ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)のスニーカーの本物を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなAglet(アグレット)でトークンを稼ぐためにはデジタル情報のスニーカーを使用します。

しかし、実はAglet(アグレット)には実体を持った本物のスニーカーも存在します。

そこで今回はAglet(アグレット)の本物のスニーカーについて分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)のスニーカーの本物を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)はスニーカーの本物も存在する

Aglet(アグレット)にはAGLETブランドの本物のスニーカーも存在します。

「本物の」とは、実際に現実空間で履いて歩けるスニーカーのことです。

Aglet(アグレット)では他に「ノーマルスニーカー」と「NFTスニーカー」が存在します。

ひとくちにスニーカーといっても、合計で3種類です。

ノーマルとは、一般的にAglet(アグレット)で使われるスニーカー全般です。

これは本物のスニーカーではないのはもちろんのこと、あくまでもゲーム内のアイテムにすぎません。

対して、NFTスニーカーはAglet(アグレット)というアプリの垣根を超えた価値を持ちます。

NFTとは「Non Fungible Token」の略称で、簡単にいえば著作権付きのデジタルアートのようなものです。

唯一無二、代替不可の価値を持つためNFTを扱うマーケットであれば広く流通可能です。

NFTもまた本物のスニーカーのように履くことは叶いませんが、それでも資産・財産としての実態があります。

そして、本物のスニーカーに関してはAglet(アグレット)内部では「IRLスニーカー」と呼ばれます。 IRLとは「In Real Life」の略称です。

これはネットスラングの一種で、IRLといえば基本的には「現実の・本物の」といった意味合いと考えておけば問題ありません。

Aglet(アグレット)でスニーカーの本物を入手する方法【イベント】

Aglet(アグレット)で本物のスニーカーを入手する方法はいくつもあります。

まず、初期のころはイベントで入手することが可能でした。

Aglet(アグレット)はトレジャースタッシュと呼ばれるスポットへ赴くことで各種報酬を得られるシステムです。

そして、一時期はそのトレジャースタッシュから本物のスニーカーを獲得する権利がドロップするイベントが開催されていました。

とはいえ、ドロップ率はかなり渋かったようで、本物のスニーカーを入手できた人は一握りだったものと思われます。

Aglet(アグレット)でスニーカーの本物を入手する方法【セット販売】

少し前のAglet(アグレット)はNFTスニーカーとIRLスニーカーのセット販売をしていました。

また、別の機会にはNFTスニーカー購入者に抽選で当たるケースもあったようです。

いずれにせよ、本来Aglet(アグレット)はスポーツブランドではないため在庫は多くありませんでした。

総じて、Aglet(アグレット)ブランドの本物のスニーカーは希少性が極めて高めです。 入手できたら幸運と考えてよいのではと思います。

Aglet(アグレット)でスニーカーの本物を入手する方法【マーケット】

Aglet(アグレット)のスニーカーの本物はマーケットにも流通できるようです。

ただ、先に触れたように本物のスニーカーの在庫は僅少。

マーケットに流れていることは極めてまれと思われます。

これもまた見つけられた非常に幸運と考えてよいでしょう。

なお、マーケット出品時にも本物のスニーカーは「IRL」と略されます。

Aglet(アグレット)にかぎらず、スニーカーにはこうした略称が普通に使われがちです。

他によく見られるものは「Original」を意味する「OG」などです。

本物のスニーカーのコレクションが趣味の人ならばまだしも、Aglet(アグレット)ではじめて収集を始める人は戸惑うことも少なくないかと思います。

多少面倒ですが、これは都度調べてみることをおすすめします。

Aglet(アグレット)のスニーカーの本物はフリマでも購入可能

Aglet(アグレット)の本物のスニーカーはごく一般的なフリマアプリでも出品されています。

たとえば、某大手フリマアプリではOGのスニーカーが2万円~数万円くらいで出品されています。

ゲームとは無関係に、シンプルにスニーカーとしてAglet(アグレット)ブランドが欲しい人はそちらで購入するのが最も確実な手段です。

ちなみに、Aglet(アグレット)はスニーカーだけではなく本物のスケートボードやキャップも展開しています。

いずれもデザインは決して悪くないので、個人的には一般展開してもらえないかとも思います。

Aglet(アグレット)のスニーカーの本物の受け取り方

Aglet(アグレット)で本物のスニーカーを受け取る場合は審査と個人情報の提供が必要になります。

まず、Aglet(アグレット)で本物のスニーカーを購入・当選すると不当な手段を使って入手していないかの審査がおこなわれます。

その後、問題なければ送付先の住所やスニーカーのサイズなどをAglet(アグレット)へ提供することになります。

あとは実際に本物のスニーカーが郵送で送られてくるのを待つだけです。

ただ、Aglet(アグレット)は海外の業者なのでそれなりの時間がかかるかと思います。

また、実際に本物のスニーカーを入手した人の体験談によると、郵送料は別として関税は受取側負担とのことです。

もっとも、これは海外輸入ではごく当然のことです。

本物のスニーカーを発注した人はあらかじめ関税料は準備しておくようにしましょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーの本物が欲しい人は詐欺に注意

Aglet(アグレット)で本物のスニーカーを入手するためには個人情報の提出が必須になります。

また、状況次第では抽選制になることも珍しくありません。

それらの状況があいまって、Aglet(アグレット)公式を装った詐欺が存在しているようです。

また、実はこれはAglet(アグレット)にかぎらずMove to Earnではよくあることです。

Move to EarnではNFTスニーカー関連のSPAMがよく見られます。

現在、Aglet(アグレット)もまたNFTスニーカーに注力していますが、こうした詐欺がいずれ横行するのは想像に難くありません。

公式を装う連絡などが来たら、それが本物かどうかは慎重に見極めるようにしましょう。

Aglet(アグレット)のスニーカーの本物を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)は自社ブランドの本物のスニーカーも製造しています。

本物というのは、つまり実際に履いて歩けるスニーカーです。

Aglet(アグレット)では本物のスニーカーは「IRL」と呼ばれ、主にイベントなどで入手できます。

ただし、在庫にかぎりがあるため本物のスニーカーの入手難度はかなり高めです。

興味のある人は、入手できる機会があれば忘れずに挑戦しておくようにしましょう。