ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いを分かりやすく解説

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いっていったいなに?

これから仮想通貨(暗号資産)を買いたいとお考えの方は、このようにお考えですよね。

国内の仮想通貨(暗号資産)サービスでは、販売所と取引所があり、ふたつの違いについてよくわからない方も多いはずです。

こちらでは販売所と取引所のメリットやデメリットにふれながら、ふたつの違いについて解説していきます。

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いを分かりやすく解説

俗に言われる「仮想通貨(暗号資産)取引所」とは、主に仮想通貨を売買する場所をさします。

国内取引所で仮想通貨(暗号資産)を売買できるのが「販売所」と「取引所」で、ふたつには明確な違いがあります。

一方、販売所と取引所の共通点は、インターネット上のサービスであることでしょう。 販売所または取引所でアカウント登録と口座開設を完了し、身分証明書などの本人確認書類を提出を完了し承認されると、すぐに仮想通貨(暗号資産)を買うことができます。

口座開設の完了すると、仮想通貨(暗号資産)の購入だけでなく、自分の資金や買った仮想通貨(暗号資産)を保管する場所、いわゆる販売所や取引所のウオレットも利用できるようになります。

販売所や取引所で仮想通貨(暗号資産)を買う場合は、ウオレットに日本円を入金し、買いたい銘柄と数量を選択して行います。

これから仮想通貨(暗号資産)を購入して保有してみたいとお考えの方に向けて、販売所と取引所のどちらを利用すればよいのか、ふたつの違いについて解説しましょう。

また基礎知識として販売所・取引所問わず、仮想通貨(暗号資産)の購入だけでなく売却もできることを、ふたつの共通点として覚えておきましょう。

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いは取引する相手

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所のもっとも大きな違いは「誰と取引するのか」です。

販売所は仮想通貨(暗号資産)業者から直接購入するのに対し、取引所は同じ取引所を利用するユーザーから購入することが、もっとも大きな違いでしょう。

具体的には、販売所はあらかじめ提示されている価格で仮想通貨(暗号資産)を購入することができます。

一方取引所は、装備されている板情報に「仮想通貨(暗号資産)をいくらで買いたい」と注文を提示し、それを見た売りたいと考えるユーザーが売り注文を出し、マッチングさせることで買うことができます。

ようするに販売所はネット通販、取引所は株やFXを行う証券会社のようなイメージであるのが、ふたつの大きな違いです。

もっと掘り下げてふたつの違いを比較すると、販売所は確実に仮想通貨(暗号資産)を売買できるのに対し、取引所は売買を希望するユーザーがいない場合は注文が成立しないこともあげられます。

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いはスプレッド差

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いとして、スプレッド差にも注目です。

比較すると、販売所のスプレッドは広く、取引所は狭いのがふたつの違いです。

スプレッドとは、ひとつの仮想通貨(暗号資産)の買値と売値の差額をさし、購入や売却の取引コストの一部として考えられています。

たとえばビットコインの買値が100万円・売値が99万円のときのスプレッドは1万円となります。

注文を出した時点で、すでにスプレッドぶんである1万円を超える利益を出さなければ儲けを獲得できないことが決まっています。

一方、買値100万円・売値95万円だった場合のスプレッドは5万円ですので、利益獲得に5万円を超える額が必要です。

スプレッドは手数料ではないものの、販売所や取引所で売買を発注するたびに発生するトレードコストなのです。

販売所は取引所と比較して、スプレッドが広いから損をしてしまうとお考えの方もいるでしょう。

しかし販売所と取引所を比較すると、ほしい仮想通貨(暗号資産)を確実に、かつ瞬時に手に入れられるのは、取引所にはない販売所のメリットであり、ふたつの違いと言えます。

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いは取扱銘柄数

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いは、業者によって異なるものの取扱銘柄数の差です。

比較すると販売所は仮想通貨(暗号資産)の取扱銘柄数が多いのに対し、取引所は少ない傾向にあるのが、ふたつの違いと言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所には売買方法や注文方法にも違いがある

前述の通り、仮想通貨(暗号資産)の販売所はシンプルに「業者から買う」「コインを保有している場合は業者へ売る」という方法で売買します。

一方比較してみると取引所は、成行注文や指値注文などの注文方法を選択できることから、販売所にはない違いがあります。

成行注文はすでに板情報に掲載されている他のユーザーの注文と逆注文を行うことで売買を成立させる方法です。

一方指値注文は、板情報に注文を掲載し他のユーザーからの反対売買注文を待ち、マッチングがあった場合に売買成立する注文方法です。

これらの注文方法は販売所ではできない方法であり、注文方法の使い方によっては利益やトレードコストに差がつく可能性があることは、販売所との大きな違いと言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いは手数料負担

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いは、同じ業者であったとしても発生する手数料が異なることです。

比較してみると、販売所は取引手数料が発生しないのに対し、取引所は成行注文と指値注文に応じた取引手数料が発生するのがふたつの違いでしょう。

成行注文の手数料はTaker(テイカー)手数料、指値注文はMaker(メイカー)手数料と呼ばれ、比較するとTaker手数料のほうが高く設定されている傾向にあります。

中には取引手数料が発生しない業者も存在し、取引所ごとに手数料設定に違いがあります。

前述したとおり、仮想通貨(暗号資産)の売買は取引手数料の他にも、別途スプレッドが発生しますので、総合的に判断する必要があります。

仮想通貨(暗号資産)の販売所と取引所の違いを分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)の販売所は買い物する要領で購入でき、取引所はユーザー同士で価格を提示しあい仮想通貨(暗号資産)を売買できるのが違いです。

スプレッドや取扱銘柄数にも違いがある他、取引所はさまざまな注文方法が用意されており、注文方法に応じた別途手数料が発生するのが、販売所との違いと言えるでしょう。

特徴や違いが異なる販売所と取引所を上手に活用して、仮想通貨(暗号資産)で利益獲得をめざしましょう。