ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)のおすすめを分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄はどれなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

仮想通貨(暗号資産)には、ビットコインから主要なアルトコイン、マイナーな草コインなどさまざまな銘柄が存在ます。

いざ仮想通貨(暗号資産)を始めようと思っても、初心者にはどの銘柄がおすすめなのか、わかりませんよね。

ここでは仮想通貨(暗号資産)のおすすめの銘柄の選び方とともに、おすすめの仮想通貨(暗号資産)を解説していきます。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめを分かりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄を知るためには、個々でどのような投資結果を求めるのかによって異なります。

ハイリスクハイリターンを狙うのか、ローリスクローリターンを狙うのか、求める結果が異なれば、おすすめの仮想通貨(暗号資産)は変わってきます。

もちろんローリスクハイリターンを期待できるのが、仮想通貨(暗号資産)投資においてベストな結果が得られますが、初心者には判断できないのが実情でしょう。

結論を申し上げると、誰にでもおすすめの仮想通貨(暗号資産)は存在しません。

そこでここでは将来性が期待できるおすすめの仮想通貨(暗号資産)はどれなのか、選び方と銘柄について解説していきましょう。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの銘柄の選び方

まず初心者におすすめしたい将来性が期待できる仮想通貨(暗号資産)の選び方は、以下の3ポイントです。

  • 仮想通貨(暗号資産)の発行元の信頼性
  • 市場における仮想通貨(暗号資産)の流動性
  • 仮想通貨(暗号資産)のボラリティの高さ

ではひとつづつみていきます。

仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄の選び方は発行元の信頼性

仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄の選び方は、発行元の信頼性、すなわち第三者機関からの審査で承認されているコインです。

金融庁は仮想通貨(暗号資産)に一定の審査基準を設け、安全性や信頼性を保証したうえで、ホワイトリストに掲載します。

ホワイトリストに掲載された仮想通貨(暗号資産)は、信頼性や安全性が保証されますが、あくまでも「ハイリスクの可能性が低い仮想通貨(暗号資産)として考えられる」ということです。

仮想通貨(暗号資産)投資におけるリスクが0になったわけではなく、確実に利益に結び付くわけではないことにご注意ください。

ホワイトリストの確認方法は、金融庁ホームページの「暗号資産交換業者登録一覧」の「取り扱う暗号資産」で確認できます。

おすすめの仮想通貨(暗号資産)は市場における流動性の高さ

仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄の選び方は、市場における流動性の高さです。

市場における流動性は、時価総額が大きいほど高くなります。

時価総額は、仮想通貨(暗号資産)の信頼度や安全性に結びつくため、おすすめの仮想通貨(暗号資産)の選び方として重要と言えるでしょう。

時価総額の確認方法は、タイムリーな仮想通貨(暗号資産)上場を実現するバイナンスを親会社として抱える、コインマーケットキャップのデータが参考になります。

コインマーケットキャップは、仮想通貨(暗号資産)データを発信する、世界でもっとも知名度の高いウェブサイトです。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの銘柄の選び方はボラリティの高さ

仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄の選び方は、ボラリティの高さです。

ボラリティは値動きを示しており、レート差益を狙う仮想通貨(暗号資産)でボラリティがない仮想通貨(暗号資産)では、利益を獲得するのが難しいです。

各仮想通貨(暗号資産)のボラリティは、チャートで確認することができます。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの銘柄トップ3

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの銘柄の選び方がわかったところで、実際にどの仮想通貨(暗号資産)がおすすめなのかを解説します。

発行元の信頼性と市場における流動性の高さを中心に、2020年11月28日現在のデータをもとに独自の視点でおすすめの仮想通貨(暗号資産)をみていきましょう。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめ ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は仮想通貨(暗号資産)投資を始めるのに、もっともおすすめの銘柄です。

仮想通貨(暗号資産)が認知されるきっかけとなったビットコイン(BTC)は、仮想通貨(暗号資産)の代表的存在と言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)はブロックチェーン技術によって開発され、非中央集権のもと管理されています。

仮想通貨(暗号資産)の中でもおすすめの理由は、ビットコイン(BTC)はグローバル通貨や決済手段として将来性が期待されていることでしょう。

また仮想通貨(暗号資産)界の基軸通貨として考えられており、アルトコインの価格は少なからずビットコインの価格と連動していると言われていることも、投資対象としておすすめする理由です。

時価総額においても2位のイーサリアムの6倍を誇ることから、仮想通貨(暗号資産)投資においてビットコインはおすすめの銘柄と言えます。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめ イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、アルトコインでもっとも代表的な仮想通貨(暗号資産)なひとつとして考えられています。

スマートコントラクト技術を採用するイーサリアム(ETH)は、取引や契約を実行したり、その履歴を記録したりします。

主にアプリ開発に用いられている技術によって開発されたイーサリアム(ETH)は、将来性が期待できるため、仮想通貨(暗号資産)投資におすすめと言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめ リップル(XRP)

リップル(XRP)もイーサリアム(ETH)と並ぶ、アルトコインでもっとも代表的な仮想通貨(暗号資産)のひとつとして注目されています。

低コストでの送金を短時間で決済できる技術を採用し、リップル(XRP)の送金時間はたった数秒と、ビットコイン(BTC)以上の送金時間を実現しています。

すでに多くの国際金融機関で導入されていることから将来性が期待でき、仮想通貨(暗号資産)投資対象としておすすめです。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめを分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)のおすすめする銘柄の選び方や、おすすめの銘柄について解説しました。

おすすめの仮想通貨(暗号資産)は、この後もビットコインキャッシュ(BCH)、リンク(LINK)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)と続き、どれも発行元の信頼性や時価総額そしてボラリティが高く、将来性が期待できます。

また国内の仮想通貨(暗号資産)取引所では、信頼性や安全性に重きを置く銘柄を中心に扱っているため、取扱状況によっておすすめの仮想通貨(暗号資産)がどれであるのかを確認できます。

時期によって仮想通貨(暗号資産)の時価総額やボラリティは異なるため、投資を行う際に個々にご確認することをおすすめしましょう。

仮想通貨(暗号資産)バブルから現在にかけてもなお頻繁に売買されているビットコイン・イーサリアム・リップルは、主要コインとして不動の地位を確立しているため、投資対象として特におすすめです。