ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

DMM Bitcoinの登録方法(口座開設)を分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201124173420j:plain

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設)ってどうすればいいの?難しい?なにか注意することはある?

仮想通貨(暗号資産)取引を初めてする人であれば、不安でいっぱいかもしれませんね。

この記事では、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設)の手順や必要な書類、二段階認証などを丁寧に解説します。

DMM Bitcoinの登録方法(口座開設)を分かりやすく解説

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設)は、下記の流れで行います。

・メールアドレスを登録する

・確認メールのリンク先をクリックし、ログインパスワードを設定する

・ログインして基本情報を登録する

・本人確認をする ・審査完了を待つ

・二段階認証方式を変更する

では、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設)を手順にそって詳しく説明していきましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設):登録

登録方法(口座開設)の最初の手順は、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の公式ページへアクセスし「口座開設」欄にメールアドレスを入力することです。

するとすぐに確認メールが届きますので、メールに記載されているリンク先をクリックして、ログインパスワードを設定してください。

これで、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のマイページにログインできるようになります。

マイページにログイン後、個人情報の登録方法(口座開設)へと進んでください。

氏名、生年月日、住所、携帯電話番号、職業、投資目的などの基本情報を登録できたら、本人確認を行いましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設):本人確認

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の本人確認の登録方法(口座開設)には、2つの方法が用意されています。

・スマホでスピード本人確認:最短当日で完了、書類1点、顔写真撮影あり

・本人確認書類アップロード:最短2営業日で完了、書類2点、郵送受け取り必要

上記いずれかの登録方法(口座開設)を行って、携帯電話のSMSを通じた認証までをしなければいけません。

すぐにDMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取引を始めたい人であれば、登録方法(口座開設)は「スマホでスピード本人確認」をおすすめします。

この方法であればすべてオンラインで本人確認が終わり、郵送物の受け取りなど面倒なことがありません。

最短で申し込んだ「当日」から仮想通貨(暗号資産)取引ができるようになる登録方法(口座開設)です。

用意する書類は下記の通りです。

・運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、在留カード

いずれかの書類1点と顔写真を指示にしたがって撮影しアップロードしましょう。

すると、AIによる本人確認の審査が始まります。

次に携帯電話のSMS認証をすれば、あとはDMM Bitcoin(DMMビットコイン)から口座開設完了のメールが届くのを待つだけです。

では次に、「本人確認書類アップロード」の登録方法(口座開設)を選んだ場合の手順を説明しましょう。

実は、この場合でもスマホで本人確認の書類を撮影してアップロードする手順から始めます。

この場合に利用できる書類は下記の通りです。

・運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カードまたは特別永住者証明書

・各種保険証、住民票の写し、年金手帳、印鑑登録証明書、その他官公庁から発行または発給された書類

いずれも「氏名・現住所・生年月日」が記載されていればOKです。

ちなみに、マイナンバーカード(個人番号カード)や個人番号が記載されている住民票の写しは、この登録方法(口座開設)での本人確認には利用できませんのでご注意ください。

上記の書類が用意できたら、書類の提出方法で「本人確認書類アップロード」を選択して、書類を「2点」アップロードしてください。

そして「登録する」ボタンを押すと、手続きは完了です。

なお、郵送で本人確認書類のコピーを送付する登録方法(口座開設)はありません。

あとは本人確認の審査が終わり、簡易書留で認証コードがかかれた郵送物を受け取ってログインすれば、登録方法(口座開設)はすべて完了です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設):入金・出金口座の登録

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で本人確認が完了した人は「入金・出金口座」の登録方法(口座開設)に移りましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)へ日本円を入金するには「クイック入金」と「振込入金」の2つの方法があります。

クイック入金できる金融機関数は1000以上あり手数料は一切かかりませんので、おすすめです。

クイック入金の登録方法(口座開設)では、「マイページ」から「入金手続きを開始する」を押し、クイック入金申請画面で銀行名を入力してください。

そのあとは申請した銀行のWebサイトへ移りますので、そこで必要な手続きを行いましょう。

では次に、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で出金口座の登録方法(口座開設)を説明します。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口座から出金する場合、事前に登録した本人名義の金融機関口座にしか出金できません。

「マイページ」「ユーザー情報・各種設定」に入り、「出金口座の銀行口座設定」で指定しておきましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設):二段階認証

仮想通貨(暗号資産)取引ではセキュリティを高めるため、二段階認証の登録方法(口座開設)は必須です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では4種類の認証方式があり、どれか1種類の認証を選んで登録しなければいけません。

・生体認証

・SMS認証

・アプリ認証

・メール認証

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で強く推奨している二段階認証の登録方法(口座開設)は「生体認証」です。

この生体認証を選んだ場合、専用アプリ「Polarify」をインストールしなくてはいけません。

このアプリは「指紋・顔・声」で生体認証しますので、セキュリティが非常に高くなります。

しかも登録した生体情報は暗号化されてサーバーに保存されるのです。

もし、スマホを紛失したとしても別の端末から生体認証してログインできますので安心できます。

2つ目の「SMS認証」は、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)口座を開設したときに設定されているはずです。

このSMS認証でよいのであれば、追加で登録する必要はありません。

このほか、グーグル認証アプリやAuthyを他の金融取引などで利用しているのであれば「アプリ認証」で良いかもしれません。

ただし、スマホ紛失や機種変更のときには手続きが煩雑になってしまいますので、ご注意ください。

それから、4つ目の「メール認証」はメールアドレスとパスワードが漏れてしまった場合、簡単になりすましされる可能性があります。

この4種類の中では一番セキュリティが低いので、利用しない方が良いでしょう。

DMM Bitcoinの登録方法(口座開設)を分かりやすく解説まとめ

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設)を詳しく解説しました。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口座開設は最短当日から数日でできますし、本人確認の方法も手順にそって行えば簡単です。

セキュリティ性が非常に高い生体認証をDMM Bitcoin(DMMビットコイン)では利用できます。

できれば本格的に仮想通貨(暗号資産)トレードを始める前に、二段階認証の方式を変更しておきましょう。