ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法)を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201124173420j:plain

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でビットコインを買いたいけれど、買い方(購入方法)がよく分からない…

どんな注文方法があるの?操作は難しい?

そんなお悩みをお持ちでしょうか。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はストリーミング(成行)注文はもちろんのこと、逆指値やOCO注文が現物取引でできるなど豊富な買い方(購入方法)が評判です。

この記事では、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)での買い方(購入方法)を分かりやすく解説します。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法)を分かりやすく解説

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法):入金

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法)をお伝えする前に、入金方法を説明しましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)への入金方法には、下記の3種類があります。

・日本円をクイック入金

・日本円を振込入金

・仮想通貨(暗号資産)をウォレットや他の取引所から入庫

日本円の入金では、1000以上の金融機関と提携していて、手数料無料で即時反映される「クイック入金」がおすすめです。

もし、インターネットバンキングができないのであれば「日本円入金(銀行振込)」を押すと振込先口座が表示されますので、ATMから振込入金しましょう。

この場合の手数料は別途かかります。

このほか、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)へ仮想通貨(暗号資産)を入庫する買い方(購入方法)があります。

「マイページ」「入金・入庫」を押し、入庫したい仮想通貨(暗号資産)銘柄を選択し、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)への「入庫アドレス」のQRコードとアドレスを表示させてください。

そして出庫元のウォレットまたは他の取引所に移って、「送信先アドレス」に先ほど取得した「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)への入庫アドレス」を入力して送信するだけです。

銘柄ごとにアドレスが変わりますので、慎重に行ってください。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法):ストリーミング(成行)注文

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、現物取引とレバレッジ取引の買い方(購入方法)があります。

どちらの取引でもストリーミング(成行)注文の買い方(購入方法)ができますので、順番に説明しましょう。

現物取引のストリーミング(成行)注文画面を開き、「Bid/売]」または「Ask/買」をタップして、希望する項目を選んでください。

・「売」または「買」、「注文数量」、「スリッページ」、「BitMatchオフ」

ストリーミング(成行)注文での買い方は、注文数量を決めて「注文」ボタンを押すだけです。

では、次にレバレッジ取引(FX)でストリーミング(成行)注文する買い方(購入方法)を説明しましょう。

まず、銘柄名の横をクリックして銘柄選択で「レバレッジ」を押してください。

そのあとの買い方(購入方法)は、下記の項目を入力するだけです。

・「売」または「買」、「注文数量」、「スリッページ」、「BitMatchオフ」、「損切オフまたはオン」

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のストリーミング(成行)注文での買い方(購入方法)は、現物取引でもレバレッジ取引(FX)でも操作は似ていますので、すぐに慣れるでしょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法):BitMatch注文

では次に、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)独自の買い方(購入方法)である「BitMatch注文」について説明しましょう。

BitMatch注文は先ほど説明したストリーミング(成行)注文の一種で、スプレッドが有利になる買い方(購入方法)です。

例えば、スプレッドが1200円の時にストリーミング(成行)注文注文を出したとします。

BitMatchオフの状態の買い方(購入方法)だと、そのまま1200円支払わなければいけません。

しかし、BitMatchをオンにする買い方(購入方法)をするだけで、スプレッドが優遇されて「900円」の支払いだけですむのです。

ただしこのBitMatch注文が成り立つには「発注から30秒以内に売買が成立したときのみ」という条件がつきます。

30秒以内に取引が成立すればスプレッドがお得になりますし、成立しない場合はストリーミング(成行)注文になるだけですので損はありません。

ぜひ、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でストリーミング(成行)注文をする際は、「BitMatchオン」の買い方(購入方法)をしましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法):指値・逆指値注文

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、現物取引でもレバレッジ取引(FX)でも「指値」と「逆指値」の買い方(購入方法)ができます。

買い方(購入方法)は、現物取引またはストリーミング(成行)注文画面をだして、「指値、逆指値」タブを押し、価格を入力するだけです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の現物取引での指値・逆指値の買い方(購入方法)の設定項目は下記のとおりです。

・「売」または「買」、「注文数量」「指値」「逆指値」「注文レート」

概算約定金額を確かめて問題がなければ「確認画面」へとすすみ、注文してください。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のレバレッジ取引(FX)での指値・逆指値の買い方(購入方法)の設定項目は少し増えます。

・「売」または「買」、「注文数量」「指値」「逆指値」「注文レート」「利食オフまたは10万」「損切オフまたは10万」

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の指値・逆指値注文の買い方(購入方法)は注文数量と条件を選ぶだけですので、難しくはありません。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法):その他の注文方法

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法)ではさまざまな注文方法をだせます。

・OCO ※現物取引でもOK ・IFD、IFO、クイック決済、一括決済 ※レバレッジ取引(FX)のみ

まず、OCOとは「One Cancels the Other」の略で、異なる2つの注文を同時にだし、どちらかの注文が通ればもう1つは自動的にキャンセルされる買い方(購入方法)です。

例えば、1BTCを150万円で購入するときに下記の注文をいれておけば、利益確定と損切を同時に設定できます。

・OCO1:180万円で売る指値で利益確定

・OCO2:120万円で売る指値で損切

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のトレードに慣れてきたら、ぜひ、このOCO注文の買い方(購入方法)にチャレンジしてみましょう。

このほか、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のレバレッジ取引(FX)ではさまざまな執行条件をつける買い方(購入方法)を選べます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の買い方(購入方法)を分かりやすく解説まとめ

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、他の仮想通貨(暗号資産)取引所と比べるとさまざまな買い方(購入方法)ができます。

まずはストリーミング(成行)注文や指値・逆指値注文でトレードを始めてみましょう。

そしてDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取引に慣れてきたら、利益を出しやすくするためにOCO注文やIFD注文など買い方(購入方法)にもチャレンジしてみてくださいね。