ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

GMOコインの逆指値を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200811134136j:plain

GMOコインは4倍のレバレッジが使える国内最大級の仮想通貨(暗号資産)取引所のひとつ。

そのレバレッジを使っていけば少額の資金でも大きなリターンを狙っていけます。

ただ一方でレバレッジ取引(FX)には損切りも重要です。そこで便利な注文方法が逆指値注文です。

しかし、仮想通貨(暗号資産)投資が初めての人の中には逆指値がどういったものかよく分からないという人もいることでしょう。

そこで今回はGMOコインの逆指値について分かりやすく解説していきます。

GMOコインの逆指値を分かりやすく解説

GMOコインの逆指値とは

GMOコインの逆指値とは、ユーザーにとって不利な価格帯を指定する注文方法です。

不利な価格帯とは、「買い注文ならより高い価格」「売りならばより安い価格」です。

通常、GMOコインで利益を出すためには「安く買って高く売る」「高く売って安く買い戻す」ことになります。

こういった注文を指値注文と呼びますが、その逆なので逆指値というわけです。

ただ、普通は逆指値注文で利益は出ません。

GMOコインにかぎった話しではないのですが、逆指値注文は主に損切りに使われる注文方法です。

仮想通貨(暗号資産)FXではもはや必須の注文方法といってよいでしょう。

ただし、逆指値はマーケットの流れを確認してから売買したいというときにも利用できます。

具体的には「現在価格はAだがBまで上昇すればさらにCまでの価格上昇が高確率で期待できる」といったときに価格Bで逆指値注文を入れておくという使い方が可能です。

とはいえ、こうった取り引きはややテクニカルです。

GMOコインが初めての仮想通貨(暗号資産)FXという人は無理にそういった取り引きをせず、逆指値注文は損切り目的で使っていくことをおすすめします。

GMOコインの逆指値のやり方

GMOコインの逆指値のやり方は簡単です。

注文パネル上で「指値」を選び、さらに注文タイプで「逆指値」を選択するだけです。

あとは具体的な注文レートを指定していけば逆指値注文ができます。

GMOコインの「取引所」には複数の注文方法がありますが基本的な逆指値注文のやり方はほぼ同じです。

そのためここでは個別のやり方の解説は割愛いたします。

GMOコインの逆指値のやり方【IFD】

GMOコインには取引所のほかに暗号資産FXというサービスもあります。

そちらでも基本的な逆指値注文のやり方は取引所とほぼ同じです。

ただ、暗号資産FXには取引所では利用できない注文方法があります。

そういった特殊注文についてはやり方も少し違ってきます。

まずはIFD注文で逆指値注文を入れるやり方を見ていきましょう。

GMOコインのIFD注文は新規注文時にあわせて決済注文も発注する注文方法。

執行条件Aの注文が「約定」すると執行条件Bの注文が「発注」されます。

そしてそれぞれの注文に逆指値注文を発注することが可能です。 主に執行条件Aには指値を入れておき、執行条件Bで損切り目的の逆指値注文を入れておくといった使い方をします。

また、逆に執行条件Bに指値を入れておけば利食いになります。

ちなみに、こういった条件付きの指値・逆指値注文はGMOコイン以外の取引所でも利用できるところが少なくありません。

利用が必須というわけではありませんが覚えておいて損はないでしょう。

GMOコインの逆指値のやり方【OCO】

GMOコインのOCO注文は指値と逆指値注文を同時に発注する注文方法です。

Aの指値注文とBの逆指値注文を同時に発注できます。

そしていずれかの注文が約定した場合、他方の注文はキャンセルされます。

「One Cancels the Other」=「片方が他方をキャンセルする」の頭文字をとってOCOと言うわけです。

なお、GMOコインのOCO注文はIFD注文とは異なり、あわせて決済注文を予約することはできません。

GMOコインの逆指値のやり方【IFD-OCO】

GMOコインのIFD-OCO注文でも逆指値注文ができます。

IFD-OCO注文は名前のとおりIFDとOCOを組み合わせた注文方法。

指値または逆指値注文の執行条件が約定すると決済のOCO注文が発注されます。

決済には指値と逆指値注文を同時に入れられるため、利食いと損切りを同時に予約しておけるというわけです。

ちなみに、IFD+OCOはGMOコイン以外の取引所でも利用できるところが少なくありませんが、名称が違う場合があります。

たとえば、BitflyerはIFDOCO、他の取引所ではIFOと短縮されたりもします。

ただ、いずれも指値、逆指値注文の決済を予約できるという機能は同じです。

GMOコイン以外の取引所を使う場合にも活用していきましょう。

GMOコインの逆指値は範囲がある

GMOコインの逆指値注文には注文可能な範囲が定められています。

具体的な範囲は以下のとおり。

・注文レートが発注価格の±50%以上

たとえば、市場価格が100万円時点における50万円以下を指定した逆指値注文は無効です。

このようにGMOコインが逆指値注文の注文価格に範囲をもうけているのは、主に誤発注を防ぐためです。

ただ、価格が半値以上になってから損切りの逆指値注文を入れる状況というのも考えにくいものです。

範囲についてはあまり気にする必要はないかもしれません。

GMOコインの逆指値はスリッページに要注意

GMOコインの逆指値注文は損切りの手段として非常に有用です。

しかし、過信は禁物です。 売買価格を指定する逆指値注文にもかかわらず、必ずしも希望価格で約定するとはかぎらないからです。

実はGMOコインの逆指値注文とは、逆指値(=不利な価格)をトリガーとして有効になる成行注文にすぎないのです。

したがって、逆指値で成行注文が発注されたとしても、そのあいだに一瞬にして価格が変動すれば意図した価格以外で約定されてしまうことがあるのです。

こういった現象はGMOコインに限定せず仮想通貨(暗号資産)の取り引きでは普通に起こるもので、一般的にはスリッページと呼ばれます。

GMOコインにはスリッページをどこまで許容するかの設定がありますが、残念ながらトリガーなしの成行注文かつ暗号資産FX限定の機能です。

逆指値注文ではスリッページの設定はできません。

もっとも、スリッページを許容しない場合、注文はキャンセルされてしまいます。

そもそも損切り目的の逆指値注文の場合はなにより約定することが重要ですからスリッページをゼロにする状況というのもまれでしょう。

そう考えるとGMOコインで逆指値注文のスリッページ設定ができないのもある意味では仕方がないのかもしれません。

GMOコインの逆指値を分かりやすく解説 まとめ

GMOコインの逆指値とはユーザーにとって不利な価格を指定する注文方法です。

指値注文との違いは指定する価格が有利か不利かということだけ。

逆指値注文は主に損切り目的で使いますが、場合によっては新規注文時にも活用できます。

また、GMOコインの暗号資産FXで利用できる条件付き指値注文でも便利に使っていけます。

条件付きの逆指値注文は活用が必須というわけではありませんが、余裕があれば試してみるのもよいのではないでしょうか。