ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)の機種変更を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなAglet(アグレット)を使っていたものの、なんらかの事情でスマホを機種変更することになったという人もいるはずです。

しかし、Aglet(アグレット)は機種変更後も問題なくデータを引き継げるのでしょうか。

また、機種変更後に何か再設定すべきものなどはないのでしょうか。

そこで今回はAglet(アグレット)の機種変更について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)の機種変更を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は機種変更後に引き継げる?

Aglet(アグレット)は機種変更後もこれまで稼いだトークンを引き継げます。 機種変更したことによってリセットされるような心配は不要です。

Aglet(アグレット)初回登録時のIDでふたたびログインすれば、新しいスマホであってもこれまでのデータを引き継げます。

たいていの人はグーグルアカウントかアップルIDで登録しているかと思います。

そうした人はAglet(アグレット)のユーザープロフィールなどを控えておく必要もありません。

とはいえ、もしうまくいかなったときに備えておくに越したことはありません。

余裕があれば機種変更前にはプロフィールのスクリーンショットは残しておくことをおすすめします。

なお、Aglet(アグレット)側では環境のカスタム設定などはほとんどありません。

気温表示の摂氏と華氏の変更くらいでしょうか。

したがって、機種変更後にAglet(アグレット)側で見直す設定はありません。

ただし、スマホ側となると話しは別です。

そこでここからは機種変更後のスマホでチェックすべき設定を解説していきます。

Aglet(アグレット)の機種変更後の注意点【位置情報設定】

Aglet(アグレット)を機種変更したスマホで使う場合、各種設定は見直しておきましょう。

まずは位置情報の設定です。

Aglet(アグレット)はGPSを使ったゲームのため、位置情報なしではほとんど成り立ちません。

一応、歩数カウントのみでトークンは稼げますが、それ以外の要素が使えなくなってしまいます。

トレジャースタッシュや修理ステーションといったAR空間上のスポットはGPSを有効にしないと利用できません。

機種変更後もGPSの設定は有効にしておきましょう。

スマホの機種変更はそうした設定も基本的には引き継ぎますが、念のため変更されていないかは確認しておくようにしましょう。

なお、Aglet(アグレット)の起動時のみGPSの利用を許可する設定でも問題ありません。

しかし、その場合は状況次第で不具合が発生することもあります。

一方で、常時許可する場合はバッテリー消耗が激しくなると言われています。

このあたりは自分の使い方次第で柔軟に変更していきましょう。

Aglet(アグレット)の機種変更後の注意点【省電力設定】

Aglet(アグレット)を機種変更したスマホで使う際には省電力設定もチェックしておきましょう。

とくに省電力設定はスマホの機種によって若干の違いがあるようなので要注意です。

先に触れたように、Aglet(アグレット)はGPSを使うゲームのためスマホのバッテリー消費が激しいと言われています。

そのため、スマホの省電力設定を活用している人も少なくありません。

ただ、省電力設定かつGPSの一時的な使用許可の設定をしていると、うまくトークンを稼げないこともあります。

基本的にAglet(アグレット)はバックグラウンドでも動作しますが、省電力設定によっては自動的にアプリが落とされることもあるからです。

機種変更後になぜか獲得トークンが減りがちという人は省電力設定とGPS設定の組み合わせを変えてみましょう。

Aglet(アグレット)の機種変更後の注意点【Wifi設定】

Aglet(アグレット)のような位置情報ゲームはWifiがGPSに干渉するとも言われています。

正直なところ真偽の程は定かではありませんが、機種変更後にGPSの精度が怪しいという人はWifiの設定も確認してみましょう。

もっとも、個人的にはWifi設定は触らずともなんら問題ありません。

また、バッテリー消耗とGPS設定にしても巷で言われるほどの影響を感じたことはありません。

Aglet(アグレット)にそうした問題があるというのは7月ころによく言われたこと。

それは運営も承知しており、その時点で対応を公式に約束しています。

目立った問題が見られなければ、機種変更後はAglet(アグレット)の推奨する設定にしておくことをおすすめします。

Aglet(アグレット)が機種変更に動作しない人は

Aglet(アグレット)が機種変更後にうまく動かない人は他のアプリと競合している可能性もあります。

よく見られるケースは他のMove to Earnアプリとの競合です。

その場合は、機種変更後のスマホでグーグルアカウントやアップルIDやヘルスケアアプリとの連携をやり直してみましょう。

ただ、こうしたケースがあるから他のMove to Earnを併用しないというのはおすすめしません。 基本的にMove to Earnは併用向きのゲームです。

とくに現在のAglet(アグレット)で稼げるトークンに経済的な価値はありません。

金銭的な利益も得たいという人はAglet(アグレット)だけではなく他のMove to Earnも併用しましょう。

Aglet(アグレット)は機種変更に対応していないスマホも

Aglet(アグレット)はすべてのスマホに対応しているわけではありません。

とくにAndroidは若干の漏れがあります。

したがって、機種変更後に使えなくなる可能性もあります。

iosについてはよほど古い機種でなければ問題ありません。

一方で、Aglet(アグレット)が公式にサポートしているAndroid端末は以下のとおりです。

・Galaxy S8,S9,S10

・Galaxy A50,A70

・Huaway P30 Lite

・Xiaomy Redmi Note7

・One Plus6,7

たとえば、Google Pixelがありません。

絶対に動作しないとはかぎりませんが、不安定になる可能性は否定できません。

対応していない端末に機種変更する際はそういった可能性は想定しておきましょう。

たとえば、心配な人は機種変更前のスマホを処分せずAglet(アグレット)用に残しておくという手もありです。

Aglet(アグレット)の機種変更を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)は機種変更後もこれまで稼いだトークンや獲得したスニーカーを引き継げます。

グーグルアカウントやアップルIDを使っていれば面倒な手続きも不要です。

ただし、スマホ側の設定は変更がないか見直しておきましょう。

とくにAglet(アグレット)でよく問題になるのは「GPS」「省電力設定」あたりです。

機種変更後はデフォルト設定に戻っているはずなので、自分の状況に応じて設定し直しましょう。