ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)ってなに?

レンティング(貸仮想通貨)サービスを行う仮想通貨(暗号資産)取引所はどこなの?

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)のやり方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

仮想通貨(暗号資産)トレードのしくみが難しい、専門知識が必要で敷居の高さを感じる方の中には、レンディング(貸仮想通貨)に興味をお持ちの方もいるはずです。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)は、第三者へ仮想通貨(暗号資産)を貸し出し、貸出手数料を稼ぐ方法です。

一般的な「安く売って高く売る」ことで売買の差益を狙う仮想通貨(暗号資産)トレードよりも、レンディング(貸仮想通貨)はシンプルな方法で利益獲得を目指すことができます。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)とは?

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)とは、自分が保有する仮想通貨(暗号資産)を取引所へ貸し出し、貸付利息を稼ぐ方法です。

貸付期間と金額に応じて、レンディング(貸仮想通貨)で獲得できる利息が異なり、長期的かつ高額の仮想通貨(暗号資産)を貸し出すほど獲得できる利息が増えます。

貸出側の視点では、レンディング(貸仮想通貨)で貸し出した仮想通貨(暗号資産)は取引所へ貸していると考えますが、実は取引所は仲介役にすぎません。

レンディング(貸仮想通貨)で貸し出した仮想通貨(暗号資産)は、実質的に取引所で信用取引を行う他のユーザーへ貸し出されます。

売り注文から始める信用取引は、保有していない仮想通貨(暗号資産)を先に売る注文からはじめるため、一時的に通貨を借りなければいけません。

このとき他者が貸し出しているレンディング(貸仮想通貨)の資金が信用取引の売り注文にあてられるため、取引として成立します。

信用取引で発生する手数料の一部が、レンディング(貸暗号通貨)の利息にあてられるため、仮想通貨(暗号資産)を貸し出すことで利益を獲得できます。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)サービスを提供する取引所

仮想通貨(暗号資産)を貸し出すレンディング(貸仮想通貨)は、どの取引所でも利用できるわけではありません。

国内でレンディング(貸仮想通貨)を提供する取引所は、以下の通りです。

  • Coincheck(コインチェック)
  • Bitbank(ビットバンク)
  • GMOコイン

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)取引所 Coincheck(コインチェック)

Coincheckはレンディング(貸仮想通貨)を提供する、国内で代表的な仮想通貨(暗号資産)取引所です。

レンディング(貸仮想通貨)できる銘柄は、Coincheckで取り扱われている全仮想通貨(暗号資産)で可能です。

年率は貸出期間ごとに異なり、14日で1%・30日で2%・90日間で3%・180日4%・365日で5%の5タイプで可能です。

レンディング(貸仮想通貨)の貸し出し数量は、下限1万円以上で上限は設けられていません。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)取引所 Bitbank(ビットバンク)

Bitbankのレンディング(貸仮想通貨)できる銘柄は、取り扱いのある全仮想通貨(暗号資産)です。

レンディングの貸出期間は1年に規定され、最小1BTCから1%、5BTCから2%、10BTC以上で3%です。

Bitbankのレンディング(貸仮想通貨)は、満期を迎えていなくても途中解約が可能で、5%の解約手数料が発生します。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)取引所 GMOコイン

GNOコインのレンディング(貸仮想通貨)可能な銘柄は、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップル・ネム・ステラルーメン・ベーシックアテンショントークン・OMGです。

レンディング(貸仮想通貨)のプランは2種類で、年率と貸出期間で異なり、1ヶ月で1%、3ヶ月で3%、最小0.1BTCから可能です。

GMOコインのレンディング(貸仮想通貨)も途中解約可能で、その際解約手数料として償還時に受け取り予定額の10%が発生します。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)のやり方

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)のやり方を解説しましょう。

まずはレンディング(貸仮想通貨)したい取引所で口座開設を済ませます。

トレード用の取引口座だけでなく、レンディング(貸仮想通貨)専用アカウントと口座開設する取引所の場合は、引き続き手続きを済ませましょう。

レンディング(貸仮想通貨)する仮想通貨(暗号資産)を購入するやり方は、取引所へ日本円を入金し、現物取引で仮想通貨(暗号資産)を購入してください。

最後にレンディング口座へ仮想通貨(暗号資産)を移動し、レンディング(貸仮想通貨)する銘柄・数量・年利や期間を設定し申し込みを行います。

設定した満期を迎えることで、仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)で利益を獲得できます。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)のメリット

仮想通貨(暗号資産)でレンディング(貸仮想通貨)するメリットは、預けるだけで利息を獲得できることです。

銀行に預けることを考えると、おおよそ100倍近くの利息を獲得できる可能性が高いのは、レンディング(貸仮想通貨)の大きなメリットと言えるでしょう。

またトレード差益による仮想通貨(暗号資産)取引は、チャート分析で過去の相場から今後の動きを予測し、利益獲得のためのエントリーポイントや利確ポイントを見極めなければいけません。

同時に仮想通貨(暗号資産)はボラリティが高く、相場を動かしている大口投資家の動きや半減期などの深い知識も必要になるため、初心者がトレード利益を獲得するのには大きな労力と時間がかかるでしょう。

さらに仮想通貨(暗号資産)トレードは、確実に利益獲得できるわけではない一方、損失に転じる可能性もあります。

レンディングは仮想通貨(暗号資産)の深い知識や分析方法ができなくてもほぼ確実に増やすことができるのは大きなメリットです。

個人間での仮想通貨(暗号資産)の貸し借りでは持ち逃げされるリスクが高いですが、取引所を経由するため安心して貸し出せるのもレンディング(貸仮想通貨)の大きなメリットでしょう。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)のデメリット

一方、仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)のデメリットは、価格変動リスクがあることです。

仮想通貨(暗号資産)の大暴落があった場合は、損をしてしまう可能性もあることは大きなデメリットでしょう。

売却したいと思ったときに満期日までレンディング(貸仮想通貨)を解約できない取引所では、大きな損失を招いてしまいます。

レンディング(貸仮想通貨)で利用した取引所が破綻した場合、取引所が貸し付けた仮想通貨(暗号資産)が返還されない可能性もあります。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)にはデメリットもありますので、開始前にきちんと契約書や利用規約をご確認ください。

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)は、チャート分析や深い仮想通貨(暗号資産)の知識なく投資できるサービスです。

現物で仮想通貨(暗号資産)を保有したい場合、少しでもお得にするためにレンディング(貸仮想通貨)すればコツコツ利息を稼ぐことができます。

レンディング(貸仮想通貨)をご利用の際は、仮想通貨(暗号資産)できる取引所であるのかをご確認のうえご利用ください。