ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)の一足の効率・いくら稼げるかを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そんなSTEPN(ステップン)を始めるには専用のNFTスニーカーが必須です。

とはいえ、スニーカーの購入には費用がかかるため、まずは一足から始めてみようかという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)を一足で始めた場合の効率や実際にいくら稼げるのかについて分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)の一足の効率・いくら稼げるかを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)の一足の効率は良くない

STEPN(ステップン)で使うスニーカーを一足に留めるのはおすすめできません。

実際にいくら稼げるのかは状況次第で変わるものの、基本的には一足と複数運用とでは雲泥の差が出ます。

というのも、1日あたりにSTEPN(ステップン)を使える時間は主にスニーカーの保有数で決まるからです。

一足運用の場合、利用できる時間はわずか10分程度。

いくら稼げるのかはGSTのレート次第ですが、良くて数百円といったところです。

それもかなり楽観的な見積もりをしてです。

実際には一足運用の効率では1日あたり数十円程度が関の山でしょう。

STEPN(ステップン)を使える時間はスニーカーの保有数3足以上から段階的に増えていきます。

これからSTEPN(ステップン)を始めるという人であっても、効率を考えればできれば3足以上の運用を強くおすすめします。

STEPN(ステップン)は一足の効率でいくら稼げるのか

STEPN(ステップン)の一足運用で実際にいくら稼げるのか、現状の環境で簡単にシミュレーションしてみましょう。

先に触れたとおり、一足運用でSTEPN(ステップン)を利用できる時間は1日あたり10分程度です。

そして、10分程度の利用で稼げるトークンは多くて20GSTといったところです。

実際に一足運用の効率でいくら稼げるのかはスニーカーのステータスでも左右されますが、かなり楽観的な想定で20GSTくらいです。

そのGSTのレートは現在6.3円でした。

ということは、一足運用でSTEPN(ステップン)を使って1日あたりに稼げるトークンは日本円換算で「20GST×6.3円=126円」です。

10分で100円強と考えると、たいていの地域の最低時給さえ下回る効率です。 実に寂しいシミュレーション結果と言わざるを得ないでしょう。

もっとも、STEPN(ステップン)の本来のコンセプトはユーザーの健康増進です。

経済的な利益は副次的なリターンです。

個人的には、いくら稼げるのかといった効率ばかり気にせず、いまはとりあえずゲームを楽しむことを中心に考えておくのをおすすめします。

STEPN(ステップン)の一足の効率でいくら稼げるのかはやり方次第?

STEPN(ステップン)は一足運用の効率でもやり方次第で活路が見いだせるのではと思われる人もいるかもしれません。

実際、やり方次第ではいくら稼げるのかに多少の効率の違いは出てきます。

しかし、それでも基本的な金額が小さすぎるため微々たる違いに過ぎません。

100円強が200円になる程度です。 総じて一足運用の効率は悪すぎます。

冒頭でも解説しましたが、これからSTEPN(ステップン)を始める人であってもなるべく3足以上の運用をおすすめします。

ちなみに、3足のスニーカーを保有するとSTEPN(ステップン)を利用できる時間は20分に増加します。

したがって、単純に倍の効率でトークンを稼げるようになります。

残念ながら、それでもいくら稼げるのかといえば1日あたり数百円がいいところですが、少なくとも最低時給は超えられます。

現状のSTEPN(ステップン)ならば初期投資もたいして必要ありません。

一足運用にこだわらず、基本的には3足以上の運用を検討しましょう。

STEPN(ステップン)の一足の効率でいくら稼げるのかはレート次第なところも

すでにお気づきの人も多いかと思いますが、STEPN(ステップン)でいくら稼げるのかはGSTのレートに大きく依存します。

そのため、仮にGSTのレートが大きく動けば一足運用の効率でもかなり稼げます。

たとえば、STEPN(ステップン)はかなり稼げると言われた時期のGSTは1,000円を超えていました。

その状況でいえば、1足運用で1日あたり20GSTの獲得効率だったとしても日本円換算の利益は実に20,000円。

それもわずか10分程度の利用でです。

それは極端な例だとしても、GSTが100円程度になれば2,000円です。

STEPN(ステップン)が実際にいくら稼げるのかは、やり方次第よりも主にGST次第ということは念頭に置いておきましょう。

STEPN(ステップン)は今後一足の効率でいくら稼げるのか

今後のSTEPN(ステップン)で一足運用の効率でいくら稼げるのか、正確なところは誰にも分かりません。

ただ、かつてのようにGSTが1,000円近くになることはまずないでしょう。

一方で、100円、200円ならばなくはないように思えます。

数十円程度ならば十分にありえます。

そう考えると、楽観的な想定ならば一足運用の効率でも1日あたり1,000円くらいは期待できるかもしれません。

とはいえ、そもそも不確定要素が多すぎます。

基本的には今後のSTEPN(ステップン)でいくら稼げるのかは誰にも分からないと考えおくべきかと思います。

また、これまでのアップデートを見るにSTEPN(ステップン)の運営は一足運用を推奨していないように見えます。

繰り返しになりますが、やはりトークンの獲得効率を重視するのであれば基本的には複数運用を前提に考えておきましょう。

STEPN(ステップン)の一足運用の効率はいくら稼げるのか【原資回収期間】

現状、STEPN(ステップン)は一足運用でも原資回収に3ヶ月程度はかかります。

先ほどいくら稼げるのかシミュレーションした時点のスニーカーの購入費用はおおよそ7,000円程度です。

仮に1日あたり100円稼げるとしても原資回収には「7,000円÷100円=70日」ほどの日数を要します。

毎日は歩けないでしょうから、現実的に考えて3ヶ月程度はかかる計算です。

なお、一足以上のスニーカーを購入する場合は初期投資も増えますが、1日にSTEPN(ステップン)を使える時間が増えるためGSTの獲得効率は飛躍的に上がります。

そうした意味でもやはりSTEPN(ステップン)は一足運用ではなく複数運用を前提にすることをおすすめします。

STEPN(ステップン)の一足の効率・いくら稼げるかを分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)の一足運用の効率はよくありません。

実際にいくら稼げるのかはGSTのレートに大きく依存しますが、今ならばよくて100円~200円といったところです。

また、これまでのアップデートを見るにSTEPN(ステップン)の運営はスニーカーの複数運用を推奨しています。

これからSTEPN(ステップン)を始めるという人も、一足運用ではなく3足以上からのスタートをおすすめします。