ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用している人やこれから登録してみたいと考えている人の中には、bitFlyer(ビットフライヤー)の安全性について詳しく知りたいという人も多いでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)で取引可能な仮想通貨(あんごうつう)は、価格の高騰などが話題となっており人気がある反面、セキュリティに関しては不安要素も多いものです。

仮想通貨(暗号資産)取引所ではそれぞれがセキュリティ対策を行なっていますが、bitFlyer(ビットフライヤー)では対策の1つとしてユーザー自身が二段階認証の設定を行えるようになっています。

そこで今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証とは、bitFlyer(ビットフライヤー)内でログインなど何かしらのアクションを起こす際にログインIDやパスワードの他にセキュリティコードを入力して不正アクションを防ぐという機能です。

仮想通貨(暗号資産)取引所では国内外を問わずハッキング被害が増えており、狙われる仮想通貨(暗号資産)取引所も実にランダムに選ばれています。

2021年現在までbitFlyer(ビットフライヤー)では、大きなハッキング被害や仮想通貨(暗号資産)の流出事件は起きていません。

しかし日々進化するハッキングの手口により、bitFlyer(ビットフライヤー)が被害にあってしまう可能性も全くゼロではないのです。

bitFlyer(ビットフライヤー)に預けている自分の資産をできるだけ守るためにも、二段階認証をできるだけ設定していくことをおすすめします。

bitFlyer(ビットフライヤー)で二段階認証を設定すると、以下のようなアクションを起こした際に二段階認証コードが求められるでしょう。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)へのログイン時
  • bitFlyer(ビットフライヤー)から日本円を出金する時
  • bitFlyer(ビットフライヤー)から仮想通貨(暗号資産)を出金する時
  • bitwireを利用する時
  • スマホアプリから外部アドレスの登録を行う時

不正に自分のbitFlyer(ビットフライヤー)上の資金を出金されそうになった場合でも、二段階認証コードを設定しておけば防げる可能性が高くなります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法

それでは実際にbitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法をみていきましょう。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)にログイン後、マイページの左側にあるメニュー一覧の中から「設定」をクリックします。

bitFlyer(ビットフライヤー)の設定画面が表示されるので、さらに設定メニューの中から「セキュリティ設定」をクリックしてください。

セキュリティ設定画面が表示されるので、その中から「二段階認証」の項目を探して「二段階認証設定を変更する」のボタンをクリックしていきましょう。

二段階認証の認証コードの受け取り方を設定していきます。

二段階認証の方法は以下の3つの中から選択可能です。

  • 携帯電話のSMSによる認証方法...
  • 携帯電話のSMSメッセージに二段階認証コードが送られてくる方法。メッセージ内に記載された確認コードを画面に入力し「二段階認証を設定する」をクリックすると設定が完了する
  • 認証アプリによる認証方法...
  • google認証システム」などのモバイル認証アプリをインストールし、インストールしたアプリのQRコードリーダーを利用して2次元バーコードをスキャンするか、アカウントのキーを手動で入力する。その後アプリに表示された文字列を入力し、二段階認証を設定するボタンをクリックすれば設定が完了する
  • メールアドレスによる認証方法...
  • 登録しているメールアドレス宛にメッセージで二段階認証コードが送られてくる方法。メッセージ内に記載された確認コードを画面に入力し「二段階認証を設定する」をクリックすると設定が完了する

この3つの二段階認証方法の中でbitFlyer(ビットフライヤー)に推奨されているのが「携帯電話のSMSによる認証方法」または「認証アプリによる認証方法」になります。

メールアドレスによる認証方法を利用した場合、bitFlyer(ビットフライヤー)に登録しているメールアドレスを活用することになるため、ハッキング被害にあった場合、二段階認証まで情報が盗まれてしまう可能性があるためです。

二段階認証を設定することで安全性が上がることは確かですが、より安全性を高めるためにも携帯電話でのSMS認証または認証アプリによる認証方法を利用していきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証 解除方法

続いて一度bitFlyer(ビットフライヤー)設定した二段階認証の解除方法を紹介します。

まず前提としてbitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証を一度設定すると、二段階認証を完全に解除することはできません。

そのため、二段階認証の方法を変えるような形をとっていくことになります。

二段階認証コードがわかる・ログインできる場合

設定方法と同様にbitFlyer(ビットフライヤー)の設定ボタンから二段階認証設定画面を表示させましょう。

スマホの機種変更などの都合により一時的に二段階認証を解除したい場合には、二段階認証の方法を一旦メールアドレス認証などに変更してください。

二段階認証コードがわからない・ログインできない場合

二段階認証コードがわからない、またはログインIDやパスワードがわからないという人で二段階認証を解除したい場合には、bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイト上から手続きを行うことはできなくなります。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証解除依頼の画面よりメールアドレスを入力して送信していきましょう。

登録しているメールアドレスに確認のメールが届き、さらに登録している電話番号にbitFlyer(ビットフライヤー)から確認の電話がかかってきます。

電話による本人確認がとれると、二段階認証が解除されるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、SMSや認証アプリ、メールアドレスなどを利用した2段階認証方法が設定できるようになっています。

二段階認証を活用することでより安全な仮想通貨(暗号資産)取引が期待できますので、是非二段階認証の設定を行なった上で活用してくださいね。