ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201010031241j:plain

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方や使い方はどのようにすればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインやアルトコインのトレードで必要なチャートの見方がよくわからないと言う方も少なくないはずです。

チャートの使い方は、仮想通貨(暗号資産)の値動きを把握するために必要です。

ここでは仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方や使い方を解説しましょう。

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方や使い方は、主にビットコインやアルトコインなど各通貨の過去の値動きを把握するためです。

テクニカルチャート分析に基づいて仮想通貨(暗号資産)の過去の値動きから、今後の動きを予測することが使い方のメインと言えるでしょう。

チャートの見方は仮想通貨(暗号資産)の変動価格をさまざまなパターンで確認でき、たとえば勝ちやすい相場、トレンドの発生などを押さえることができます。

最終的にはエントリーポイントを気極める使い方をするため、仮想通貨(暗号資産)トレードにおいてチャートは必要なツールと言えるでしょう。

チャート分析と同時に知っておきたいのがファンダメンタルズ分析です。 ファンダメンタルズ分析は、仮想通貨(暗号資産)の発行元の財務状況や活動などから発展性をもとに今後の価格を予測します。

同時に為替FXと同じように、世界各国の金融政策や事件などからも影響を受けるため、仮想通貨(暗号資産)のチャート分析と併せてファンダメンタルズ分析は必要と言えるでしょう。

チャート分析とファンダメンタルズ分析については、参考書や専門サイトで知識をつけ、それを前提条件として仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方を解説します。

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方 チャートの表示方法

仮想通貨(暗号資産)のチャートの表示方法の使い方は、コインチェック・DMM Bitcoin・GMOコイン・bitFlyer・Bitbankともに、どの取引所もほぼ変わりません。

各仮想通貨(暗号資産)取引所へログイン後、マイページから取引所ページへアクセスし、さらに各通貨へアクセスすることが、チャートの表示方法の使い方です。

DMM Bitcoinは取引所へログイン後「取引開始」を選択し、取引所ページのメニューからチャートを選択することで、チャートを表示する使い方をします。

仮想通貨(暗号資産)では、取引所だけでなく販売所も用意されていますが、ここでは取引所チャートの見方や使い方について解説します。

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方 チャートの種類をローソク足に変更する方法

まず仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方や使い方を向上させるために、チャートの種類の変更方法としてローソク足に変更しましょう。

チャートの種類の変更方法の使い方はアイコンをタップして、「ローソク足」に変更します。

多くの仮想通貨(暗号資産)取引所では、デフォルトですでにローソク足が設定されているため、そのまま利用して問題ありません。

ローソク足ひとつには、さまざまな情報が盛り込まれていて、チャートの見方や使い方を向上させることができます。

  • 陽線:上昇相場を示し、長方形の底辺が始値・上辺が終値を示す
  • 陰線:下落相場を示し、長方形の上辺が始値・下辺が終値を示す
  • 上ヒゲ:高値を示す
  • 下ヒゲ:安値を示す

陽線と陰線の見方は、各仮想通貨(暗号資産)取引所ごとにローソク足のカラー設定が異なります。

緑や青が陽線だった場合は赤が陰線、逆に赤が陽線だった場合は緑や青が陰線になります。

上ヒゲ・下ヒゲは、長方形から上下に伸びる直線をさしています。

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方 時間足の変更方法

チャートの時間足とは、ローソク足ひとつぶんの時間がどのくらいなのかを変更する使い方ができます。

時間足の変更方法の使い方は、時間足アイコンの中から設定したい時間帯に変更しましょう。

仮想通貨(暗号資産)のチャートで時間足を変更することで、短期相場から長期相場までニーズにあったチャートの価格変動を確認する見方や使い方ができます。

スキャルピングでは短期相場でチャートを確認する使い方が必要だと言われていますが、長期相場も併せて確認するのが正しい使い方です。

幅広い相場の見方ができるチャートの時間足の変更方法も、仮想通貨(暗号資産)において必要不可欠です。

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方 インジケーターの挿入方法

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方を向上させる使い方として、チャート分析の指標となるインジケーターの挿入を行います。

チャートにインジケーターを挿入することによって、仮想通貨(暗号資産)で勝ちやすい価格変動パターンや、買い時や売り時に適した相場など、チャートの見方を向上させます。

今後のトレンドの方向性を探るトレンド系インジケーター「平均移動線」「ボリンジャーバンド」や、現在売られすぎ・買われすぎを示すオシレーター系インジケーター「MACD」「RSI」で相場の転換を探るという見方や使い方がインジケーターでできます。

ただしトレンド系は反応が遅く、オシレーター系は強いトレンドに反応しにくいと言う特徴があるため、ふたつのインジケーターを併用する使い方が一般的と言えるでしょう。

チャートにインジケーターを挿入する使い方は、チャート上の「インジケーター」から選択して挿入してください。

仮想通貨(暗号資産)のインジケーターの種類は非常に多いため、ぜひ参考書を片手に種類や使い方、見方をマスターしてください。

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方 トレンドラインや水平線の挿入方法

インジケーターとならびテクニカルチャート分析の使い方として、トレンドラインや水平線を挿入する方法もあります。

トレンドラインや水平線はチャートのオブジェクト機能のひとつであり、仮想通貨(暗号資産)のチャート分析における機能のひとつです。

まずトレンドラインは、仮想通貨(暗号資産)のトレンドを押さえる使い方をするのが目的です。

一方水平線はトレンドラインを補助する目的でレジスタンスラインやサポートラインを予測する使い方をします。

トレンドラインの引くための使い方は「トレンドライン」アイコンをクリックし、仮想通貨(暗号資産)のチャート上にトレンドラインを引きたい部分をドラッグします。

水平線の使い方は、トレンドラインアイコンをダブルクリックして表示するするなど、隠れているパターンが多いため、探してみてください。

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方と使い方を解説しました。

はじめてチャートを触る方は見方や使い方がわからないため、こちらでは基本的なチャートの使い方を解説しています。

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方や使い方はチャート画面に表示されますので、自分で試してみてご確認ください。

また参考書でテクニカルチャート分析について知識をつけましょう。