ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判を分かりやすく解説

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

f:id:zero_requiem21:20201124173420j:plain

仮想通貨(暗号資産)取引を始めてみたいけれど、ハッキング事件が怖い…

安全性が高い取引所はどこ?

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のセキュリティはどうなってるの?本当に大丈夫?そんな不安をお持ちでしょうか。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は日本最大級の仮想通貨(暗号資産)取引所で、セキュリティ対策には定評があります。

この記事では、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判を調べてみました。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判を分かりやすく解説

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判は高い

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判を調べてみました。

・不正アクセスなし

・金融庁から業務改善命令を受けたことがない

・第一種金融商品取引業の登録完了

・資産の分別管理をしている

・365日サポート体制あり

これまで仮想通貨(暗号資産)取引所がハッキングされて、客が保有していた仮想通貨(暗号資産)が流出した事件が何度も起こってきました。

しかし、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、2016年の設立以来、一度も不正アクセスもハッキング事件も起きていません。

しかも、これまで一度も行政処分を受けていない仮想通貨(暗号資産)取引所なので、安全性とセキュリティにいかに力を入れているかが分かるでしょう。

また、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は数々の基準をクリアして、すでに第一種金融商品取引業の登録を完了させています。

この第一種金融商品取引業の登録が完了しているのは、「楽天ウォレット・GMOコイン・DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」の3社のみです。

他のほとんどの仮想通貨(暗号資産)取引所はみなし金融商品取引業者のままですので、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの高さが証明されたといえるでしょう。

次に、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は法令よりも厳しい基準でユーザーの資産を分別管理している点が評判です。

日本円は2営業日以内、仮想通貨(暗号資産)は3営業日以内にDMM Bitcoin(DMMビットコイン)口座とユーザー用口座を分けられます。

万が一、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)が倒産したときでも保全されるますので、安全性は高いです。

このほか、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はユーザーへのサポートを365日行っています。

LINEで連絡できるなど、使い勝手の良さも評判をよんでいます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は会社体制、サポート体制ともに評判は高いといえるでしょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判:出金や出庫

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で出金や出庫する際の安全性とセキュリティの評判を調べてみました。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)が不正アクセスされて、出金処理されてしまう可能性はあるのでしょうか?

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、出金先は本人名義の金融機関口座しか出金できませんし、もちろん家族名義の口座への出金もできない仕組です。

ですので、出金や出庫に関する安全性とセキュリティの評判は良いでしょう。

また、外部対策だけでなく、内部対策も万全です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、仮想通貨(暗号資産)の出庫のときには不正な動きがないか二人体制でチェックしています。

さらに、出庫にかかわる作業工程は2つありますが、それぞれ別の社員が処理しなければいけません。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)への外部からの不正アクセスや不正出金・出庫だけでなく、社内の人間が不正に関われないような体制がとれていますので、安全性とセキュリティは高い評判をとっています。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判:ウォレット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、ウォレットを次のように運用しています。

・ユーザー資産専用のコールドウォレットを保有

・ユーザー資産の95%以上をコールドウォレットに保管

・トレード口座だけでなくウォレット口座を用意

過去の仮想通貨(暗号資産)流出事件では、ホットウォレットに入ったままのユーザーの仮想通貨(暗号資産)が盗まれました。

そこで、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、ユーザーから預かった日本円や仮想通貨(暗号資産)を数日でコールドウォレットへと移動させています。

コールドウォレットからホットウォレットへ仮想通貨(暗号資産)を移動させるときには、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)社員複数の承認が必要です。

つまり、外部からの不正アクセスや不正送金、社内の人間による犯行ができないセキュリティ体制がとれているとの評判です。

このほか、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、トレード口座だけでなくウォレット口座を用意しています。

安全性とセキュリティの面では、各自がハードウェアウォレットやペーパーウォレットを利用するのが一番です。

ですが、実際に何らかのウォレットを用意して資産を移動している人は少ないかもしれません。

仮想通貨(暗号資産)取引所の口座に日本円や仮想通貨(暗号資産)をいれっぱなしにしておくのは危険ですので、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のウォレット口座を利用しましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のウォレットですので、安全性とセキュリティでは次のような評判が見受けられました。

・秘密鍵を失う危険性がない

・ハードウェアウォレットの故障の心配がない

・ペーパーウォレットの紛失や汚損の心配がない

・ウォレット口座とトレード口座の移動が簡単

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のウォレット口座とトレード口座の資産の移動は手数料は一切かからず、しかも即時反映されます。

セキュリティと安全性の評判の高さから考えても、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のウォレット利用を考えてみましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判を分かりやすく解説まとめ

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティの評判を詳しくご紹介しました。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はこれまで一度も不正アクセスなどの事件がなく、他の仮想通貨(暗号資産)取引所に先駆けて第一種金融商品取引業への登録が認められました。

外部からの攻撃だけでなく、社内の人間による不正に対しても万全の体制をとっています。

ですので、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性とセキュリティは高いといえるでしょう。