ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)の日本円への換金方法を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

ただ、稼いだトークンの日本円への換金方法が分からないという人も少なくないようです。

しかし、そもそも実際にAglet(アグレット)にはそのような方法があるのでしょうか。

そこで今回はAglet(アグレット)の日本円への換金方法について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)の日本円への換金方法を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)に日本円への換金方法はない

現在のAglet(アグレット)で稼げるトークンには日本円への換金方法はありません。

今のAglet(アグレット)関連のトークンはRegular Aglet(RA)とGold Aglet(GA)の2種類です。

しかし、双方ともに外部へ送金することはできず、ゲーム内通貨としての価値しかありません。

どうにかして日本円にする換金方法があるのではと思われる人もいるかもしれませんが、そういった裏技も存在しません。

ではなぜ、Aglet(アグレット)が次に来るMove to Earnと話題になったのかというと、上場が期待されているからです。

実際、Aglet(アグレット)関連のトークンが上場すればなんらかの日本円への換金方法も利用できるようになるはずです。

ただ、年末にかけて上場する予定もすでに後ろ倒し。

現在は2023年以降の上場ということしか分かりません。

実際に日本円にできるトークンを稼げるのはまだ少し先のことと考えておきましょう。

Aglet(アグレット)の日本円への換金方法の例外

Aglet(アグレット)は日本円への換金方法は存在しません。

ただ、現段階でも日本円で利益を手にする方法がないわけではありません。

最近になってAglet(アグレット)はNFTスニーカーを実装しました。

これを運良く入手できれば、それを売却して最終的に日本円にする換金方法もできなくはありません。

また、Aglet(アグレット)はゲーム内でIRLスニーカーと呼ばれる「現実に履いて使えるスニーカー」も展開しています。

それらを入手してフリマアプリで売却すれば日本円にすることも可能です。

参考までに、Aglet(アグレット)のIRLスニーカーの相場は2~3万円ほどです。

ただ、いずれのスニーカーも極めて入手が難しいと言わざるを得ません。

これらの換金方法をメインに据えるのは現実的ではないでしょう。

Aglet(アグレット)の日本円への換金方法の参考

現在のAglet(アグレット)に日本円への換金方法はありません。

しかし、上場後にはなんらかの換金方法ができるようになるはずです。

参考までに、他のMove to Earnで獲得できる日本円への換金方法を紹介しておきます。

1.歩いてトークンを稼ぐ

2.稼いだトークンを海外の仮想通貨取引所へ送金する

3.海外の取引所から国内取引所へ送金する

4.国内取引所から銀行口座へ出金する

実際には、それぞれの取引所で対応するトークンへ変える必要があります。

そして、あいだに海外取引所を挟まなければなりません。

率直にいって、日本円にするためにはそれなりの手間と労力がかかります。

これは歩いて稼げるトークンについては国内取引所に取り扱いがないためです。

Aglet(アグレット)についても国内取引所に上場する可能性はほとんどありません。

少々面倒ですが、おそらくはAglet(アグレット)が上場した際も同様の換金方法を取ることになるでしょう。

Aglet(アグレット)の日本円への換金方法へ備えるためには

これまでのMove to Earnを見るに、稼いだトークンの日本円への換金方法には海外取引所の口座がほぼ必須です。

Aglet(アグレット)の上場を期待している人は今のうちに海外口座も作っておきましょう。

また、余裕があれば他のMove to Earnで稼いでみて、実際の日本円への換金方法に慣れておくと尚良しです。

Aglet(アグレット)がどの取引所に上場するか不明な以上、とくにおすすめの取引所はありません。

ただ、他のMove to Earnでいえば、Binance(バイナンス)、Bybit(バイビット)、FTXあたりが汎用性も高く、Aglet(アグレット)が上場する可能性も高そうです。

もちろん、どれかひとつと言わず2社・3社の口座を作っておくのもよいかと思います。

Aglet(アグレット)の日本円への換金方法の注意点

仮にAglet(アグレット)が日本円への換金方法に対応したとしても、これまで稼いだトークンが報われるかどうかは分かりません。

少なくとも、すでにあるRAやGAがそのまま上場することはありえません。

Aglet(アグレット)のCEOもそこは否定しています。

したがって、仮にこれまで稼いだトークンが報われるとしても、その一部にかぎられるでしょう。

たとえば、先行して上場したSweatcoin(スウェットコイン)の例では、それまで稼いだトークンが上場後の新トークンに反映したのは1度きりです。

その際は旧トークンの保有数に応じて1対1の割合で新トークンが配布されました。

しかし、その後の新トークンと旧トークンに互換性はありません。

Aglet(アグレット)で日本円への換金方法が利用できるようになったとしても、同じような扱いになるのではと思います。

いずれにせよ、いま稼いだトークンがそのまま新トークンになることはまずありえません。

Aglet(アグレット)の上場に備えるにしても過度な期待に基づいた計画はやめておきましょう。

Aglet(アグレット)が日本円への換金方法に対応した場合のレートは?

もし仮にAglet(アグレット)が日本円への換金方法に対応した場合、トークンのレートは一時的に急騰すると思われます。

しかし、それも一時的で、ほどなくして急落するはずです。

他者の例でいえば、STEPNもSweatcoinのいずれも4円程度で落ち着いています。

Aglet(アグレット)が上場したとしても、日本円への換金レートは紆余曲折ありつつ最終的には数円程度に落ち着くのではないでしょうか。

したがって、もし換金方法が利用できるようになったら早めの換金がおすすめです。

Aglet(アグレット)の日本円への換金方法を分かりやすく解説 まとめ

現在のAglet(アグレット)に日本円への換金方法はありません。

いま稼げるトークンであるRA、GAのいずれもゲーム内通貨としての価値しかないからです。

一応、今後Aglet(アグレット)が上場したあかつきには、他のMove to Earnと同じような日本円への換金方法が利用できるようになるはずです。

ただ、それでもこれまで稼いだトークンがそのまま反映されることはまずないと思われます。

次に来るMove to Earnとして話題に登ったAglet(アグレット)ですが、今のところは期待外れと言わざるを得ません。

もちろんこれから稼げるようになる可能性ゼロではないものの、過度な期待は持たないでおきましょう。