性やリスクがあるのかどうかについて解説していきます。

・STEPN(ステップン)がサービスをやめてしまう可能性

・大きな経済的損失を出してしまう危険性

・詐欺に遭うリスク

なお、STEPN(ステップン)はなにも怪しいサービスではありませんが、仮想通貨関連であることから多少のリスクは免れません。

暗号資産関連につきまとう、トークンの暴落リスクなどはどうしてもあるものと考えておきましょう。

STEPN(ステップン)は怪しい?危険性とリスクはある?【サービス終了】

STEPN(ステップン)が突如としてサービスをやめてしまう危険性はほぼないといえます。

仮にSTEPN(ステップン)がポンジスキームのような怪しいサービスであれば、運営が儲かった段階で雲隠れといったこともありえるでしょう。

しかし、先に触れたようにSTEPN(ステップン)はそうならないように並々ならぬ改善を続けています。

また、現在のSTEPN(ステップン)はすでにBinanceなどの大手取引所の出資を受けています。

日本関連でいえば、LINEグループとの提携も進行中です。

こうした事業環境を見れば、いきなりサービスを終えるリスクがほぼゼロであることは明らかです。

さらにいえば、そうした超大手が怪しい企業と提携するはずもありません。

たしかにSTEPN(ステップン)はまだスタートして間もない企業ですが、すでにかなりの信用を勝ち得ています。

少なくとも怪しい詐欺まがいの企業ではないのは確実といえるでしょう。

なお、海外の投資会社については金融庁の規制によって国内から撤退するリスクも小さくありません。

ただ、STEPN(ステップン)はそもそも投資ではありません。

トークンの現金化が可能である以上は可能性ゼロではないものの、そうした規制による日本撤退リスクもほぼないと考えてよいかと思います。

STEPN(ステップン)は怪しい?危険性とリスクはある?【損失】

かつてのSTEPN(ステップン)では大きな損失を出してしまう危険性がありました。

過去のSTEPN(ステップン)を始めるためには最低でも十数万円の初期投資が必要だったからです。

それにもかかわらず、あるときを境にSTEPN(ステップン)のトークンであるGSTは暴落してしまいました。

これにより、思い切って数十万円以上の投資をした人は残念ながら一瞬にして大きな損失を被ったのは事実です。

STEPN(ステップン)が怪しい、危険というイメージはおそらくここから来ています。

一方で、現在、STEPN(ステップン)を始めるにあたっては数千円もあれば十分です。

万が一にもGSTの価値がゼロになったとしても、ゲームソフトを一本買い切ったようなものです。

また、そもそも仮想通貨関連のサービスである以上はこうしたトークン暴落のリスクは免れません。

存続が怪しいサービスであればなおさらです。

その点、とりあえず現状のSTEPN(ステップン)にそこまでの不安はありません。

これからSTEPN(ステップン)を始めるにあたって、大きな損失を出してしまう危険性を心配する必要はないでしょう。

STEPN(ステップン)は怪しい?危険性とリスクはある?【詐欺】

STEPN(ステップン)自体は怪しい詐欺まがいのサービスを展開する企業ではありません。

しかし、残念ながらSTEPN(ステップン)をダシにした詐欺は徐々に増えてきている印象です。

やり口はいまひとつ見えてきませんが「歩くだけで簡単に稼げる」というような甘い台詞で誘うような人は詐欺の可能性があると考えたほうがよいかもしれません。

実際のところSTEPN(ステップン)が「歩くだけで稼げる」のは間違いありませんが、「簡単」かというと微妙です。

そこをあえて伏せている場合はなにか怪しい魂胆があるかもしれないと見ておきましょう。

ちなみに、投資関連の詐欺でいえば、一般的にライングループなどのコミュニティが悪用されています。

STEPN(ステップン)については公式が運営するDiscordによるコミュニティが存在します。

情報収集するにしても、公式ではない怪しいコミュニティの利用はやめておきましょう。

STEPN(ステップン)は怪しい?危険性とリスクはある?【不正アクセス】

STEPN(ステップン)のセキュリティは今のところ問題ありません。

しかし、挙動の怪しい外部サービスを連携させていると不正アクセスの被害に遭うリスクもゼロではありません。

実は少し前にSTEPN(ステップン)のウォレットからトークンやスニーカーが抜き取られる被害がありました。

そして、これはSTEPN(ステップン)とは無関係の外部ウォレットの連携が原因でした。

とはいえ、その外部サービスは決して怪しいものではなく、界隈ではかなり人気のあるものでした。

今回の件はある程度は避けようのない事故のようなものだったような印象です。

繰り返しになりますが、どうしても仮想通貨関連のサービスにはこうした危険性がついて回ります。

なかなかリスクゼロにするのは難しいですが、常日頃からさまざまな手段を駆使してリスクヘッジを心がけましょう。

STEPN(ステップン)は怪しい?危険性とリスクを分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)は怪しい・危険性の高いサービスという意見も散見されます。

しかし、STEPN(ステップン)はすでに大手企業とも提携しています。

少なくとも有象無象の怪しいサービスではありません。

危険性については、かつては一瞬で大きな損失を出すリスクがあったのは事実です。

ただ、現在のSTEPN(ステップン)にそうしたリスクはほとんどありません。

基本的には安心して使ってなんら問題のないサービスといえます。