ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)で送金できない原因と解決方法を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

Coincheck(コインチェック)で送金できない場合の解決方法は、どのようにすればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

Coincheck(コインチェック)で送金操作が進められない、送金してもなかなか反映されない、アプリが動かないなど、送金できない症状にお悩みの方もいるはずです。

こちらではCoincheck(コインチェック)で送金できない原因やその症状、解決方法について解説します。

Coincheck(コインチェック)で送金できない原因と解決方法を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)で送金できない原因は、以下のふたつでそれぞれ解決方法が異なります。

  • Coincheck(コインチェック)の送金ルールや制限を満たしていない、手続きの不備やミス、アプリやデバイスの不具合など、ユーザー側の問題
  • Coincheck(コインチェック)や仮想通貨(暗号資産)側の問題

Coincheck(コインチェック)で送金できない原因をみていきましょう。

Coincheck(コインチェック)で送金できない原因と解決方法:ユーザー側の問題

ユーザー側の問題による、Coincheck(コインチェック)で送金できない原因と解決方法は以下の通りです。

送金できない原因と解決方法:Coincheck(コインチェック)で本人確認を完了していない

Coincheck(コインチェック)で本人確認を完了していないことが、送金できない原因です。

日本円・仮想通貨(暗号資産)のいずれもCoincheck(コインチェック)で本人確認を完了していなければ、送金手続きを進められません。

Coincheck(コインチェック)で本人確認を完了することが、送金できないときの解決方法です。

ただしwebによる本人確認の場合、確認のための郵便はがきが自宅に届かない時点で手続きを行うことも、送金できない原因となります。

アプリによるCoincheck(コインチェック)の本人確認は完了メール配信時に送金できますが、webによる手続きの場合は郵便はがき受け取り時点です。

郵便で到着するまでには日数がかかりますので、Coincheck(コインチェック)からのはがき到着待つことも、送金できない原因のひとつの解決方法と言えるでしょう。

送金できない原因と解決方法:Coincheck(コインチェック)で2段階認証を完了していない

2段階認証を完了していないことも、Coincheck(コインチェック)で送金できない原因となります。

仮想通貨(暗号資産)送金ページへアクセスすると、2段階認証を設定するむねが表示されますので、流れに沿って設定することが送金できない場合の解決方法です。

Coincheck(コインチェック)の2段階認証は、認証アプリをダウンロード、初期設定してからご利用ください。

2段階認証は、仮想通貨(暗号資産)の送金実行時と送金アドレスを追加登録するときに求められますのですみやかに設定し、認証を開始することが送金できないときの解決方法です。

送金できない原因と解決方法:コンビニ入金・クイック入金は入金後7日間は資金移動できない

コンビニ入金またはクイック入金による入金後7日以内の資金移動は、Coincheck(コインチェック)で送金できない原因です。

この場合に送金手続きを行うと「残高が不足しています」と表示されることがあります。

日本円はもちろん、コンビニ入金またはクイック入金による仮想通貨(暗号資産)相当額も、送金できません。

解決方法は、Coincheck(コインチェック)で入金後7日間経過するのを待つしか方法がありません。

急に出金する可能性が否めない場合は、銀行振込による入金方法を利用することが、Coincheck(コインチェック)で送金できないときの解決方法になるでしょう。

送金できない原因と解決方法:Coincheck(コインチェック)での送金手続きの不備やミス

Coincheck(コインチェック)の送金がなかなか反映されず、送金できない原因は手続きのミスや不備です。

仮想通貨(暗号資産)の宛先アドレスは、一字一句正確に記入することが、Coincheck(コインチェック)で送金できないときの解決方法です。

間違えたアドレスで送金してしまった場合は、仮想通貨(暗号資産)が消失し取り戻せません。

特にリップルの送金では宛先アドレスに加え「宛先タグ」、ネムの場合は「メッセージ」欄を記入することが必須です。

間違えているタグやメッセージを入力してしまったり、入力を忘れてしまった場合は、コイン消失となりCoincheck(コインチェック)で送金できない原因となります。

タグやメッセージを忘れずに正確に記入することが、Coincheck(コインチェック)で送金できないときの解決方法です。

Coincheck(コインチェック)で送金手続きをすべて完了せず、確認ページで停止している場合も、送金できない原因となります。

きちんと送金ステータスが「完了」と表示されるよう最後まで手続きを済ませることも、Coincheck(コインチェック)で送金できないときの解決方法と言えるでしょう。

送金できない原因と解決方法:Coincheck(コインチェック)アプリやデバイスの不具合、アルトコインの送金

アプリが重い、反応しないことなどで手続きが進められない場合も、Coincheck(コインチェック)で送金できない原因となります。

解決方法として試したいことは、Coincheck(コインチェック)アプリを再起動する、それでも解決しない場合はアプリを削除し再インストールすることです。

またスマホで他の起動アプリを終了する、不要データの削除、時刻設定をオンにする、機内モードをオフにするなども、解決方法につながる可能性があります。

ちなみにCoincheck(コインチェック)アプリではビットコインしか送金できず、アルトコインの送金はできません。

スマホユーザーの方は、ブラウザからCoincheck(コインチェック)へログインし送金手続きを行うことが、アルトコインを送金できないときの解決方法です。

Coincheck(コインチェック)で送金できない原因と解決方法:販売所や仮想通貨(暗号資産)の問題

デバイスやアプリが正常作動していて、送金ルールも守っている。

Coincheck(コインチェック)で正確に送金手続きを行ったにもかかわらず送金できない場合の解決方法は、ありません。

ここまで解説した送金できない原因に該当しない場合は、Coincheck(コインチェック)・銀行のメンテナンスや混雑、ネットワーク遅延や仮想通貨(暗号資産)のブロック生成の遅れなどが考えられます。

一度にアクセスや手続きが集中すると、処理しきれず時間がかかってしまい、Coincheck(コインチェック)で送金できない原因となります。

この場合はしばらく経ってからCoincheck(コインチェック)で送金手続きをすることが、送金できないときの解決方法になります。

送金できないときはSNSで同じように嘆く声が聞かれますので、このような場合はCoincheck(コインチェック)や仮想通貨(暗号資産)側のトラブルととらえてよく、復旧まで待つことが解決方法につながります。

Coincheck(コインチェック)で送金できない原因と解決方法を分かりやすく解説まとめ

Coincheck(コインチェック)で送金できない原因と解決方法をまとめました。

送金ルールや手続きのミスが、Coincheck(コインチェック)で送金できない多くの原因です。

手続きをミスしてしまうと、ビットコインを取り戻せなくなる可能性がありますので、必ず守ることが解決方法として重要と言えるでしょう。