ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)のWallet(ウォレット)を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

しかし、稼いだトークンが保管されるはずのWallet(ウォレット)が見当たらないという人も多いようです。

それもそのはず、正確にいえばAglet(アグレット)にWallet(ウォレット)はありません。

そこで今回はAglet(アグレット)のWallet(ウォレット)について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)のWallet(ウォレット)を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)自体にWallet(ウォレット)はない

Aglet(アグレット)自体にWallet(ウォレット)の機能は標準装備されていません。

Aglet(アグレット)でNFTスニーカーを入手すると、そこで初めてImmutableXと呼ばれるサービスにWallet(ウォレット)が別途作られます。

その時点でアイテムボックス(SHELF)内に「MyNFT」という項目が追加され、そこでImmutableX内のWallet(ウォレット)を確認できるようになります。

それまでは、歩いて稼いだトークンはアカウント情報に表示されます。

これをゲーム内Wallet(ウォレット)と呼べなくもありませんが、一般的なWallet(ウォレット)とはやはり違います。

一般的に仮想通貨でWallet(ウォレット)と呼ばれるものはAglet(アグレット)には標準では存在しないと考えておきましょう。

とはいえ、聞き慣れない用語がたくさん出てきて訳が分からないという人も少なくないかと思います。

そこでここからはAglet(アグレット)のWallet(ウォレット)に関係する部分をひとつずつ詳しく解説していきます。

Aglet(アグレット)のWallet(ウォレット)とNFT

Aglet(アグレット)のWallet(ウォレット)は所有しているNFTを管理する場所です。

厳密にいえば、ImmutableXと呼ばれるサービスで管理されているNFTを間接的に管理する場所です。

NFTとは「Non Fungible Token」の略称で、ごく簡単にいえば著作権付きのデジタルアートのようなものです。

所有権を主張できるため、外部マーケットを介して自由に売買できます。

Wallet(ウォレット)はそのための財布、あるいは銀行口座のようなものです。

現状、Aglet(アグレット)でNFTを手に入れるのは簡単ではありませんが、Wallet(ウォレット)はそれをどうにかして手に入れた人だけが使えるものです。

対して、Aglet(アグレット)で一般的に登場する・利用するスニーカーはNFTではなく、あくまでもゲーム内アイテムの一種にすぎません。

そして、これらはWallet(ウォレット)ではなくSHELFに保管されます。

Aglet(アグレット)のWallet(ウォレット)の場所

Aglet(アグレット)ではSHELFの一項目としてWallet(ウォレット)が表示されるようになります。

SHELF(棚)は、Aglet(アグレット)で入手したさまざまなアイテムが格納されている場所、要するにアイテムボックスです。

NFTを購入するとSHELF内に「MyNFT」が追加されますが、これがWallet(ウォレット)です。

ただし、正確にはAglet(アグレット)内にWallet(ウォレット)はありません。

Aglet(アグレット)でNFTを入手すると、ImmutableXと呼ばれるサービスにWallet(ウォレット)が作られます。

ImmutableXは簡単にいうと、NFTを取り引きするための外部のマーケットプレイスです。

そこへ自動的に接続されることでAglet(アグレット)のSHELFにも擬似的にWallet(ウォレット)が表示されるようになるわけです。

ちなみに、NFTマーケットとしてはOpenseaが最大手ですが、今後、OpenseaとImmutableXは統合される予定です。

Aglet(アグレット)はWallet(ウォレット)の統合も準備中

開発ロードマップによれば、将来的にAglet(アグレット)はゲーム内Wallet(ウォレット)で複数のブロックチェーンをカバーする予定のようです。

ImmutableXがどういった位置づけになるのかは不透明ですが、そうなればNFTスニーカーを保有していない人にもWallet(ウォレット)が開かれるかもしれません。

もっとも、Aglet(アグレット)の開発ロードマップはたびたび修正されており、スケジュールの後ろ倒しも珍しくありません。

年内完了を目指していたトークンの上場もすでに2023年以降に変更されています。

Wallet(ウォレット)の統合も「進行中」とはなっていますが、正直なところ信用なりません。

ここは多少の遅延は織り込んていおいたほうがよいかもしれません。

Aglet(アグレット)のWallet(ウォレット)がないことのデメリット

Aglet(アグレット)には標準でWallet(ウォレット)がありません。

これはすなわち、Aglet(アグレット)で稼いだトークンを外部へ遅れないことを意味します。

したがって、Aglet(アグレット)でいくらトークンを稼いだとて換金することは叶いません。

これは現状だからというわけでもなく、仮にWallet(ウォレット)が実装されても変わらないと思われます。

Aglet(アグレット)で稼げるトークンはあくまでもゲーム内通貨。 仮に今後Aglet(アグレット)が上場したとしても、今とは別のトークンが作られるのはほぼ間違いありません。

これまで稼いだトークンと交換できるかも分かりませんし、もしできてもかなり不利なレートになると思われます。

Aglet(アグレット)は一時期は次に来るMove to Earnとして話題に登りました。

しかし蓋を開けてみれば、今のところは稼げるとはとうてい思えません。

稼ぐ目的で興味を持った人はいま一度その内容は確認しておきましょう。

なお、歩いて稼ぐという意味で言えば、STEPNとSweatcoinは間違いなく現実に換金できるトークンを稼げます。

もちろん、汎用性のあるWallet(ウォレット)も標準で利用可能です。

まとまった金額を期待できるかどうかはまた別ですが、稼ぐ目的であればそられの利用も検討しましょう。

Aglet(アグレット)のWallet(ウォレット)を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)にWallet(ウォレット)は標準装備されていません。

ゲーム内でNFTスニーカーを入手できた人だけがWallet(ウォレット)の機能が開放されます。

そして、そのWallet(ウォレット)自体も厳密にはAglet(アグレット)の機能ではなく、外部サービスと接続しているだけのことです。

今後、Aglet(アグレット)はWallet(ウォレット)機能の充実を図る予定ですが、スケジュール通りになるとも思えません。

Aglet(アグレット)が一般的な仮想通貨のWallet(ウォレット)と同等の機能を持てるのはまだまだ先のことと考えておきましょう。