ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングは、どのように始めたらいいの?

そもそも仮想通貨(暗号資産)取引所でスキャルピングは認められているの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

将来性を見込んで仮想通貨(暗号資産)を保有する方がいる一方、仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングで積極的に利益獲得を狙いたい方もいるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)はボラリティが高いため、スキャルピングに向くと言われています。

ここでは仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングに興味がある方に向けて解説していきます。

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングを分かりやすく解説

スキャルピングとは、数秒から数秒の超短期トレードを繰り返し行い、小さな利益を積み上げて大きな儲けにする投資手法です。

一般的にスキャルピングは上級者向けの手法と言われ、初心者には難しいと考えられています。

主にスキャルピングは外貨FXのトレード手法として活用されていますが、仮想通貨(暗号資産)ではできるのでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)でもスキャルピングは認められている?

仮想通貨(暗号資産)でもスキャルピングは認められています。

ただし仮想通貨(暗号資産)取引所が、認めている場合に限り、スキャルピングをすることができます。

多くの仮想通(暗号資産)取引所はスキャルピングを認めているため、ぜひチャレンジしてみましょう。

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングのメリット

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングのメリットは、トレード時間が短くて済むことです。

1回あたりのトレードは、長くてもほんの数分で終了するため、チャートに張り付く時間が短くて済みます。

仕事中や睡眠中に発生した相場急変によるロスカットリスクがないことも、超短期トレードであるスキャルピングのメリットです。

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングのメリットは、日をまたいで発生するスワップポイント負担がないこともあげられます。

小さな利幅を狙うスキャルピングでは、少しでも手数料負担を抑えたいため、スワップ負担がないのもメリットのひとつと言えます。

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングを成功させるコツ

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングを成功させるコツは、取引所選びが大きくかかわってきます。

取引所選び以外にもスキャルピング成功させるコツがありますので、解説していきましょう。

スキャルピング成功のコツは仮想通貨(暗号資産)販売所ではなく取引所を選ぶ

まず仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングを成功させるコツは、大前提条件ととして販売所ではなく取引所を選ぶことです。

販売所と取引所では、仮想通貨(暗号資産)を売買する相手が異なります。

まず販売所は仮想通貨(暗号資産)業者を相手に売買する一方、取引所は取引所を利用するユーザー同士でトレードします。

販売所と比較すると、市場価格で売買できる取引所はお得に仮想通貨(暗号資産)を買ったり売ったりできます。

また販売所よりも取引所のほうが仮想通貨(暗号資産)のスプレッドを抑えることができるため、スキャルピングに適しています。

スキャルピング成功のコツはスプレッドが狭い仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶ

スプレッドとは、ひとつの仮想通貨(暗号資産)の買値と売値の差額をさし、トレードコストとして発生します。

スキャルピングは短期間に多くのトレードを繰り返して、小さな利益を大きく積み上げていく手法です。

注文や決済回数が多いスキャルピングは、その都度スプレッドが発生するため大きな負担になりがちです。

デイトレードはやスイングトレードではそれほどスプレッドを重視する必要はありませんが、スキャルピングのスプレッド負担は利益に直結するため、少しでも狭い取引所を選ぶことが大切です。

そもそもスキャルピングは、小さな利益を狙うため、利益以上のスプレッドが発生してしまうと利益獲得できません。

少しでもスプレッドが狭い取引所を選ぶことが、仮想通貨(暗号資産)のスキャルピング成功のコツです。

レバレッジ取引できる仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶのもスキャルピング成功のコツ

せっかくスキャルピングをするのなら、レバレッジ取引できる仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶとよいでしょう。

レバレッジ取引とは、証拠金を担保に証拠金の数倍の金額でトレードする手法をさします。

数倍の資金でトレードできることからハイリターンが見込めるため、短期で利益獲得を狙うスキャルピングで役立ちます。

金融庁に認可されている国内仮想通貨(暗号資産)取引所では、最大4倍のレバレッジ取引ができるため、スキャルピングで活用するとよいでしょう。

空売りできる仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶのもスキャルピング成功のコツ

空売りとは「高く売って安く買い戻す」投資方法で、売りからはじめことから「ショート」「信用取引」とも呼ばれ、スキャルピングでも活用できます。

本来「安く買って高く売る」ことで利益獲得を目指す方法は、上昇相場でなければいけません。

空売りは下降相場でも注文できるため、短期間に注文を繰り返すスキャルピングでも注文の機会を増やすことができ、効率よく利益獲得を目指せます。

ただしレバレッジ取引を扱っている仮想通貨(暗号資産)中には、空売りに対応していない取引所もありますので業者の特徴を見極めてください。

損切りを徹底するのも仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングのコツ

スキャルピングは短期トレードですので、ボラリティが高い仮想通貨(暗号資産)はトレードに適しています。

値動きが大きい通貨ほど、利益を狙いやすいからです。

ただしボラリティが高いため、大きな利益が狙える一方、大損の可能性も否めません。

スキャルピングではこまめに損切りすることを心がけ、大きな損失を防ぐことがトレードのコツです。

明確な損切りの基準は設けられていないものの、安全なトレードの目安として証拠金に対し1%の損失が発生したら損切りするように提唱するトレーダーは多いです。

損切りを始め、仮想通貨(暗号資産)でスキャルピングする際は、トレードルールを決めて守ることも大切です。

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングを解説しました。

短時間トレードを繰り返し、で小さな利益を積み上げて、大きな利益獲得を狙うスキャルピングは仮想通貨(暗号資産)でも可能です。

国内仮想通貨(暗号資産)取引所の多くもスキャルピングに対応していますので、興味がある方は試してみるのもよいでしょう。

Zaif・DMM Bitcoin・GMOコイン・Bitbank・bitFlyerなどはスキャルピングに対応しています。

スキャルピングは利益が小さい一方、大きな損失になりかねないリスクを抱えていますので、慎重にトレードしてください。