ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)のスニーカーの種類一覧を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

ただ、ひとくちに稼げるといっても利用するスニーカーの種類によって効率が変わるのではと思われる人も多いのではないでしょうか。

あるいは、スニーカーの見た目の種類が気になるという人も少なくないでしょう。

そこで今回はAglet(アグレット)のスニーカーの種類を一覧で分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)のスニーカーの種類一覧を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)のスニーカーの種類一覧【ブランド】

Aglet(アグレット)の特徴は実際のスポーツブランドのスニーカーがあることです。

たとえば、以下のような種類のスニーカーがあります。(順不同)

・addidas

・saucony

・reebok

・crocs

・asics

・loci

・newbalance

・puma

・clarks

一覧で見ると名だたるブランドばかりです。

また、Aglet(アグレット)オリジナルのスニーカーも存在します。

オリジナルブランドをのぞけば、これらのスニーカーは実在するモデルですし、もちろん外観も同じです。

そして、各スニーカーのステータスでは詳細な商品説明(ストーリー)なども確認できます。

同じ種類のスニーカーを集めて、コレクションするというのもAglet(アグレット)の楽しみ方のひとつといえるでしょう。

ちなみに、それぞれのブランドごとにまた異なる種類のスニーカーが多数存在します。

ひとつのブランドをコレクションするだけでもかなりの労力がかかることでしょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーの種類一覧【タイプ】

Aglet(アグレット)のスニーカーにはシステム上の種類の別はありません。

ただ、あえて一覧で区分けするのであれば以下のような種類に分けられるかと思います。

・クラシック

・ハイカット

・ローカット

・サンダル

要するに現実のスニーカーの種類と同じです。

また、変わり種としてはAglet(アグレット)にはスキーブーツなども存在するそうです。

これらに関しては特定の種類を集めるよりは、バリエーションを揃えたほうがよいと思われます。

Aglet(アグレット)のスニーカーにはシステム上の種類はありませんが、天候によって適したスニーカーが異なるからです。

たとえば、雪の降る日にサンダルを使うとトークンが稼げるどころか逆にマイナスになるそうです。

これは極端な例ですが、一覧できるほどではないにしろ、ある程度の種類はカバーしておいたほうがよいかもしれません。

Aglet(アグレット)はスニーカーの種類による性能差はほぼない

Aglet(アグレット)はスニーカーの種類による性能差はほとんどありません。

先行して上場しているMove to EarnであるSTEPN(ステップン)の場合、スニーカーには「Walker」「Jogger」「Runner」「Trainer」の種類があり、それぞれ適した使い方が異なります。

実際、マーケットプレイスでもこれらの種類別にソートをかけて一覧表示できます。

対して、Aglet(アグレット)のスニーカーには天候適正はあるものの、それ以外ではほとんど違いは見られません。

Aglet(アグレット)に関してはスニーカーの種類ではなく、シンプルに個体差で考えるほうがよいかと思います。

総じてAglet(アグレット)は、完全に自由にとまではいえませんが、ある程度は自分の好みのスニーカーを集めて問題なさそうです。

これはAglet(アグレット)の持つひとつの魅力といってよいのではと思います。

Aglet(アグレット)のスニーカーの種類【NFT】

Aglet(アグレット)のスニーカーに明確な種類はありません。

ただ、最近になってAglet(アグレット)はNFTスニーカーも実装しました。

この違いは明確にしておくべきかと思います。

STEPN(ステップン)の場合、利用するスニーカーはすべてNFTと呼ばれる唯一無二の存在です。

ごく簡単にいえば、NFTとは著作権付きのデジタルアートのようなものです。

従来のAglet(アグレット)のスニーカーに関しては、とくにNFTではありませんでした。

そもそも、冒頭で一覧にしたスニーカーは現実のスポーツブランドでしたから、権利的にもNFTになりえません。

しかし、最近になってAglet(アグレット)はスニーカーの種類にNFTを追加しました。

これが意味することは、将来的にNFTのマーケットでAglet(アグレット)のスニーカーを取り引きできるようになることです。

現在でもAglet(アグレット)内部では取引可能ですが、これが他のサービス間とのやり取りもできるようになると事情も大きく変わります。

現状、Aglet(アグレット)は稼ぐ目的では使えません。

しかし、NFTスニーカーの種類が増えれば、それを売却することで大きく稼げるようになる可能性もゼロではないでしょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーのその他の種類一覧

Aglet(アグレット)のスニーカーに明確な種類分けはほとんどありません。

それでもあえて他の区分をするのであれば以下のようなポイントが挙げられます。

・CLASS(レアリティ、Tier)

・ノーマル、ゴールド、NFT

といってもこれだけで、一覧と呼べるほどにもなりません。

STEPN(ステップン)のように種類によって大幅に用途が変わることもありません。

効率を追求するにしてもあまりスニーカーの種類に振り回されることはないでしょう。

とはいえ、そもそも現在のAglet(アグレット)で稼げるトークンに現実の金銭的な価値はありません。

ゲーム内通貨として使えるだけです。

将来的に上場する予定はあるものの、どれほど稼げるようになるかも未知数です。

少なくとも、Aglet(アグレット)のCEOは一般的なMove to Earnにするつもりはないとの発言をしています。

Aglet(アグレット)は時期によってピックアップされるスニーカーの種類が変わります。

おそらくですが、純粋にスニーカーをコレクションするのがAglet(アグレット)の楽しみ方としては正解のように思えます。

Aglet(アグレット)のスニーカーの種類一覧を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)のスニーカーに種類といようような種類はありません。

今回はあえてブランド一覧のようなかたちで一例を解説しましたが、基本的にAglet(アグレット)はスニーカーを厳選する必要はありません。

ただし、NFTスニーカーとノーマルスニーカーの種類の違いは把握しておきましょう。

また、天候による適正スニーカーの違いは、現実のスニーカーの種類を参考にすると分かりやすいかもしれません。

いずれにせよ、Aglet(アグレット)のスニーカーにSTEPN(ステップン)のような種類はありません。

同じMove to Earnとはいえ、まったくの別物として考えましょう。