ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗です。

そして、Stepn(ステップン)もまた高い人気を誇るMove to Earnのひとつです。

それならば、同じMove to Earnとして同時併用できるのではと思いついた人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はAglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)は同時併用も可能

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)は同時併用もできます。

Aglet(アグレット)もStepn(ステップン)もいずれもGPSを用いて歩くことでトークンを稼げるMove to Earnです。

したがって、同時併用すればそれぞれで別個にトークンを稼げます。

いずれも複数アカウントで2重にトークンを稼ごうという人も見られますが、そうした使い方はどちらでも違反行為です。

マルチアカウントを企てるくらいならば、同時併用を検討しましょう。

ただし、Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)で稼げるトークンに互換性はまったくありません。

また、Stepn(ステップン)に関しては始めるにあたって若干の初期投資が必要になってきます。

さらにいえば、現在のAglet(アグレット)で稼げるトークンに日本円としての価値は皆無です。

気軽にMove to Earnを楽しむならばAglet(アグレット)、具体的な経済的な利益を追求するならばStepn(ステップン)と使い分けるのもよいかと思います。

余談ですが、Aglet(アグレット)はStepn(ステップン)を名指しで二番煎じ、クローンと断じています。

こうした強烈なライバル視を見るに、いずれ事実上、同時併用を禁止するような仕様になる可能性もゼロではないかもしれません。

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用のメリット

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)を同時併用するメリットは、やはり同時にトークンを稼げることです。

先ほど触れたように、残念ながら今のAglet(アグレット)で稼げるトークンに金銭的な価値はありません。

しかし、今そうであったとしても今後どうなるかは分かりません。

Stepn(ステップン)のついでにAglet(アグレット)でトークンを貯めておけば、いつかなにかの拍子に一気に稼げることもありえない話しではありません。

なにより、仮に一方に飽きてしまったとしても他方への興味が残っていれば同時併用で双方を続けられるのもメリットです。

ちなみに、同時併用のメリットというとリスクヘッジが思い浮かべられるかもしれませんが、それはありません。

Aglet(アグレット)のトークンに金銭的な価値がない以上、どうあっても今の段階ではリスクヘッジにはなりえません。

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用のデメリット

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用では、GPSが干渉するリスクがある点と、スマホのバッテリー消耗が大きくなりがちなところがデメリットです。

GPSに関してはどちらでも極めて重要な要素です。 なんらかの干渉が生じてトークンが稼げなくなっては困ります。

状況次第では、Aglet(アグレット)かStepn(ステップン)のいずれかのGPS利用をいったん停止することも検討してみましょう。

また、同時併用はスマホのバッテリー消耗が激しくなる点も人によっては大きなデメリットとなりえるかと思います。

実際、そこまでではありませんが、GPS利用を常時許可している人は設定の変更も考えてみましょう。

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用をするための準備

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用をする場合は、仮想通貨交換業者の口座を開設しておきましょう。

実はAglet(アグレット)だけをするぶんには口座は不要です。

一方で、Stepn(ステップン)を使うためには仮想通貨の入金が必要です。

また、出金するにしても国内外の仮想通貨交換業者の口座が必要になってきます。

将来的にAglet(アグレット)が上場したときにもこれらは確実に役立ちます。

Stepn(ステップン)との同時併用を検討していないとしても、余裕があれば国内外の仮想通貨取引所の口座は準備しておくようにしましょう。

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用の注意点

同時併用の目立ったデメリットというほどではありませんが、Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)はルールがまったく違うことに要注意です。

たしかに両者ともにスニーカーを選んで歩くという部分は共通しています。

しかし、それ以外の部分、スニーカーのステータスや増やし方、アイテムドロップなどのシステムはまったくの別物です。

Stepn(ステップン)からAglet(アグレット)に入ると、似て非なる部分に戸惑いがちです。

逆にAglet(アグレット)から始めるとStepn(ステップン)のシステムの複雑さには辟易するかと思います。

同時併用する際は、両者には大きな違いがあることは事前に承知しておきましょう。

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)以外にも同時併用可能なM2E

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)は同時併用をおすすめされがちです。

しかし、Aglet(アグレット)との同時併用に向いているのはStepn(ステップン)だけではありません。

個人的にはSweatcoin(スウェットコイン)もまたおすすめです。

Sweatcoin(スウェットコイン)に関してはGPSも不要で、それどころかアプリの起動さえも必要ありません。

したがって、GPSの干渉もバッテリー消耗の増大もほとんど心配不要です。

極端な話し、Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)に加えて、Sweatcoin(スウェットコイン)の同時併用も可能です。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)はGPS不要なことから屋内利用にも向いています。

さらに最近になって上場したため多少の経済的な利益も期待できます。

若干、管理は面倒になりますが、Stepn(ステップン)にこだわらない人はそちらの同時併用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)の同時併用を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)とStepn(ステップン)は同時併用も可能です。

普通に歩くだけで両者のトークンが同時に貯まるという点は大きなメリットです。

一方で、GPSが干渉するリスクがある、バッテリーの消耗が増えるなどのデメリットもあります。

さらにAglet(アグレット)とStepn(ステップン)は一見似ているようですが、システムがまったく違います。

同時併用する際はこれらのメリット・デメリットは事前によく承知しておくようにしましょう。