ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)の始め方を初心者に分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)の始め方がよくわからない。

初心者でも仮想通貨(暗号資産)の始め方がわかるように解説してほしい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

初心者でも仮想通貨(暗号資産)を始められるのか、疑問を抱えている方に向けて始め方を解説します。

仮想通貨(暗号資産)の始め方を初心者に分かりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)の始め方は、初心者でも難しくありません。

しかし仮想通貨(暗号資産)に興味があっても、どのようなものなのかがわからない

、初心者では始めるのが難しいのでは?とお考えの方も多いはずです。

仮想通貨(暗号資産)とは、法定通貨のように通貨の価値を保証してくれる機関が存在しません。

法定通貨のように紙幣や小銭があるのではなく、暗合データによるデジタル通貨をさし、主にインターネット決済や送金をメインとして活用されています。

同時に仮想通貨(暗号資産)は売買やトレードによって、発生する差額を利益として獲得することもできます。

仮想通貨(暗号資産)の始め方。初心者におすすめの取引所・販売所選び

仮想通貨(暗号資産)の始め方は、まず取引所や販売所選びから行います。

取引所や販売所は、仮想通貨(暗号資産)売買やトレードを行う場所である一方、ビットコインやイーサリアムなどのアルトコインのウオレット機能も兼ね備えています。

初心者におすすめの取引所や販売所は、金融庁認可で日本語表示・販売所を採用している、以下のような国内仮想通貨業者です。

  • Coincheck(コインチェック)
  • Bitbank(ビットバンク)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • Zaif

多くのユーザーの声から、コインチェックは初心者でもわかりやすい仮想通貨(暗号資産)取引所・販売所と評判です。

「日本円の入金」「コイン売却」など、自分が行いたいアクションが文字で表記されているため、初心者でも迷わず利用できるでしょう。

その他の仮想通貨(暗号資産)取引所や販売所も初心者向けですが、取引方法が多いなど初心者にとってはハードルが高いかもしれません。

仮想通貨(暗号資産)の初心者は、コインチェックで慣れたあとに他の業者を利用するのもひとつの方法と言えるかもしれませんね。

仮想通貨(暗号資産)の始め方。初心者にアカウント登録と本人確認を解説

初心者でも使いやすい仮想通貨(暗号資産)取引所・販売所を選択したら、引き続き始め方の手順としてアカウント登録を行います。

登録フォームを表示して、メールアドレスとパスワード、業者によっては個人情報など、指定の項目を記入しましょう。

その他メール認証を行うなど業者ごとに手順が異なりますので、流れに沿って行ってください。

つづいて仮想通貨(暗号資産)取引所や販売所へ、本人確認書類を提出します。

運転免許証などの本人確認書類と、住民票などの住所確認書類をスマホで撮影し、画像をアップロードします。

書類が受理され審査完了後、各仮想通貨(暗号資産)取引所や販売所から承認の口座開設完了メール、または郵便はがきが配信されてきます。

認証コードを入力して、仮想通貨(暗号資産)取引所や販売所のアカウント登録と口座開設がすべて完了します。

仮想通貨(暗号資産)の始め方。初心者に2段階認証を解説

つづいて初心者の方に2段階認証の始め方を解説します。

2段階認証は、仮想通貨(暗号資産)のハッキングを防ぐために、セキュリティを強化する目的で行われます。

まずは仮想通貨(暗号資産)取引所や販売所へログインし、2段階認証設定ページへアクセスし、認証QRコードを表示しましょう。

2段階認証は仮想通貨(暗号資産)取引所や販売所ごとに異なり、電話番号によるSMS認証や二段階認証アプリを利用した方法などから自由に選択します。

仮想通貨(暗号資産)で広く使われているのは、グーグル認証システムを利用した二段階認証です。

二段階認証アプリを各スマホストアから取得し、アプリのスキャナーで仮想通貨(暗号資産)取引所や販売所の認証QRコードをスキャンします。

アプリに表示された6桁のコードを、販売所や取引所の二段階認証コードフォームへ記入し、設定することができます。

これで次回以降の取引所や販売所へのログイン時に、メールアドレスやパスワードと併せて二段階認証を使用し、ログインすることができます。

仮想通貨(暗号資産)の始め方。初心者に入金方法を解説

仮想通貨(暗号資産)の始め方として、引き続き初心者に向け入金方法を解説していきます。

まずは取引所や販売所に日本円を入金しますので、各業者の入金フォームへアクセスしましょう。

銀行振込やコンビニ決済など、業者の入金方法に沿って手続きを行います。

仮想通貨(暗号資産)の始め方。初心者にコインの買い方や売り方を解説

仮想通貨(暗号資産)の始め方として、いよいよ本題であるコインの買い方を解説していきましょう。

基本的に国内仮想通貨(暗号資産)業者は同じ業者であっても、「取引所」と「販売所」が存在します。

初心者の始め方としておすすめなのは、商品を購入したり、不用品を売却したりする感覚で行える販売所です。

ここでは販売所の使い方をみていきましょう。

「安く買って高く売る」ことを基本として、まずは仮想通貨(暗号通貨)を販売所から買います。

各販売所では「コインを買う」「ビットコインを買う」「リップル買う」など、表記されていますので、そちらをクリックします。

チャートで購入価格を確認し、購入したい仮想通貨(暗号資産)の数量や日本円価格など、各取引所ごとに指定された項目を記入しましょう。

「購入」ボタンなどをクリックすることで買うことができます。

手に入れた仮想通貨(暗号資産)は売却できます。

売り方の手順も買い方と同じですが、まずは利益を獲得するために購入価格よりも高くなるように売却してください。

こちらが販売所による始め方のプロセスです。

仮想通貨(暗号資産)の中でもビットコインを取引所 取引所の始め方は、仮想通貨(暗号資産)による決済方法を導入しているお店でも

仮想通貨(暗号資産)の始め方を初心者に分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)の始め方として、売買差益を獲得する方法を初心者に向けて解説しました。

販売所だけでなく、取引所にてユーザー同士で仮想通貨(暗号資産)のトレード(交換)を行うこともできます。

取引所は安く買え、手数料が安いなどのメリットがありますが、板情報などから市場価格を読んでトレードを行わなければいけないため、初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

一方、販売所の売買や日本円の入金は使い方が明確ですので、初心者の仮想通貨(暗号資産)の始め方に適しています。

慣れてきたら他の取引所を開設し、ウオレット間の送金方法やトレードも始めてみてはいかがでしょうか。

特に仮想通貨(暗号資産)の送金方法を知ることで、コイントレードだけでなく、他サービスの商品購入の決済方法としても活用することができますよ。