ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)のクレジットカードとデビットカードを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)取引所で、クレジットカードやデビットカードを入金や出金に使えるの?

国内取引所で、クレジットカードやデビットカードの入出金に対応している仮想通貨(暗号資産)取引所を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

クレジットカードやデビットカードはキャッシュレスで入出金できるため、仮想通貨(暗号資産)トレードをスムーズに開始できます。

ここでは仮想通貨(暗号資産)のクレジットカードとデビットカードの入金や出金について解説していきます。

仮想通貨(暗号資産)のクレジットカードとデビットカードを分かりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)の入金や出金にクレジットカードやデビットカードを利用すると、入出金手数料無料・即時入金というメリットが得られます。

相場の急変による入金に即対応したい方に、クレジットカードやデビットカードは、非常に役立つ手段と言えるでしょう。

ここでは仮想通貨(暗号資産)のクレジットカードとデビットカードによる入金や出金方法や、やり方などについて解説していきます。

仮想通貨(暗号資産)のクレジットカードとデビットカード入金や出金に対応している取引所はない!?

結論から申し上げますと、クレジットカードとデビットカードの入金や出金に対応している国内仮想通貨(暗号資産)取引所はありません。

残念ながら、現在国内仮想通貨(暗号資産)取引所のほとんどがクレジットカードやデビットカードの入出金を停止しています。

GMOコイン・DMM Bitcoinは、もともとクレジットカードやデビットカードに対応していませんでした。

Zaif・コインチェック・bitFlyerは、以前クレジットカードやデビットカードによる入出金ができたものの、現在はサービスを停止しています。

もともとクレジットカードやデビットカードの入出金対応していなかった仮想通貨(暗号資産)取引所なら利用できない理由が明確です。

しかし過去に利用できたのにサービス停止となってしまった取引所については疑問が残ります。

特に国内大手3社の仮想通貨(暗号資産)取引所が、続々と入出金サービスを停止してしまった理由が気になるところです。

仮想通貨(暗号資産)のクレジットカードとデビットカードによる入金や出金サービスが停止した背景

仮想通貨(暗号資産)取引するためにクレジットカードやデビットカードで入金や出金できたZaif・コインチェック・bitFlyerがサービス停止となってしまった背景をみていきましょう。

まずクレジットカードが国内仮想通貨(暗号資産)取引所で使えなくなってしまった理由は、入金したものの損失によって返金できなくなってしまうパターンが多かったからと言われています。

たしかにクレジットカードは借入限度額までは自由に入金できるため、気持ちが大きくなり多額を証拠金に費やしてしまうパターンは多かったと言えるでしょう。

国内仮想通貨(暗号資産)は、マージンコールによって追証が発生します。

ロスカットをまぬがれるため「もう少し粘れば」と追証を重ねて多額を証拠金に費やしてしまう方も多いと考えられます。

追証を重ねた結果、最終的にロスカットに至ってしまい、借金を背負うパターンも考えられます。 ロスカットによって借金が発生してしまった場合は、当然クレジットカードへ返金することは不可能と言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)トレードで理性が効かなくなってしまうトレーダーが多く存在したことが、クレジットカード入金サービスが停止した理由と考えられています。

一方、デビットカードは銀行口座残高から即時決済されるため、仮想通貨(暗号資産)トレードの入金に利用してもクレジットカードのような問題は発生しません。

しかしクレジットカードとデビットカードはペアであるため、クレジットカードが利用できなくなってしまったことでデビットカードの入出金サービスも停止しています。

ではbitFlyerプリペイドカードが登場しましたが、あくまでも取引所の仮想通貨(暗号資産)を日本円にチャージして外部での買い物などに利用できるサービスです。

仮想通貨(暗号資産)取引所への入金には使えませんので、ご注意ください。

仮想通貨(暗号資産)取引所へクレジットカードとデビットカードで入出金する方法

どうしても仮想通貨(暗号資産)取引所へ、クレジットカードやデビットカードで入出金したいとお考えの方に、いくつか方法を解説します。

クレジットカードとデビットカードを仮想通貨(暗号資産)の入出金に使う方法【1】オンラインウォレットを経由する

まずはオンラインウォレット経由で仮想通貨(暗号資産)取引所へクレジットカードやデビットカードを入出金する方法です。

クレジットカード・デビットカードからオンラインウォレットへ日本円を入金⇒オンラインウォレットで日本円を仮想通貨(暗号資産)に交換し国内仮想通貨(暗号資産)取引所へ入金、という経路で行えば可能です。

オンラインウォレットサービスには、bitwallet(ビットウォレット)やSTICPAY(スティックペイ)などがあり、それぞれ手数料や入金反映時間が異なります。

もっとも人気と考えられているのは、bitwallet(ビットウォレット)ですが、適宜利用しやすいサービスをご利用ください。

クレジットカードとデビットカードを仮想通貨(暗号資産)の入出金に使う方法【2】海外取引所でトレードする

この際、国内仮想通貨(暗号資産)取引所の利用をあきらめて、海外取引所を利用すればクレジットカードやデビットカードの入出金が可能です。

海外取引所の多くはクレジットカードやデビットカードの入出金に対応している業者が多いです。

クレジットカードやデビットカードでの入出金だけでなく、海外取引所はハイレバレッジ・追証なし・ゼロカット制度などによってハイリターンを目指しやすい環境が整っているのが特徴です。

クレジットカードとデビットカードを仮想通貨(暗号資産)の入出金に使う方法【3】あきらめて別の入出金方法を使う

いっそのことクレジットカードやデビットカードによる入出金をあきらめて、他の方法を利用するのも方法のひとつです。

現在の国内仮想通貨(暗号資産)取引所の入金方法は、スピーディに対応できるコンビニ入金やペイジーなどに対応している業者が多いです。

銀行振込による入金方法も、以前と比較するとスピーディで即時対応できるパターンもありますので、クレジットカードやデビットカードにこだわる必要はありません。

仮想通貨(暗号資産)のクレジットカードとデビットカードを分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)のクレジットカードやデビットカードの取扱や入出金方法について解説しました。

入金スピードや手数料無料などのメリットが多いクレジットカードやデビットカード入金ですが、現在のその他の入金方法も負けないくらいスピーディ入金に進化しつつあります。

国内仮想通貨(暗号資産)取引所では利用できないクレジットカードやデビットカード入出金の対応策もいくつか解説しましたので、参考になさってください。