ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

f:id:zero_requiem21:20201124173420j:plain

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)にどのように入金すればいいの全く分からない、何日前までに入金すれば取引できるようになるのかを知りたい…

そんなことでお悩みではないでしょうか。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は大手の仮想通貨(暗号資産)取引所ですので、初めてビットコインを購入する人が多いかもしれませんね。

この記事では、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金方法を中心として、入金手数料や反映時間について分かりやすく解説していきます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、下記の3種類の入金方法があります。

・日本円をクイック入金

・日本円を銀行振込

・仮想通貨(暗号資産)を入庫

それでは、それぞれの入金方法を詳しくみていきましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金方法:クイック入金

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、「クイック入金」による入金方法がおすすめです。

クイック入金には、下記のような特徴があります。

・提携金融機関は1000以上

・入金手数料無料

・24時間リアルタイムに反映される

・最低入金金額は、5000円以上

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のクイック入金の最大の特徴は、1000件以上の金融機関口座から入金手数料が無料でリアルタイムで入金できることです。

他の仮想通貨(暗号資産)取引所でもクイック入金の方法はありますが、提携している金融機関の数は1つだけのところや数行程度しかないところが多いようです。

もしくは、クイック入金方法そのものがない大手仮想通貨(暗号資産)取引所もあります。

その点、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、インターネットバンキングに対応している金融機関であればほぼ対応できているといっても差し支えはありません。

最低入金金額が5000円からという縛りはありますが、インターネットバンキングを利用している人であれば「クイック入金」を第一に考えればよいでしょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のクイック入金方法は、「マイページ」「クイック入金申請」から行います。

銀行名と入金額を入力したあと、各金融機関のインターネットバンキングのサイトへと移りますので、そこで手続きを行ってください。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金方法:銀行振込

インターネットバンキングを利用していない人、ATMから入金したい人は、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)へ「銀行振込」する入金方法があります。

この銀行振込には、次のような特徴があります。

 ・最低金額は決められていない

・振込元の規定の手数料がかかる

・反映時間は最短5分から翌営業日

この場合の入金方法の手順は次のとおりです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の「マイページ」「日本円入金(銀行振込)」を選ぶと、振り込み先の「銀国名・支店名・口座番号・口座名義」などが表示されます。

その表示されたところへ振り込めばよいだけです。

この入金方法では、利用した銀行の手数料はかかりますが、最低入金金額は全く決められていません。

ですので、少額だけでまずはトレードしたい人にも向いています。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金方法:仮想通貨(暗号資産)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)への仮想通貨(暗号資産)の入金方法は、次のように行います。

・入庫アドレスを取得する

・送金元で出庫処理を行う

・二段階認証を行う

まずは、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で仮想通貨(暗号資産)を入金するための「入庫アドレス」を調べましょう。

「マイページ」で「入金・入庫」をクリックし、入庫したい仮想通貨(暗号資産)銘柄を選択してください。

ちなみに、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)に入金できる銘柄は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の3種類のみです。

選択すると、入庫アドレスのQRコードとアドレスが表示されているはずです。

次に現在、仮想通貨(暗号資産)が入っている取引所へログインし、該当する銘柄の「送信先アドレス」を入力するページへと移ってください。

そこにさきほどDMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取得した入庫アドレスを入力して、送信ボタンを押しましょう。

そして二段階認証を行えば、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)への仮想通貨(暗号資産)の入金方法は終わりです。

銘柄ごとに入庫アドレスが変わりますので、操作ミスしないように慎重に入金手続きを行ってください。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金手数料

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のクイック入金で日本円を入金する場合、入金手数料は一切かかりません。

次に銀行振込による入金の場合、振込手続きを行った金融機関の規定の手数料がかかります。

月数回まではATMからの振込手数料が無料といった銀行を利用していれば、もちろん入金手数料はかかりません。

そして、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、仮想通貨(暗号資産)の入金(入庫)に関わる手数料も無料です。

つまり、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金手数料は、基本的にはすべて無料だと考えておけば良いでしょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金の反映時間

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金反映時間は次の通りです。

・クイック入金:即時反映

・銀行振込:順次反映で最短5分

・仮想通貨(暗号資産):最短60分

クイック入金ではリアルタイムですぐに反映されますので、時間はかかりません。

銀行振込の場合は、ウォレット口座に着金してから最短5分の反映時間とのことです。

ほんの数年前までは午後の営業時間内に振込手続きをしても処理が間に合わず、翌日営業日の入金反映時間になってしまうことがよくありました。

最近は、銀行送金のシステムが改善していて、入金の反映時間が早まっています。

銀行によって反映時間は異なりますので、実際に振り込んでみて自分が利用する銀行の反映時間がどれくらいなのかを把握しておくといいかもしれませんね。

それから仮想通貨(暗号資産)の入金(入庫)の反映時間は、最短60分です。

ただし、各銘柄ごとでDMM Bitcoin(DMMビットコイン)まで届く時間は大きく変わります。

リップル(XRP)は早く、ビットコイン(BTC)は遅いと言われています。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)に届いてから、6段階の承認を経てから口座へ反映されます。

仮想通貨(暗号資産)の場合、余裕をもった反映時間を考えておくほうがよいでしょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金方法・入金手数料・反映時間を詳しく解説しました。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、日本円と仮想通貨(暗号資産)で入金ができ、しかもどちらも入金手数料は無料です。

他の仮想通貨(暗号資産)取引所では入金手数料がかかりますので、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はお得だといえるでしょう。