ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)の今後や将来性の予想を分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)は今後、価格が上がるの?

そもそも仮想通貨(暗号資産)に将来性はあるの?

今後の将来性を予測し、仮想通貨(暗号遺産)を買うべきかを考えたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

仮想通貨(暗号資産)ブームが去り価格が下がってしまったビットコインには、今後将来性は見込めないのでしょうか。

さまざまな観点から、仮想通貨(暗号資産)の今後の将来性や予測について解説していきます。

仮想通貨(暗号資産)の今後や将来性の予想を分かりやすく解説

結論から申し上げますと、仮想通貨(暗号資産)の今後を予測すると、まだまだ将来性があると言えます。

一方、仮想通貨(暗号資産)バブルが去った今、ビットコインの今後や将来性はもう期待できないと予測する方も少なくありません。

仮想通貨(暗号資産)投資だけに目を向けると、すでにビットコインブームは過ぎ去ってしまったかのように感じてしまいます。

しかし仮想通貨(暗号資産)の技術や実用化に目を向けて今後を予測すると、大きな将来性が期待されます。

仮想通貨(暗号資産)の今後や将来性を予想すると明るい

仮想通貨(暗号資産)は今後の見通しが明るく、将来性があると予測できます。

世界中の金融やITエンジニアなどの専門家も、今後の仮想通貨(暗号資産)の将来性について明るいと公言しています。

また大手企業や金融機関も、将来性を予測する内容のレポート作成や、実際に仮想通貨(暗号資産)を保有するなどして備えています。

一方仮想通貨(暗号資産)を2017年から2018年にかけて認知度を定着させた、流行の投資方法としてだけしか認識している方も少なくありません。

現在では将来性はおろか、今後の仮想通貨(暗号資産)において将来性の見込みはないと、根拠なく予想する方もいるのが事実です。

たしかに流行は去ってしまったものの、ブームが去ってしまった今後こそが、仮想通貨(暗号資産)の本質が問われ、今後の将来性が決まると言えるのではないでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)の今後の将来性が明るいと予想できるのは以下のようなことであり、ブロックチェーン技術によるものです。

  • ブロックチェーンは改ざんされにくいシステム
  • 仮想通貨(暗号資産)は非中央集権制であるため不正を働きにくい

仮想通貨(暗号資産)のブロックチェーンは、法定通貨のように国や政府が管理する機関が存在しません。

ひとつの機関でしか管理しないシステムは不正が発生する可能性がありますが、仮想通貨(暗号資産)は複数のコンピュータで管理を行います。

よって不特定多数の方がトランザクションを確認でき、不正が起きにくい環境である仮想通貨(暗号資産)は、今後の将来性は明るいと予想されます。

仮想通貨(暗号資産)の将来性を予想し今後投資を始めるべき理由

仮想通貨(暗号資産)の将来性を予測し、今後投資を始めるべき理由について解説していきましょう。

大手企業の参入から仮想通貨(暗号資産)の将来性が予想できる

前述の通り、金融やIT専門家の見解からも、今後の仮想通貨(暗号資産)の将来性が予想できますが、大手企業の仮想通貨(暗号資産)への参入も、将来性を期待する大きな理由のひとつです。

たとえばCoincheckはマネックスに買収されていますし、楽天・SBI・DMM・GMOなどの大手企業も仮想通貨(暗号資産)取引所の運営を行っています。

今後も仮想通貨(暗号資産)は利益を狙いやすく将来性が期待できる

仮想通貨(暗号資産)はボラリティが高いため、今後の投資においても利益獲得を狙いやすいです。

レート変動が大きいため、将来性を狙わなくても仮想通貨(暗号資産)は短期相場でハイリターンを期待できます。

将来性を予想し長期トレードを行えばそれだけ価格変動が発生し、仮想通貨(暗号資産)トレードの利益が大きくなります。

今後の将来性の予想として、過去の仮想通貨(暗号資産)のレート変動を確認してみましょう。

2017年当初は10万円だったビットコインが、年末には200万円以上の値上がりをみせています。

一時はレートが50万円台まで下がったものの、ふたたび2020年から価格が上がり始め11月後半には190万円台に達し、わずか7ヶ月程度で150万円近くの値上がりをみせています。

今後もさらに仮想通貨(暗号資産)のレートは上昇し続ける見込みですので、遠くない将来性にも期待できるでしょう。

4年に一度到来すると考えられている半減期が、価格変動に影響を与えていると考えられていますが、周期的に利益を狙える仮想通貨(暗号資産)は将来性が期待できると予想できます。

もちろん今後の仮想通貨(暗号資産)の実現化も期待されることからも将来性が期待できます。

仮想通貨(暗号資産)は下落相場でも利益を狙いやすい

下落相場からも利益を狙えることも、今後仮想通貨(暗号資産)の将来性が、予想できる要因のひとつと言えるでしょう。

証拠金を担保にFXトレードできる仮想通貨(暗号資産)取引は、上昇相場だけでなく空売りによって「先に売って安く買い戻す」ことができます。

仮想通貨(暗号資産)の価格が下がっても利益を狙えるのは、投資方法として今後も将来性が予想できる大きな理由と言えます。

今後の将来性は仮想通貨(暗号資産)の投資方法が増加傾向にあることからも予想可能

仮想通貨(暗号資産)の投資方法が着実に増加傾向にあることから、今後の将来性が予想できます。

現物取引が主流だった仮想通貨(暗号資産)バブルを経て徐々に価格が下がり始めると、少しでも多くの利益を目指そうとレバレッジ取引であるビットコインFXが主流となりました。

現在では定着しつつあるレバレッジ取引ですが、つづいて仮想通貨(暗号資産)投資のリスクを抑えようと、投資信託いわゆるビットコインETFの動きがみられています。

今後は分散投資を意識し低リスクによる投資が期待されいっそう利用しやすくなることからも、仮想通貨(暗号資産)の将来性が予想できるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の将来性を左右する問題点

将来性が期待される仮想通貨(仮想通貨)ですが、まだまだ実用化においては問題点が山積みです。

今後問題点を解決することで、仮想通貨(暗号資産)の将来性は飛躍的に高まるでしょう。

たとえば海外送金における手数料を安くスピーディに送金できる仮想通貨(暗号資産)は、将来性が期待される一方、現段階では取引所の混雑状況によって送金時間がかかってしまいます。

そのような理由から、決済手段として仮想通貨(暗号資産)を活用する企業が少ないのが現実です。

2008年にリリースされた仮想通貨(暗号資産)は歴史が浅いため税制が整備されておらず、雑所得扱いになるため税金負担が大きくのしかかってきます。

ハッキング被害なども相次いでいることから、仮想通貨(暗号資産)の実用化は、今後の大きな課題と言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の今後や将来性の予想を分かりやすく解説まとめ

今後の仮想通貨(暗号資産)の将来性をあらゆる観点から予想してみました。

送金手段として法定通貨では実現できない仮想通貨(暗号資産)の将来性は非常に大きい一方、まだまだ問題は山積みです。

しかし問題を解決することで、仮想通貨(暗号資産)の実用化や投資における将来性は比較的に高まることも予想されます。

今後の進展は大きな注目ポイントと言えるのではないでしょうか。