ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)は原則的にスマホアプリで利用します。

したがって、まずはその使い方が分からないことにはどうしようもありません。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方【入手方法】

STEPN(ステップン)のスマホアプリは普通のアプリとまったく同じ方法で入手できます。

iPhoneの人はApple Storeから、Androidの人はGoogle Playから入手しましょう。

もちろん無料ですし、起動までの使い方も一般的なアプリと同じです。

ただし、現在のSTEPN(ステップン)はスマホアプリを有効化するために別途アクティベーションコードが必要です。

アクティベーションコードは他のSTEPN(ステップン)ユーザーから教えてもらうか、公式Discordで取得できます。

ただ、Discordのアクティベーションコードは一日あたりの発行数にかぎりがあり、すぐに他の人に取られてしまうため入手難度も高めです。

周囲にSTEPN(ステップン)をしている人がいればその人から、そうでなければSNSなどに善意で公開している人のアクティベーションコードを使わせてもらうことをおすすめします。

また、友人知人であれば、あわせて詳しい使い方をレクチャーしてもらうのもおすすめです。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方【開始方法】

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方は全体的にそれほど難しくありません。

実際に歩く際には利用するスニーカーを選んでから「START」をタップするだけです。

スタートをタップするとカウントダウンが開始され、0になれば開始です。 基本的な使い方は本当にこれだけです。

あとはスマホアプリを起動したまま歩けば自動的に距離に応じてトークンを獲得できます。

ただし、STEPN(ステップン)でトークンを稼げる時間にはかぎりがあります。

時間とともにエナジーが消費していき、エナジーが尽きるとGSTは獲得できなくなります。

信号などで歩けないときはいったん「一時停止」してエナジーの消費をおさえておきましょう。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方【ミステリーボックス】

STEPN(ステップン)は歩いているとGST以外にもまれにミステリーボックス(宝箱のようなもの)を獲得できます。

獲得したミステリーボックスはスマホアプリ上に表示されますが、入手したら開ければよいというものでもありません。

ミステリーボックスを開封するためにはGSTを消費するからです。

消費するGSTは時間とともに減少していくので、よほどすぐに開封したいのでなければ1~2日は寝かせておきましょう。

ただ、ミステリーボックスからはジェムやミントスクロールなどのアイテムがドロップしますが、ハズレの場合はGSTです。

それもたいていは開封するコスト以下のGSTしか出ません。

状況次第ではあえて開封しないという使い方もありかもしれません。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方【アイテム管理】

STEPN(ステップン)はスマホアプリ上から保有するスニーカーなどを管理・確認できます。

たとえば「スニーカー」は保有するスニーカーの確認や修理などに使います。

エンハンスは保有する複数のスニーカーを掛け合わせて新たなスニーカーを作成する機能。 ジェムにも似たような使い方をする機能があります。

基本的にSTEPN(ステップン)はスマホアプリでほとんどの操作をすることになります。

このあたりの基本的な使い方はおさえておきましょう。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方【売買】

以前のSTEPN(ステップン)のスマホアプリにはマーケットプレイスがありました。

そして、そちらでスニーカーやジェムの売買ができました。

しかし、アップデートによってそちらのマーケットプレイスは廃止。

スニーカーの取り引きは専用のウェブサイト上でおこなわれることとなりました。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方を調べるとこのマーケットプレイスの解説も多く見つかるかと思いますが、現在はデフォルト状態では利用できません。

「地球」のアイコンからURLを登録すれば以前と同じような使い方ができます。

このあたりは率直にいって説明不足です。

おそらくはじめてSTEPN(ステップン)のスマホアプリを使う人の多くは使い方以前の問題で「そもそもマーケットプレイスがない」と困ってしまうかと思います。

はじめてスマホアプリを使う人はまず最初に登録しておきましょう。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方【入出金】

STEPN(ステップン)のスマホアプリは口座管理も兼ねています。

上部に表示される領域をタップすると詳細を確認できます。

スマホアプリで管理できるトークンは「GST」「GMT」「SOL(BNC)」の3種類。

SOLに関しては利用するレルム次第で変わりますが、GSTとGMTは共通です。

そして、スマホアプリのウォレットは「SPENDING」と「Wallet」で想定される使い方が異なります。

SPENDINGはスニーカーやジェムを購入したりするためのもの。

ウォレットは単なる保管領域です。

実際にスニーカーを購入したい人は「Transfer」でSPENDINGへ資金を移動してから使いましょう。

正直なところ、このあたりのウォレットの使い方はやや分かりにくいかもしれません。

この点はSTEPN(ステップン)の運営にはできれば早めに改善してもらいたいところです。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方【履歴の確認】

もちろんSTEPN(ステップン)のスマホアプリからはアカウント管理などもできます。

また、基本的な管理以外にも意外と便利な使い方も可能です。

たとえばTotal Distanceからはこれまで歩いた距離やコース、獲得GSTなどを確認できます。

あるいはActivation Codeでは獲得したアクティベーションコードを確認して他の人に教えられます。

ただし、Daily donationはまだ実装されていない機能です。

STEPN(ステップン)のスマホアプリにはこうした今後の実装を見据えた部分もいくつか見られます。

なぜか機能しない、使い方が不明というときは実装済みかどうか調べてみましょう。

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のスマホアプリの使い方を全体的に解説してきました。

基本的にはSTEPN(ステップン)のスマホアプリはよくできており、日本語化されていないにもかかわらず直感的な使い方ができます。

ただ、一方でマーケットプレイスがなくなったり未実装の機能があったりと若干の分かりにくさがあるのは否めません。

また、STEPN(ステップン)はいまもなお頻繁にアップデートを重ねており、スマホアプリの使い方にしても微修正がみられます。

アップデート後は都度、詳細を調べ直すようにしましょう。