ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)はもちろんゲーム感覚で健康を維持するためだけにも効果的です。

しかし、どうせならば効率良くトークンを稼ぐための歩き方やコツを知っておきたいという人も多いはずです。

そこで今回はSTEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツについて分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツの概要

STEPN(ステップン)の歩き方のコツは以下のとおりです。

・適正速度を意識する

・一時停止を活用する

・耐久値を維持する

・なるべく屋外で歩く

これらに注意することで効率良くトークンを獲得できます。

歩き方のコツというと、腕の振り方や歩幅などをイメージする人もいるかもしれませんが、STEPN(ステップン)に関してはそこはあまり影響してきません。

たしかに一般的なランニングやジョギングではそういったポイントはかなり重要です。

しかし、それは主に早く走るため、あるいは身体を壊さないための視点です。

トークンを効率良く稼ぐためにはそれよりはSTEPN(ステップン)のルールをしっかりと把握しておくほうが大切です。

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツ【適正速度】

STEPN(ステップン)で効率良くトークンを稼ぐためには適正速度の考え方が欠かせません。

STEPN(ステップン)で使うスニーカーには以下のような種類があり、どれを使うかによって前提にされている歩き方が違うからです。

・Walker・・・時速1~6Km

・Jogger・・・時速4~10Km

・Runner・・・時速8~20Km

・Trainer・・・時速1~20Km

一見するとWalkerかTrainerが良さそうに見えるかもしれません。

Trainerはたしかに汎用性が高いのですが、そのぶん価格も効果です。

一方、Walkerはのんびり歩きたい人に見えそうですが、そうでもありません。

STEPN(ステップン)の速度計測は体感よりもやや早いように感じられるからです。

身長の高い人は少し早足の歩き方になるだけで案外かんたんに時速6Kmを超えてしまいます。

逆に少し遅いかなと思っても、意外と時速4Kmは超えます。

おそらく多くの人にはJoggerのほうが効率良くトークンを稼げるかと思います。

ちょっとしたコツとしては若干意識的に歩幅を大きく取った歩き方をするとよいかもしれません。

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツ【一時停止】

STEPN(ステップン)はそこまで歩き方を意識せずともトークンを稼ぐ効率は変わりません。

ただ、一時停止機能はぜひとも使うべきです。

どのような速度の歩き方をするにせよ、町中ではどうしても立ち止まらなければならないことも少なくありません。

あるいは少々疲れてしまったので小休憩したいこともあるでしょう。

いずれのケースでも、STEPN(ステップン)は立ち止まるとトークンを稼げません。

それにもかかわらずエナジーは時間で刻々と消費されていくからです。

しかし「一時停止」をすればエナジー消費のカウントをストップできます。

信号機に引っかかったときや、少し休憩したいときなどは忘れずSTEPN(ステップン)は一時停止しておきましょう。

小さいことに見えるかもしれませんが、これは歩き方を意識する以上にトークンを効率良く稼ぐためのコツです。

多少面倒ですが、一時停止はこまめに使っていきましょう。

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツ【耐久値】

STEPN(ステップン)のスニーカーにはさまざまなステータスがあります。

そのうちの耐久値(Durability)を高く維持することも歩き方を効率良くするコツのひとつです。

STEPN(ステップン)で稼げるトークンの効率はEfficiencyのステータスで決まります。

しかし、耐久値が90以下になると徐々にその効率も下がっていきます。

耐久値は歩き方とは無関係に、単純にエナジーを消費するたびに徐々に低下していきます。

一方で、いつでもGSTを消費して回復できます。

歩いたらこまめに耐久値は回復しておきましょう。

若干もったいない気もしますが、長い目で見れば結局は効率良くなります。

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツ【屋外推奨】

STEPN(ステップン)はできるだけ屋外で使うことも効率良くトークンを稼ぐ歩き方のコツといえます。

というのも、STEPN(ステップン)はGPSで移動を把握しているからです。

屋内でも基本的には問題ありませんが、やはりGPSの精度も下がってしまいます。

なるべく無駄を出したくない人はやはりできるだけ屋外でSTEPN(ステップン)を使いましょう。

なお、小さなコツとして、できれば直線を増やそうという情報も散見されます。

たしかにどういった歩き方をするにせよ、カーブは減速しますし移動距離も若干短くなりがちです。

ただ、経験上、直線を意識してもそこまで効率良く稼げるような印象はありません。

これはそこまで注意する必要はない気がします。

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツは変わる

もちろんSTEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツは他にもあります。

しかし、それらが今後も通用するとはかぎりません。

なぜならSTEPN(ステップン)はアップデートで大きくルールが変わることがあるからです。

たとえば、直近のアップデートではHPのステータスが新たに追加されました。

このHPは回復手段もかぎられており、基本的にはHP切れとともに新たなスニーカーの調達が推奨されているような印象です。

とすると、今後はHPの減少をなるべく抑える歩き方のコツが重要になってくるでしょうし、あるいはスニーカーのミントを重視した戦略を考える必要も出てくるでしょう。

全体的に、STEPN(ステップン)は単なる歩き方だけではなく中長期的な運用方針までも検討する必要性が高まっています。

効率良くトークンを稼ぎたい人はそうしたルールの変更は織り込んでおきましょう。

ただ個人的には、これらのアップデートは健康増進を主目的、トークンの獲得は二の次といった人を軽視しているように思えます。

これらについては今後のアップデートでの改善を期待したいところです。

STEPN(ステップン)の歩き方を効率良くするコツを分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)は歩き方のコツをおさえるといくらか効率良くトークンを稼げます。

たとえば、適正速度を意識したり一時停止を活用したりするのは非常に効果的です。

あるいはこまめに耐久値を回復するのも重要なコツです。

ただ、最近のSTEPN(ステップン)は歩き方のコツを意識するよりはルールをしっかりと把握するほうが重要になっています。

効率良くトークンを稼ぎたい人は、そうした変更は逐次しっかりと確認しておきましょう。