ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)の送金方法・送金手数料・送金時間を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、どのような方法ですればいいの?

送金手数料や送金時間がどのくらいかかるのかも知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、ビットコインの購入をはじめ、さまざまな目的で利用されます。

仮想通貨(暗号資産)の送金方法・送金手数料・送金時間を分かりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、さまざまな目的で利用されますが、いずれもウォレットからウォレットへの送金方法であることには変わりありません。

銀行送金とは異なる特徴を持つ仮想通貨(暗号資産)ですが、送金手数料や送金時間も同じく異なります。

ここでは仮想通貨(暗号資産)の送金方法や送金手数料、送金時間について詳しく見ていきましょう。

仮想通貨(暗号資産)の送金方法

仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、以下の通りです。

まずは送金元のウオレットの出金フォームページへアクセスしましょう。

併せて送金先のウォレットの入金アドレスページにもアクセスしてください。

ここでは例として、送金元の仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスの出金フォームへアクセスし、コインチェックの入金アドレスによる送金方法をみていきます。

コインチェックの入金アドレスをコピーしたら、バイナンスの出金先アドレス入力欄にペーストします。

出金フォームのその他の欄、仮想通貨(暗号資産)の送金額やここではネットワークなども適宜入力して提出し、バイナンスで出金手続きを完了することで、コインチェックへ仮想通貨(暗号資産)を送金できます。

仮想通貨(暗号資産)トレードのための送金方法がもっともポピュラー

仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、どのような目的で利用されるのでしょうか。

一般的な仮想通貨(暗号資産)の用途は、取引所でトレードを行い、レート差益によって利益獲得を目指す方法です。

その際の仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、取引所のウォレットから他業者のウォレットへ行うのが一般的です。

仮想通貨(暗号資産)決済するための送金方法も利用できる

もうひとつの仮想通貨(暗号資産)の用途は、商品を購入した際の代金決済に利用する方法です。

お店が仮想通貨(暗号資産)の支払いに対応していれば、送金方法によって決済することができます。

商品の代金支払い方法も、仮想通貨(暗号資産)取引所同士の送金方法と同じく、アドレスやQRコードを使用した送金方法で行います。

仮想通貨(暗号資産)の送金方法は個人間でも可能。併せて知っておきたい保管方法

そもそも仮想通貨(暗号資産)は、現金による送金方法をスムーズに行うために行われたため、個人間の送金方法も可能です。

仮想通貨(暗号資産)の保管方法に使用するウオレットも、取引所内のウオレット・電子ウオレット専門サイト・USBでオフライン管理できるウオレットなどさまざまな方法があります。

ウオレット間の送金方法も、取引所への送金方法と同じように送金アドレスやQRコードを使用して行います。

仮想通貨(暗号資産)の送金手数料

仮想通貨(暗号資産)の送金手数料は、以下の通り仮想通貨(暗号資産)の種類やウォレットを持つ取引所ごとに異なります。

各取引所でトレードできる通貨はほぼ送金可能で、仮想通貨(暗号資産)の銘柄ごとに送金手数料は異なります。

たとえばビットフライヤーのビットコインの送金手数料は、日本円で400円相当になります。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)0.0004BTC 0.005ETH XRP無料など
  • Bitbank(ビットバンク)0.001BTC 0.005ETH 0.15XRPなど
  • Coincheck(コインチェック)0.001BTC 0.01ETH0.15 XRPなど

しかも世界中のどこへ送金しても、ビットコインの送金手数料はたった400円相当額で送金できるのです。

銀行による海外送金と比較してみましょう。

現金を銀行で海外送金するときの手数料は、最低2,000円程度です。

さらに送金元と送金先の銀行が提携していない場合は、もうひとつ銀行を経由しなければいけないパターンもあり、送金手数料が4,000円発生するパターンもあります。

仮想通貨(暗号資産)の送金方法の魅力は、送金手数料の安さです。

特に海外送金を多くご利用の方にとって、仮想通貨(暗号資産)の送金方法は重宝すると言えるでしょう。

前述した通り仮想通貨(暗号資産)は、現金によるわずらわしい送金をスムーズに行うために開発されました。

さらに送金手数料を抑えることができるのも大きな魅力と言えます。

仮想通貨(暗号資産)の送金時間

仮想通貨(暗号資産)の送金時間は、基本的に10分です。

ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)は、ブロックチェーン技術を採用しています。

ブロックチェーンとは、仮想通貨(暗号資産)の取引データを記録しておくものです。 データの記録はマイナーが検証を行うマイニング作業を経て、取引データをひとまとめにしブロックに記録されます。

ブロックの生成はおおよそ10分で、1ブロックにかかるマイニングも10分ですので、基本的な仮想通貨(暗号資産)の送金時間はおおよそ10分です。

ただしデータ量が多かったり、マイナーの人数がすくなかったりすると、マイニングに時間がかかってしまいます。

よって仮想通貨(暗号資産)の送金時間は確実に10分で完了するとは限りません。

仮想通貨(暗号資産)の銘柄やマイニングによって送金時間を担出できる

逆を返せば、ユーザーの多いビットコインの送金時間よりも、ユーザーの少ないアルトコインを送金したほうが送金時間は短縮されやすい傾向があります。

しかもアルトコインの中には送金向けに開発されている通貨もあるため、ビットコインよりもスピーディに送金することが可能です。

  • XRP(リップル):送金時間はたったの10秒。PoC技術により承認時間を大幅に短縮
  • BCH(ビットコインキャッシュ):ブロック生成時間はBTC(ビットコイン)と同じだが、32倍のデータ格納サイズを誇るため送金時間の遅延を防ぐ

仮想通貨(暗号資産)の送金手数料は取引所ごとに異なり、その一部がマイナーに支払うマイニング手数料です。

ユーザーは送金手数料を上乗せして送金することで、送金時間を短縮することができます。

同じ仮想通貨(暗号資産)でも取引所ごとにマイニング手数料は異なります。

送金手数料が多いほどマイナーにとって魅力的であるため、優先して処理を行います。

よって仮想通貨(暗号資産)の送金時間を短縮することにつながると言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の送金方法・送金手数料・送金時間を分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、インターネットを通じて行われるため、国内外関係なく送金手数料や送金時間を抑えることができます。

差益売買だけでなく、代金決済や個人間送金にも便利な仮想通貨(暗号資産)は非常に便利でお得です。

仮想通貨(暗号資産)の送金方法を日常生活でぜひお役立てください。