ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)の現物取引を分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)の現物取引ってなに?

現物取引の他にレバレッジ取引があるけれど、どのように違うの?

仮想通貨(暗号資産)を現物取引してみたいから、やり方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引について疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引を分かりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)の現物取引は、売買方法の基本です。

まずは現物取引をきちんと理解しなければ、仮想通貨(暗号資産)で取引することは難しいと言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引とは?

仮想通貨(暗号資産)の現物取引とは、取引所で仮想通貨(暗号資産)をトレードすることをさします。

取引所は、ユーザー同士で仮想通貨(暗号資産)を売買しあう場所、すなわち市場をさします。

仮想通貨(暗号資産)を売買する場所は、取引所ともうひとつ、販売所が存在します。 販売所は仮想通貨(暗号資産)を販売所から購入したり、売ったりします。

ようするにお店で仮想通貨(暗号資産)を買ったり、売ったりすることと同じだと考えればよいでしょう。

一方、取引所はユーザー同士で売買しあう場所をさし、取引所で仮想通貨(暗号資産)売買することを現物取引と言います。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引で利益を獲得する方法

仮想通貨(暗号資産)の現物取引で利益を獲得する方法は、安く買って高く売ることです。

たとえば1BTC=100万円のときに1ビットコインを買い、レートが101万円に変動したタイミングで売ると1万円の利益を獲得できます。

しかしレートが99万円に下がったタイミングで売ってしまうと、現物取引で1万円の損失が発生してしまうことに注意しなければいけません。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引で利益を獲得する方法は、買ったら売るというプロセスが必要だと心得ておきましょう。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引とレバレッジ取引の違い

取引所で仮想通貨(暗号資産)を売買する方法は、現物取引の他レバレッジ取引もあり、ふたつには違いがあります。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引は注文のたびに決済されるのがレバレッジ取引との違い

現物取引とレバレッジ取引の違いは、仮想通貨(暗号資産)注文の決済が執行されるタイミングです。

前述の通り、仮想通貨(暗号資産)で利益を出すためには「安く買う・高く売る」とふたつの注文が必要です。

現物取引で買い注文すると口座残高から決済が行われ、購入した仮想通貨(暗号資産)を売ることでふたたび売りに対する決済が行われます。

一方、レバレッジ取引で買い注文するといったんポジションを保有する形で注文が反映されるだけで、この時点では口座残高による決済が行われません。

レバレッジ取引は反対売買によって保有するポジションの決済が行われますから、買いポジションを保有する場合は売り注文を行います。

反対売買による売り注文で仮想通貨(暗号資産)トレードの損益が確定し、損益のみが口座残高から決済されます。

注文の都度決済が行われる現物取引に対し、レバレッジ取引は往復注文で決済が執行され口座残高に反映されることが、ふたつの違いと言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引は資金額内の売買に限るのがレバレッジ取引との違い

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違いは、レバレッジにあります。

レバレッジ取引は、証拠金にレバレッジをかけて資金以上の金額でトレードできます。

一方現物取引は、市場価格のまま仮想通貨(暗号資産)取引を行います。

資金額以上の取引ができるレバレッジ取引は、現物取引よりも利益も損失もレバレッジぶんだけ大きくなることが、ふたつの違いと言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引は上昇相場でしか利益獲得できないのがレバレッジ取引との違い

仮想通貨(暗号資産)の現物取引とレバレッジ取引との違いは、利益を獲得できる相場が異なることです。

現物取引は「安く買って高く売る」ことで利益を獲得するため、いったん買い注文で仮想通貨(暗号資産)を手に入れ、なおかつ価格が上がるのを待たなければ売っても利益を獲得できません。

すなわち現物取引は、上昇相場でしか利益を獲得することができないのです。

一方、レバレッジ取引は買い注文からはじめられることはもちろん、証拠金取引である特徴を生かし「高く売って安く買い戻す」すなわち売り注文からでも始めることができます。

ようするに仮想通貨(暗号資産)の下落相場では、まずは売り注文してポジションを保有し、買い注文で決済することで利益を目指せます。

仮想通貨(暗号資産)の相場の方向問わずトレードできるレバレッジ取引は、現物取引よりも利益獲得のチャンスが増えることが、ふたつの違いと言えます。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引のメリット

仮想通貨(暗号資産)の現物取引のメリットは、レバレッジ取引と比較すると、トレード方法やしくみが明確でわかりやすことがあげられます。

現物取引のメリットは、初心者でもわかりやすいことと言えるでしょう。

ではその他の仮想通貨(暗号資産)の現物取引メリットを解説します。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引のメリットは販売所よりも安く買えてスプレッドが狭い

現物取引で仮想通貨(暗号資産)トレードするメリットは、ユーザー同士で売買するため販売所よりも安く買えることです。

また仮想通貨(暗号資産)の売買価格の差額であるスプレッドも、販売所よりも取引所のほうが狭いため、トレードコストを抑えることにもつながります。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引のメリットは買った通貨を自由に使える

仮想通貨(暗号資産)の現物取引で買った通貨は、代金を決済して手に入れるため自分の資産になります。

よって仮想通貨(暗号資産)を保有し続け、レートが上がった時に売って、より大きな売買差益を狙えることがメリットでしょう。

一方、現物取引で購入した仮想通貨(暗号資産)を、決済可能なショップの代金支払いに利用することもできます。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引は幅広い用途で使えるのが、大きなメリットと言えます。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引のやり方

仮想通貨(暗号資産)の現物取引のやり方は、まず国内取引所でアカウント登録と本人確認を行い口座開設を済ませましょう。

口座開設を完了したら取引所へ日本円を入金し、現物取引で仮想通貨(暗号資産)を買います。

現物取引のやり方は取引所へアクセスし、買いたい仮想通貨(暗号資産)を選択し、注文フォームで成行注文や指値注文を選択しましょう。

成行注文は数量、指値注文は数量に加えて買いたい価格を記入し、「買い」ボタンで仮想通貨(暗号資産)を買うことができます。

買った仮想通貨(暗号資産)をホールドし、売りたい価格になるまでじっと待ち、売りたい価格になったら売り注文を成行注文や指値注文でオーダーします。

売った価格と買った価格の差が、現物取引の売買差益として発生します。

仮想通貨(暗号資産)の現物取引を分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)の現物取引を解説しました。

レバレッジ取引や販売所での売買と比較すると、現物取引がどのようなものであるかが明確です。

ボラリティが低い相場では現物取引では仮想通貨(暗号資産)で利益を狙いにくいのが、デメリットかもしれません。

2020年11月現在、ビットコインの価格は驚くほどの上昇をみせているため、現物取引で利益獲得するチャンスと言えるでしょう。