ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)はMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなAglet(アグレット)で使用するスニーカーは現実のスニーカーと同じく消耗・摩耗していきます。

そこでAglet(アグレット)のスニーカーにも修理のシステムが存在します。

そこで今回はAglet(アグレット)のスニーカーの修理について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)のスニーカーは修理が必要

Aglet(アグレット)のスニーカーは修理が必要です。

Aglet(アグレット)のスニーカーは利用するにつれてConditionの値が減っていき、0になると以降は原則的にそのスニーカーを利用できなくなってしまいます。

愛用のスニーカーがある人はたまに修理しておきましょう。

ただし、スニーカーごとに修理できる回数が決められています。

無駄に修理すると使えなくなる時期も早まってしまいます。

修理するタイミングはよく考えましょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーは修理しないと効率が落ちる?

Aglet(アグレット)のスニーカーは修理せず使っているとトークンの獲得効率が下がります。

Move to EarnとしてはSTEPN(ステップン)がかなりの人気を博しており、そちらにもスニーカーの修理システムがあります。

そして、STEPN(ステップン)はスニーカーを修理せず使っているとトークンの獲得効率が如実に下がっていきます。

Aglet(アグレット)にしても基本的には同じです。

ただ、修理回数が決まっていることを考えると、こまめに修理するのが最適ともいえません。

多少効率が落ちても、ギリギリまで修理をせずに使っていたほうが長期的には単一のスニーカーで多く稼げる場合も珍しくないはずです。

少なくとも、STEPN(ステップン)のようにこまめにスニーカーを修理する必要はありません。

さらに、そもそもスニーカーを修理するにもけっこうな時間と労力がかかります。

Aglet(アグレット)の場合はこまめな修理よりはタイミングを重視しましょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理方法

Aglet(アグレット)は以下の3種類の方法でスニーカーを修理できます。

・修理ステーションを利用する

・デットストックステーションを利用する

・修理ツールを利用する

修理ステーションは名前のとおり、スニーカーを修理するためのスポットです。

マップ上に現れる修理ステーションへ行けば、そこで修理できます。

デットストックステーションもまたマップ上に現れるスポットです。

そちらでは、Conditionが0になったスニーカーも修理可能です。

また、Aglet(アグレット)にはマーケットプレイスがありますが、

そちらで修理ツールを購入して使用することでもスニーカーを修理可能できます。

ツールの購入にはRegularAglet(RA)やGoldAglet(GA)が必要ですし、デットストックステーションはレアです。

基本的には修理ステーションを使うものを考えておきましょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理ステーションには種類がある

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理ステーションはスポットごとに異なる性質を持ちます。

まず、すべてのスニーカーを修理できるわけではありません。

各スニーカーにはレアリティ(Tier)が決まっていますが、対応するTierしか修理できません。

また、修理ステーションごとに回復できるConditionの値が違います。

先ほども触れたようにAglet(アグレット)のスニーカーは修理できる回数が決まっています。

また、修理ステーションは利用すると一定時間のクールタイムに入るため連続使用はできません。

スニーカーを修理するときは、なるべく修理ステーションの回復値と同じくらいにConditionが減ったタイミングを狙いましょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理ステーションはどこにある?

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理ステーションがどこにあるかはお住まいの地域次第です。

あるいはユーザーによって異なるのかもしれません。

ただ、おそらくは都市部のほうが多くあるかと思います。

個人的には都市部とはいえないところでAglet(アグレット)を使っていますが、歩くと2時間以上かかる場所に1箇所しか修理ステーションがありません。

デットストックステーションにいたっては数時間かかります。

一方で、少し都心部で検索すると1~2Km県内に数か所の修理ステーションが見つかります。

環境によって明らかな有利不利が生じるのはゲームとしては調整不足と言わざるを得ません。

このあたりは今後のAglet(アグレット)にぜひとも改善してもらいたいところです。

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理回数を減らす方法

Conditionの減少をおさえれば、結果的にAglet(アグレット)のスニーカーの修理回数を減らせます。

いま分かっている範囲でいえば、Conditionの減少は天候やアバターの服装の影響を受けるそうです。

普通に考えれば、天気の良い日に適切な服装で使えばConditionの減少も少なくなるはずです。

また、エナジードリンクと呼ばれるアイテムで獲得トークンのブーストをはかると、そのぶんConditionの減少も早いとも言われています。

獲得トークンが増えても、修理回数が加算で早くスニーカーが駄目になっては元も子もありません。

細かいことですが、修理回数が少ないスニーカーを使うときはそれらの条件には注意しておきましょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理回数が0になったら

Aglet(アグレット)のスニーカーは修理回数が0かつConditionが0になるとそれ以上はRAを稼げません。

観賞用として取っておく手もありますが、基本的には修理回数0のスニーカーに価値はありません。

そうしたスニーカーはリサイクルしてしまいましょう。 スニーカーをリサイクルするとわずかながらRAを獲得できます。

Aglet(アグレット)はマーケットプレイスで新たなスニーカーを調達できます。

リサイクルして得たRAをスニーカー買い替えの足しにしましょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーの修理を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)のスニーカーは修理が必要です。

利用するにつれてConditionの値が減っていき、それにともない獲得できるトークンの効率も下がります。

スニーカーの修理は修理ステーションやデットストックステーション、アイテムで可能です。

ただし、Aglet(アグレット)のスニーカーは修理できる回数が決まっているため、こまめに修理するのがベストともかぎりません。

まだ見解も分かれるところですが、Conditionが0にならない程度でなるべく修理の回数は減らしていく方向で考えるとよさそうです。